ビオトープの植物はホームセンターで購入。並ぶ時期やおすすめ

ビオトープを始めたいと思った時に、水草植物などはどこで手に入るのかと考えることでしょう。

手軽にホームセンターで購入することが出来ます。

では早速ホームセンターの店頭に並ぶ時期や、おすすめな水草を紹介します。
店頭に並ぶ時期が、ビオトープを始めるのにちょうどいいというワケもご覧ください。

ビオトープの植物と生き物がうまく共生していくポイントも確認しておきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

一人暮らしの楽しみ方。独身男性に提案する気ままに生きる方法

一人暮らしの楽しみ方はいろいろ。男性の一人暮らしにも、さまざまなメリットがあります。そこで、独身...

手が小さい男性の特徴とコンプレックスをプラスに変える魅力

手の小さい男性は自分の手が小さいことに対してコンプレックスに感じているかもしれません。確かに見た目で...

花屋で花束を作るのにかかる時間と花屋のおすすめな使い方

今あなたが花束を贈りたいと思っている方は大切な方でしょう。誕生日やイベントなどで花束を渡した...

【脇腹の筋肉の鍛え方】脂肪を取りたい男性はこうやって鍛えよう

脇腹についた脂肪が気になり始めて、脇腹の筋肉を鍛えよう!と決意したものの、その方法がわからないという...

【足の臭い対策】男性の足の臭いの原因と効果的な臭いの改善方法

働く男性の悩みの一つ、足の臭いに悩んでいる方はいませんか?一日中履いた靴を脱いだ時に、自分でも気にな...

テレビの購入に必要なもの。これを読めばテレビを買う時困らない

テレビの購入に必要なもの。お金…というのは、皆さん思いつくことですよね?忘れがちなの...

公務員のボーナスはなぜ貰えるのか理由と一般企業との違いとは

公務員にはボーナスがなぜ支給されるのかと疑問に思う人もいるでしょう。さらに、公務員のボーナス...

ビオトープの水草の種類や分類。初心者や冬におすすめな種類

水に浮いている水草、水中に沈んでいる水草などビオトープの水草には、様々な種類があります。今回はビ...

スッポン【飼育について】水槽の大きさや水量と温度などの注意点

スッポンを飼育するには水槽を用意しなければなりません。初心者だとどのくらいの大きさの水槽を用意したら...

ソイルを使った水槽の濁りが取れない原因と濁りの解決方法

土でできたソイルは、水草水槽に適しているため使用する方が多いですが、濁りが取れないという悩みも多いの...

本を保管するときは防虫剤?大切な本を守る保管術

本の保管に防虫剤は必要?本についてしまう虫の特徴とは?本につく虫を発見したときには、どのような対処を...

ラッシュガードとは?子供への着せ方と選び方を理解しましょう

ラッシュガードとは、マリンスポーツをしている人たちが着ているものでしたが、今では日焼け止めのために子...

本を読むのが苦手な読書しない人に知ってほしい読書のメリット

普段は本を滅多に読むことがないという方も多いと思います。特に大人になってからは、本を読む人と読まない...

原付の書類を紛失!再発行可能?手順と必要なもの・費用について

原付の書類が必要になって探しても見つからない!書類を紛失してしまった時、再発行ができるのか気になりま...

ハートのネックレスは年齢的に関係がある?ネックレスの選び方

彼女や奥さんにネックレスをプレゼントしようと考えた場合、ハートは年齢的にどうなのかと考えてしまうこと...

スポンサーリンク

ビオトープの水生植物がホームセンターに並ぶ時期

ビオトープを始めるにはまず、水生植物は必ず必要になってきます。

水生植物にも色々な種類がありますが、ホームセンターやガーデニングコーナー、水中生物専用のペットショップなどにも置いてあります。

中でも、お店に並んでいる物は時期がピッタリで生育状態の良い物が多いので、お店に並んでいるものの中から元気な物を選んで購入するのが一番良いです。

購入にあたり、まずどんな植物で、水中に入れても育つのか、どのくらい水の中に入れて育てれば良いのかなど迷うことがあると思います。

私は、なんとなく選んで購入してしまったので、ビオトープ作りの時にどうしたら良いかわからずとても困りました。
購入する前に、店員さんにきちんと聞けばよかったと後悔しました。
  • 鉢植えのまま植えても良いのか
  • この植物はどの水位で育てたら良いのか
  • 土はどんな物にすれば良いのか

などビオトープを作る前に調べておいたり、わからなかったら遠慮しないで聞いておく方が購入もスムーズにできます。

水草は3月から4月ごろ水に浮くスイレンなどの水生植物は4月から5月くらい

ホームセンターなどでは外で売っていることもあり、時期を過ぎてくるとセール商品になっていることもありますのでチェックしてみて、少し元気がないように見えてもスイレンなどは越冬できることもあるのでそのまま浮かべておいて置くのも良いですよ。

ホームセンターで植物を購入する時期とビオトープを始める時期

ビオトープにの立ち上げには適した時期があります。

ビオトープは初夏に開始するのがお勧め

基本的にはビオトープの器具が揃えば開始することが出来ますので少し早めに立ち上げて水質や水草の定着を優先させてからメダカなどの生き物を入れても良いです。

生物の元気が出てくるのが大体6月くらい

ですから、早めに準備したいときは6月までに用意して、6月以降に生物を入れるのがお勧めです。

水中植物も出回る時期というものがあります。出てくる時期を待っていると必然的に4月から5月くらに揃ってくる形になります。

お店に並んでから揃えてビオトープを立ち上げるのが一番ビオトープを作りやすいのではないでしょうか。

また、真夏に設置をすると植物やメダカにとっても負担になります。

真夏の暑さは生物にとっては過酷で、水温の変化になかなか生物が付いていけないので、負担にならないように春先から初夏に掛けての設置が良いのです。

ホームセンターで購入出来るビオトープの植物の種類

ホームセンターでは水生植物が購入できますが、必ずといっていいほど置いてあるのがスイレンとホテイソウです。この二つは浮遊植物といって水面に浮いていて根が水中にあるものです。

スイレンなどの浮遊植物は、日光の直射を避けるため、水温の上昇を避け、さらに根などはメダカの産卵場所になるのでビオトープにはお勧めの植物になります。

スイレンの葉は大きさがあるので、大き目のビオトープの鉢でなら良いですが、小さめの鉢で飼育する場合などは他の浮遊植物の方が良いです。

スイレンよりも少し小さめの植物ホテイアオイだと2、3株浮かせていればメダカにも良いのではないでしょうか。

スイレンもホテイアオイも花を咲かす植物ですので、ビオトープに入れてメダカなどの成長を助ける他に、花を楽しむ事もできるので、水の中でしか育てられない特殊な植物を育てる良い機会になりますよ。

水草や鉢などビオトープに必要なもの

ビオトープに必要なものは、生物の他に底土、水生植物、鉢、更に石や他にはインテリアにもなる流木やメダカの隠れ家なんかもあるとメダカは生活しやすくなります。

土には砂と砂利のタイプがあり、砂利だと半永久的に使用でき、砂類だとバクテリアが良く育ち水質が安定します。

水生植物は浮く水草と水中で育つ水草、コケなどが

ビオトープで飼育する生物によって好む植物が違うので生物に合った植物を入れると良いです。

メダカ・・・浮遊植物、エビなどではコケを食べるので生物によって何種類か水草を入れておけば共存させることもできます。

鉢は底の深い物であれば水温の変化を抑える事ができます

また、鉢にはプラスチック製のものから、発泡スチロール、陶器など様々で、少し値段はしますが陶器などの容器ににすると急激な温度変化もなく生き物達も安心して暮らすことができます。

インテリアも大切です、自分の好きにレイアウトして良いのですから、自分なりに和風にしたい、水草たっぷりにしたいなど理想があるかと思いますので、イメージして必要なものをビオトープに設置したら後はお好みで飾りつけするとより愛着が湧きますね。

ビオトープの植物と生き物の関係や注意点

ビオトープはそのまま放置していても生き物は育っていってしまいます。

そのため、しばらく見ない間に水草が伸び放題になっていたり、メダカが大量に育ってしまっていたりしてしまう可能性もあります。
出来るだけ、一日一回のビオトープの観察を行うようにしてください。

生き物を育てるわけですから増えていく事を念頭にビオトープを作る様にしてください。

増えすぎた時は川や池に放さずに、お友達に貰ってもらうなどして命を粗末にしないようにしてくださいね。