一人暮らしのベッドはマットレスが必要?すのこベッドの場合

一人暮らしをスタートさせる中で、寝る場所はベッドがいいという方も多いでしょう。ベッドを選ぶ際に、価格や湿気やカビの事を考えてすのこベッドを選択する人も増えています。

すのこベッドを使う場合には布団を敷くのかマットレスを使うのかという疑問はないでしょうか?その疑問にお答えします。

また最近のすのこベッドはおしゃれなタイプもあり、用途に合わせて色々なタイプがあります。

そしてすのこベッドの魅力といえばやはり通気性の良さがあげられるでしょう。人は寝ている間に想像以上の汗をかいていて、その汗が毎日積み重なるとあっという間に布団はカビてしまいます。

布団が好きという方には、すのこを敷いてその上に布団を敷いて寝るというスタイルもおすすめです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

結婚式に歌手を呼ぶことはできる!費用の目安や呼び方を解説

自分の結婚式に歌手を呼んで盛り上げたいと考えている人もいますよね。でも、実際に呼ぶことができるのか、...

一人暮らしの部屋にクローゼットがないときの収納方法を紹介

一人暮らしをしている部屋にクローゼットがないことで、増えてしまった洋服を上手に収納できないというお悩...

花屋で花束を作るのにかかる時間と花屋のおすすめな使い方

今あなたが花束を贈りたいと思っている方は大切な方でしょう。誕生日やイベントなどで花束を渡した...

【脇腹の筋肉の鍛え方】脂肪を取りたい男性はこうやって鍛えよう

脇腹についた脂肪が気になり始めて、脇腹の筋肉を鍛えよう!と決意したものの、その方法がわからないという...

【足の臭い対策】男性の足の臭いの原因と効果的な臭いの改善方法

働く男性の悩みの一つ、足の臭いに悩んでいる方はいませんか?一日中履いた靴を脱いだ時に、自分でも気にな...

本を読むのが苦手な読書しない人に知ってほしい読書のメリット

普段は本を滅多に読むことがないという方も多いと思います。特に大人になってからは、本を読む人と読まない...

庭をタイル張りにする手順。DIY初心者でもできるタイル張り

庭の一部におしゃれなタイルがあると、お庭の雰囲気も大きく変わります。庭のタイル張りと言うと業者に頼む...

一人暮らしの休日は料理をする!作り置きのススメや自炊のコツ

一人暮らしの休日にはゆっくりと料理をしてみようという人もいるでしょう。せっかく休日に料理をするな...

音を使った名前やその由来。人気がある男の子・女の子の名前

待望の赤ちゃんに名前を付ける場面で音楽が好き、音楽に関わっているという人なら「音」という漢字を使いた...

ハートのネックレスは年齢的に関係がある?ネックレスの選び方

彼女や奥さんにネックレスをプレゼントしようと考えた場合、ハートは年齢的にどうなのかと考えてしまうこと...

メガネの調整。あの小さなネジを締めるドライバーについて

メガネの調整を自分でしたい!そんな時に必要なのが『ドライバー』肉眼で見るのが難しいほどの...

原付の書類を紛失!再発行可能?手順と必要なもの・費用について

原付の書類が必要になって探しても見つからない!書類を紛失してしまった時、再発行ができるのか気になりま...

スッポン【飼育について】水槽の大きさや水量と温度などの注意点

スッポンを飼育するには水槽を用意しなければなりません。初心者だとどのくらいの大きさの水槽を用意したら...

平成生まれが驚く!昭和の知らない常識とあるあるネタ

あなたは平成生まれですか?それとも昭和生まれ?昭和では当たり前だったことも、今となっては通じない...

顔の特徴とバランスでモテる男性に!モテ男の条件

モテる男性には、やはり顔に共通の特徴があるようです。顔のパーツやバランスなど、どのような特徴があ...

スポンサーリンク

一人暮らしのすのこベッドにマットレスを置くかどうか

すのこベッドを嫌う人の理由としては「硬い」が多いでしょう。しかし、その難点を除くと良い事が沢山です。

すのこベッドのメリット

ベッドの下がすっきりとして通気性が良いというのは、湿気やダニ対策が重要となる寝室においては大きなメリットです。
すのこベッドの上にマットレスを置く事により「硬い」というデメリットが解消されます。すのこベッドにマットレスを置いた場合には次のようなメリットが得られるようになるのです。

「硬い」を解決

すのこベッドにマットレスを置くとマットレスの寝心地になります。

通気性が良い

ベッドマットは中にスプリングが入っていて空気が通るようになっています。布団と違い干さなくても良いように作られているので、布団よりもずっとカビづらいです。

すのこベッドの保護にもなる

布団だけだとベッドの上を歩いた時に足で踏んだ重みが局所的にかかるので下手をするとベッドのすのこが割れてしまう場合もあります。ベッドマットだと上を歩いても体重が分散されてすのこが割れることはありません。

これらのことから、すのこベッドには布団よりもマットレスを置いた方が快適に使用できると考えられます。

一人暮らしのベッドの上においたマットレスや布団もすのこベッドなら安心

すのこベッドの最大の利点は通気性の良いことでしょう。

住宅での悩みに湿気やカビはつきもの

浴室や押入れもカビやすいですが、寝室もカビやすい場所です。寝ている間に人の汗が大量に布団に浸み込んでしまい、寝室は締め切る場合も多いためです。

すのこは部材の間に隙間があるために空気が通り、湿気を常に発散することができる

また、木の場合は木自体が湿気を吸っては発散するので、木のすのこベッドは湿気をこもらせないために最適なベッドです。

上に置くマットレスや布団をカビさせないためにすのこベッドは非常に役立ちます。

一人暮らしにおすすめなすのこベッドの色々なタイプ

様々なすのこベッドが販売されています。

高さの違う2種類のすのこベッド

足が付いていて通常のベッドのようで寝る部分の板がすのこになったものと、すのこだけを床に置くような高さの無いすのこベッドがあります。

一人暮らしにおすすめしたいすのこベッドのタイプ

足のないタイプのすのこベッドは、引越しも楽で安価なので手軽に購入できます。

しかし、通気性を考えると足のあるすのこベッドの方が優秀です。足の高さの分すのこの下部に空間ができるので、湿気の発散性も通気性もずっとよくなります。
また、ベッドの下に荷物を置く事もできます。しかし、調子に乗ってベッドの下に荷物を詰めすぎると通気性が悪くなりカビやすくなるので注意が必要です。

理想はすのこベッドに下に何も置かずに、掃除が出来る状態にしておくこと。

ベッドの下は布団から出る大量の埃がたまりダニの温床となりやすいのです。まめに簡易モップなどで掃除をしましょう。

マットレスよりも布団派には折り畳めるすのこベッド

すのこベッドで布団を使いたい場合は、すのこ部分を折って持ち上げられるタイプのものがおすすめです。

床に置く低いタイプのすのこベッドでも、足の付いたすのこベッドでもあります。

すのこの真ん中部分で切れていて、真ん中部分を上に持ち上げて逆V字型にできるものです。布団をのせたままこの状態にすると、布団を簡単に干す事ができます。

すのこの切れ目が3箇所あってM字方にして干せるタイプもあります。

足の無いすのこベッドでは布団と床の距離が近いのでそのままにしておくと非常にカビやすいです。毎日起きた後にさっとすのこの中央を持ち上げて立てると強力な布団のカビ対策になります。

すのこベッドのDIYの方法や収納アイディア

すのこベッドの購入費用を抑えたい場合は自分でつくってみるのもよいでしょう。木材をホームセンターで購入すると、材料費代だけでベッドをつくることができます。簡単な作り方をご紹介します。

足つきのすのこベッド

  1. 作るベッドのサイズを決める。
  2. 決めたサイズで木材を切って釘で打ち、長方形の木枠を作る。
  3. ベッドの足になる木材を切る。太い角材が良いでしょう。
  4. 木枠の4つの角にベッドの足を打ちつける。
  5. 木枠の短い辺の長さに合わせてすのこにする板材を切る。
  6. 木枠に6の板材を打ち付ける。
  7. 角など尖った部分やささくれ立った部分に紙やすりをかけて滑らかにする。

すのこベッドはアレンジして自由に作る

アレンジ方法をいくつかご紹介します。

  • 既成のすのこの幅に合わせて枠を作り、枠に足をつける。そして枠に既成のすのこを打ち付ける。
  • 既成のすのこをベッドにちょうど良い大きさに並べて小さい板材を打ち付けて繋げる。つけた板材の高さの足のベッドになる。
  • 既成のすのこ一枚一枚の四隅に5cm程度の厚みの角材を打ち付ける。そのすのこを並べて置き、その上にマットレスや布団を置く。

ベッドに形つくらなくても既成のすのこを敷くだけでもベッドになります。そのすのこに足をつけて高くするだけで通気性がかなり変わるので、手間はかかりますがお金をかけたくない場合におすすめです。

ただし、すのこを連結しないで使用する場合は危ないのでつける足の高さは5cm程度以下にしましょう。