銭湯に行った時はサウナとお風呂の順番を間違えないようにしよう

スーパー銭湯の流行もあり、サウナがあれば必ず入るという人も多いでしょう。

しかし、入る時の正しい順番や時間についてよくわからないという人もいるのではないでしょうか。

今回は銭湯に行った時にサウナを利用する場合の順番や時間の目安について説明します。正しい順番で入れば、サウナの効果をアップさせることも可能になるでしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

厚生年金と国民年金の両方もらえる人とは?年金の受け取り方

厚生年金と国民年金の両方もらえるのはどのような人なのでしょうか?年金を支払っているときには気にならな...

台所の収納【調味料編】整理整頓のコツや簡単アイデアを紹介

台所を収納するときに調味料は種類によって形や大きさが違うので、どう収納したらスッキリして使いやすいの...

停電の原因がブレーカー以外の場合の対処法と注意点について

突然停電が起こった場合、まず原因として考えられるのはブレーカーですが、調べてみても落ちていない場合は...

【免許証の住所変更】住民票そのままで住所を変更する方法

免許証の住所変更は住民票を必ず移す必要があるのでしょうか?住民票そのままにしておきたい場合はどうした...

コンビニで商品の入れ忘れをされないためにできる予防対策

コンビニで商品の入れ忘れをされた経験はありませんか?楽しみにしていたデザートなど食べようとしたら入っ...

包丁の研ぎ方は簡単!はじめてでもできる手順やポイントを紹介

包丁の研ぎ方が簡単にできるようになれば、いつでも切れ味の良い包丁を保つことができます。包丁を研いだこ...

台風の速度が変わるのはナゼ?台風の速度が変化する理由とは

台風の速度がいつも変わる理由にはどのようなものがあるのでしょうか?できれば、来ないでほしい、...

窓の結露で部屋の湿度が下がる?結露の仕組みと湿度対策

窓に結露がつくと部屋の湿度は高くなっていると思いませんか?しかし実際はその逆!結露がついているのに、...

一人暮らしで外食が続くと食費が高くなるのは事実。自炊がベスト

一人暮らしで外食が続くと、食費がどうしても気になります。生活費に余裕があるなら、食費を気にするこ...

トイレの壁紙の黄ばみの正体とは?黄ばみの掃除方法もご紹介

トイレの壁紙に黄ばみがありませんか?うっすらと見えるその黄ばみの正体を知ったら、トイレの用の足し方を...

ポリカーボネートの屋根の掃除方法を理解して長持ちさせよう

カーポートの屋根などによく使われているポリカーボネートですが、気がつくとかなり汚れていることもありま...

革靴のヒビ割れを自分で直す方法!履き慣れた靴の直し方

履き慣れたお気に入りの革靴は履く頻度も高くなり、履いているうちにヒビ割れが起こってしまう場合もありま...

車の両面テープ剥がしには何が使える?詳しく説明します!

車のダッシュボードや窓についた両面テープって簡単には剥がしにくいですよね。しかも素人が無理にやれば傷...

受験の不安で毎日泣きそうなあなたへのアドバイス

高校や大学への進学を考えているのなら、避けて通れないのが受験です。学校や塾から「大丈夫」と太鼓判...

一人暮らしのダンボール処理方法とは?捨て方を紹介します

一人暮らしの引っ越しで使ったダンボールの処理はどのように行えばいいのでしょうか?ダンボール処理に...

スポンサーリンク

銭湯でサウナに入る時は順番を考えよう

銭湯でサウナに入る時は順番を考えましょう。

この時に言う順番は、「お風呂が先か?サウナが先か?」ということではありません。
この二つの順番は、どちらが先でも後でも問題ありません。
では、何の順番かと言いますと、「水分を取ることと、体を洗うことの順番」です。

サウナを利用する人の中には、「まず最初にサウナに入って汗を流して、水風呂に入ったら、体を洗って、それから今度はお風呂に入って体を温めたら浴場から出て、最後に水分を取る」なんていう順番で利用していますよね。
一見普通の流れに見えますが、これは間違いです。

お風呂上がりに水分を取るのは良いことですが、もっと良いのは、「浴場に入る前から水分を取ること」です。
ですので、服を脱ぐ前か脱いだ後に、まずコップ一杯分の水を飲んでから浴場に入りましょう。
そして次にすべきことは、「体を洗う」です。
「どうせ汗をかくんだし」とか「毛穴を開いてからじゃないと、汚れが落ちないよ」なんて思っている方もいらっしゃるかも知れませんが、銭湯はあなただけのものではなく、さまざまなお客様が来るところです。
それなのに、体についた汗やホコリをつけたままサウナのベンチに座り、そして、汚れと汗がついた体で水風呂に入るというのは、ちょっと清潔とはいえないのではないでしょうか。
きちんと最初に体や頭の汚れを落としてからサウナかお風呂に入りましょう。アイキャッチ画像を設定

銭湯のサウナで汗をかきたい人のための順番について

銭湯のサウナで汗をかきたい人のための順番についてご紹介します。

サウナで思いっきり汗をかくなら、「一番最初にサウナ入るべき」なんて思っていませんか?
実は、そうではないのです。
先ほど「水分を取った後は体を洗いましょう」と書きましたが、これはただマナーとして汚れを落とすためだけではありません。
頭や体を洗うことで毛穴に詰まった脂汚れが取れ、より汗をかくことが出来るようになるのです。
特に頭は脂が出やすいところですから、頭皮を指の腹でマッサージしながらしっかり汚れを落としましょう。
ちなみにすっきりするからと言って、頭皮に爪を立てて頭を洗う人がいますが、そのようにして頭を洗うと、頭皮や毛根が傷つき、薄毛の原因にもなりますので、絶対にやめましょう。
物足りないのであれば、二度洗いすると、頭の汚れも完全に取れますよ。

銭湯のサウナを利用する場合の理想的な順番と時間配分について

銭湯のサウナを利用する場合の理想的な順番と時間配分についてご紹介します。

  1. 水分を取って、体を洗ったら、いよいよサウナです。
    時間はその人が入れるだけと言いたいところですが、1分しか持たないのであれば、充分に体が温まりませんし、1時間も入り続けるというのは、体に大きな負担がかかってしまいます。
  2. 目安としては、10分ほど入りましょう。
    とはいえ、あまりサウナに慣れていなのに、いきなり無理をして入ることはありません。
    5分からでも構いません。
    徐々に10分入れるようにしていきましょう。
  3. サウナのベンチは上の段ほど熱くなりますので、熱さに慣れていない人は、下の段から座るようにしましょう。
    逆に10分じゃ物足りないと思う人も、10分経ったら水風呂休憩を挟みましょう。
    一気に長い時間入るよりも、何度か繰り返し入ることで、体に良い刺激が与えられ、より体の芯まで温めることが出来ます。

銭湯のサウナに入っている時間と効果について

銭湯のサウナに入っている時間と効果についてご紹介します。

サウナに入る時間のおすすめは10分とご紹介しましたが、それには理由があります。
サウナは入れば入るほど汗をかいて疲労が回復できるように思われていますが、実はそんなことはありません。
15分以上入ると、返って疲労が蓄積するとの意見もあるくらいです。
ですので、我慢したり無理をしたりせず、10分入ったら、水風呂に入り、一旦浴場に置かれている椅子に座って数分休んでから再度サウナに入るほうが、効果的に汗をかいて疲労を回復できます。

また、サウナのベンチに座る位置は下段の方が熱くないので初心者にはおすすめですが、熱さに慣れてきたり、10分じゃ物足りないという猛者は、温度の高い上の段に座ると短時間で体を熱く出来ますので、さらに効率的に汗をかくことが出来ます。

運動後や食後のサウナ利用はNGです

運動でたくさん汗をかいた後や、ご飯を食べた後にサウナに入る人がいますが、それって良いことなのでしょうか?
実は、運動後や食後のサウナ利用はNGなのです。

確かに、食後すぐにサウナに入ると、消化に良くなさそうなのはわかりますが、運動後にサウナに入ってはいけないというのは驚きですよね。
「すると、フィットネスクラブについているサウナは間違えてる!?」なんて思った方はいませんでしょうか?
もちろん間違いではありません。
というのも、フィットネスクラブにあるサウナの役割は、プールで冷えた体を温めるためにあるからです。
ですので、自分がどんな運動をしたかによって、サウナを利用するかどうかを判断するようにしましょう。

ちなみに、たくさん運動をした後でも、半日ほど時間が経った後のサウナでしたら、疲労回復効果が得られると言われています。