歌う時の声質を変えたい人が意識すべきポイントとは

カラオケで上手に歌うために、思い切って声質を変えたいと感じる人は多いようです。

しかし、声質というものは自分が意識することで、変えることができるものなのでしょうか?そのためにできる練習方法はあるのでしょうか?

歌う時の声質を変えたい人のために、意識すべきポイントやカラオケでの歌い方の注意点について説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

質問の答えが違う人に対して会話を成立させるための対処法

質問とは答えが違う人と会話をしていると頭を悩ませることがあるでしょう。このような会話が成立しないタイ...

包丁の研ぎ方は簡単!はじめてでもできる手順やポイントを紹介

包丁の研ぎ方が簡単にできるようになれば、いつでも切れ味の良い包丁を保つことができます。包丁を研いだこ...

本音と建前は逆?わかりにくい女性の本音を紹介します

女性の本音と建前ほど難しいものはありませんよね。どうして本音と建前が逆になってしまうことがあるのでし...

新聞紙に乗るゲーム。じゃんけんで負けるとこうなる。遊び方とは

新聞紙があれば簡単に出来て、盛り上がるじゃんけんゲームを知っていますか。用意するのは新聞紙だ...

タイの入国審査が厳しい理由と気をつけたいポイントとは

最近ではタイの入国審査が厳しいと言われていますが、それはどんな理由によって厳しくなっているのでしょう...

庭木の手入れに必要な初心者が揃えるべき道具リスト

庭木の手入れをするにはいろいろな道具が必要になります。しかし、庭木のお手入れ初心者にとっては、どんな...

髭の剃り残しをなくす剃り方!T字カミソリで剃る方法とポイント

髭を剃ったとき、うっかり髭を剃り残してしまうことがあります。剃り残しがあると、見た目もよくありません...

カエルは縁起が良いといわれる理由!カエルで幸運に遭遇しよう

カエルと聞くと気持ち悪いと思ってしまう女性は多いのではないでしょうか。ある雨の日にカエルを遭遇し...

傘、壊れた?閉じれない傘に焦った時の対処法と修理方法

傘が壊れた?電車に乗ろうとして傘が閉じれないと、本当に焦りますよね?空いている電車内で傘を広...

男性が眉毛を書く時に失敗しないためにやるべきこととは

男性が眉毛を書くことは今では身だしなみの一つとなっていますが、いざ自分がやろうと思ってもどんな道具が...

水槽の濾過器の音が気になるときの対処方法について

水槽の濾過器音が気になるときにはどうしたらいいのでしょうか?今までは気にならなかったけれど、だんだん...

一人暮らしの男性の食事の節約術!自炊を続けるためのポイント

一人暮らしの男性は仕事が忙しいと、つい食事は外食で済ませてしまうという人も多いでしょう。しかし、そん...

車の書類を上手に収納する方法!基本的な収納と便利収納アイデア

営業車を利用して仕事をしている人の中には、車の中にあふれかえる書類の収納方法について頭を抱えている人...

女性が香水をつける心理!香りの強さや種類でわかる女性の心理

時々とても強い香水をつけている女性もいますが、香水をたくさんつけている女性は一体どんな心理なのか気に...

ミルクの温度の確かめ方!赤ちゃんのミルクを最適温度にする方法

いつもはママが赤ちゃんのミルクを作っていても、いざ自分が作るとなると温度の確かめ方がいまいちよくわか...

スポンサーリンク

歌う時の声質を変えたい人はボイトレによって変えることはできるのか

歌が上手い人はどこにいても注目されますよね。
素人の歌がうまい人がテレビに出て、歌手デビューしてしまったということもあります。
そのくらい歌が上手くなりたいと思う人も多いかもしれません。
歌が上手くなるために声質を変えたいと思うこともあるでしょう。
ただ声質は変えることができるのか、疑問を感じるところです。
では実際に声質に悩みがある人にその悩みを聞いてみました。

歌が上手いと周りから言われるのですが、自分の声質を自分自身はあまり好きではありません。
以前携帯電話の録音機能を使って、自分が歌っている声を録音したことがありました。
その時自分で聞いた自分の歌声に驚きました。
声変わり前の少年のような高いのか低いのか分からない声だったのです。
自分はもっと綺麗な声質だと思ったのに、気持ち悪いと思ってしまったのです。
そこで声質を変えることができたらいいなと思っているのです。
そうすればもっと上手く歌えるはずなのです。

自分自身の声に納得がいかないと言う人はきっと多いでしょう。
しかし残念ながら声質は変えることができません。
ただ声がこもって暗く聞こえている場合があるので、声の響きを変化すれば少し声が変わったように感じるはずです。
声が低いとマイクで話す際はどうしても、こもって聞こえてしまいます。
それは声が鼻にかかっている可能性が高いので、口から声を出すようにしてみてください。
歌の場合でも同様です。
詩の場合ではいい声を聞かせようとすると声を鼻に響かせてしまうことがあるので、喉から声を出すといいでしょう。
その時には声を基盤にして少しだけ鼻腔に響きを持っていくと更にいいでしょう。
それを意識するだけでも変わるので実践して見てください。

歌う時の声質を変えたいなら、まずは自分の声を録音しよう

声質を180度変えることは非常に難解なことです。
ただ努力をすることで、少しずつ歌う声を変えることはできます。
実は多くの人が声質は持って生まれたものだから、変えることはできないと思っています。しかしあるボイスレッスンでは声質は変えることが出来るというのです。
そこでポイントになるのが声のまとまりをイメージすることです。
声のまとまりと急に言われても理解できないでしょう。
そんな時はまず自分の声を録音して聞いてみてください。
そうすることで自分の声に最初は驚いてしまうことでしょう。
キンキンしているとかうるさい声だと思うことがある時は、声にまとまりがない証拠です。
これはあちらこちらに声が散らばっている状態になっているのです。
例えるならば麺のきしめんです。
声がきしめんのように、平べったく潰れている状態で雑音が生まれてています。
このきしめん状態の音を、うどんのように芯があり太い状態にしていくことが課題です。

声をうどんのように太くするために、心がけることは声を真ん中に集めることです。
手で声を集めるように歌ってみると声は中心に集まってきます。
ジェスチャーを加えるだけで、声にまとまりが生まれてくるのでオススメです。
声が中心に集まってくると、切ない雰囲気のバラードの曲を歌いこなせるようになるでしょう。
きっとあなたの声に周りが酔いしれてしまうはずです。

歌声の声質を本気で変えたい人は生活習慣も見直そう

声を出す仕事を志す人もいるでしょう。
声を出す仕事は歌手だけではなく、声優やナレーターなど普通に人が想像するよりも遥かに多いです。
そんな声を出す仕事を志す人は、本気で声質を変えたいと思っている人も少なくありません。
本気で声質を変えたいと思うならば、生活習慣を見直すべきです。
人の声質の良い悪いは声帯が関係していると勘違いされているのですが、大きな間違いです。
男女で声帯に差はありますが、それ以外は声の違いはほぼありません。
ではなぜ人には声の差があるのでしょうか。
それは声を決定づける要素が人によって異なっているためです。
声は空気を肺から声帯を通り、頭蓋骨内を通り外に排出される仕組みです。
肺の大きさや頭蓋骨の形で声の鳴り方は変わってくるのです。
なので声質を変えるためには、生活習慣が関わってくるのです。
特に飲酒喫煙によって喉に悪影響がると言われています。
なぜなら声帯が傷ついてしまい、声がざらついてしまうのです。
他にも歯並びなの悪さも声帯が傷つくと言われているのですが、矯正をすることによって声にはいい効果があるようです。

生活習慣を見直そうと筋トレを始める人もいます。
しかしこの筋トレにも注意が必要です。
体を鍛える際には、首の筋肉の鍛えすぎには注意が必要です。
首の周りの筋肉を鍛えすぎてしまうと、声帯を圧迫する恐れがあるのです。
圧迫してしまうと細い声しか出せなくなってしまうので、注意してください。
様ざまな要因によって声は出来ていますので、生活習慣を見直しながら自分の声を大事にしていきましょう。

カラオケで歌う時に意識したいこと

カラオケで歌うことは良くありますよね。
そんな時自分が歌う順番が来ることに、緊張してしまうことがあるでしょう。

歌う時にはこんなとに意識してみよう

  1. 体を楽器だと思うこと
    声は口から出るものと思っていませんか。
    実は声は体全体で出すものなのです。
    イメージとしては、体全体を楽器だと思ってみましょう。
    特にポイントになるのが、肺と肺を守っている肩甲骨です。
    肩甲骨と肺が密着していると深い呼吸がでないので、声量があまり出ないのです。
    声量を出すためには、ストレッチをすることが重要になってきます。
    左手の指先を肩に軽く乗せて、そのまま肘で円を描くように左肩を回してみましょう。
    左肩が終わったら同様に右肩もストレッチをしてください。
    ストレッチをすることで肺に空気がたっぷりと入るので、声量も安定するはずです。
  2. スローモーション
    口はスピーカーと同じ役割を果たします。
    そこで必要になってくることが「大きく口を開くこと」です。
    それによって、声の響きを良くすることができるのです。
    最初は息を沢山吸い込み、口を大きく開けて喉を開いてみましょう。
    恥ずかしくて口を開けないという人は、驚いた時やあくびをするイメージをもちましょう。意識することで口を大きく開けやすくなります。
    大きく口を開けば、その顔からスローモーションで両手を顔の横に持ちながら口を大きく開いて思い切り息を吸い込みましょう。
    そして吸いきったら呼吸を留めて息混じりで空気を吐いてみましょう。
    これで喉が開きます。

声質を変えたい人は、話し方にも注意しよう

声質を変えたいという人は、徹底的に意識を向けることも必要かもしれません。
例えば歌う時の声質を変えたいと思う人は、歌う時だけ声質を意識するでしょう。
しかし歌う時だけではなく、話し方にも注意することが必要です。
つい声を意識して出すのは歌う時だけなので、話すことは普通に話してしまうこともあるでしょう。
しかし普段から意識することによって、声質は変わるのです。
もし自分の普段の声が好きではないという人は、話し方を変えることで変わります。
是非挑戦してみてください。

声質を変化させるためには筋肉と使い方と話し方の2つが重要

声質に必要な筋肉とは喉頭の周りに存在する筋群である外喉頭筋と声帯を開く内喉頭筋です。
外喉頭筋にある喉仏を下げるとオペラのような声質になり、逆に喉仏を上げると若々しい声になるのです。
内喉頭筋は本格的に歌が上手くなりたい方は、鍛えるべき筋肉になります。
声帯を開けば息漏れする声質になりますし、声帯を閉じると声を震わせることができるのです。
この筋肉を普段から意識して声を出すことによって、声質は変えることができるのです。

また話し方は十分深呼吸して、横隔膜を振動させればはっきりとした声が出ます。
鼻にかけて声をだせば、地声よりも高く声を出すこともできます。
自分の声が好きではないという方も、工夫次第で自分の声を好きになれるはずです。
意識して色々な声を出してみると自分の声も好きになりますし、声質を変えるいい練習にもなるのでいいでしょう。
日常生活でもできるので試してみてはいかがでしょうか。