窓の断熱シートの貼り方!上手に貼るコツと選び方のポイント

寒い季節に、窓からひんやりと流れる冷気にお困りの方はいませんか?窓の近くに行くと、どこからともなく冷たい空気を感じてしまうことがあると思います。
そんな窓の冷気には断熱シートがおすすめです。
そこで、窓の断熱シートの選び方や貼り方、貼る時の注意点などをご紹介します。

断熱シートにはさまざまなタイプがあります。窓ガラスとの相性もあるので、選ぶ時には注意が必要です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

母親が一人暮らしで心配!離れて暮らす高齢の母を見守る方法

高齢の母親が自分と離れた地域で一人暮らしをしていることが心配でたまらないというご家族もいますよね。...

水草についたコケは木酢液で退治!でもデメリットもあります

水槽の中の水草についてコケって厄介ですよね。アクアリストの天敵と言えるかもしれません。それを...

値上げ告知用文書の書き方や注意点について解説【飲食店編】

物価や食材の値上げは一般家庭にとっても痛いものですが、飲食店となると客離れの可能性もあるため、文書を...

木材の種類の見分け方!加工状態と色々な木材の特徴・用途を解説

世の中には色々な木材の種類があります。知識のない人は、木を見ただけで何の木なのか見分けることが難しい...

コップの収納をキッチンの引き出しに!良い点と注意点をご紹介

コップや食器の収納場所は、見た目だけでなく取り出しやすい場所にあるかも、重要なポイントとなります。...

新聞紙に乗るゲーム。じゃんけんで負けるとこうなる。遊び方とは

新聞紙があれば簡単に出来て、盛り上がるじゃんけんゲームを知っていますか。用意するのは新聞紙だ...

部屋で焼く焼肉。プレートの選び方と焼き肉の時の準備や対策

焼き肉が大好きという人は、家でも焼肉が食べたいと思いますね。家で焼肉をしようと思った時に気になるのが...

大学の卒業式の持ち物!実際にあってよかった持ち物を厳選

大学の卒業式に向けて必要な持ち物を色々準備していきますが、「〇〇があればよかったのに…」と後悔だけは...

ナイロン素材は季節の変わり目に大活躍!洗濯や保管も簡単

ナイロン素材は季節の変わり目など長い期間着ることができるので便利です。ナイロン素材のウインドブレーカ...

砂浜にいるカニの捕まえ方とは?この方法でカニを捕まえちゃおう

砂浜のカニの捕まえるのは難しい?砂浜にいるカニの捕まえ方のコツやポイントとは?道具がなくても...

電波時計の受信時間は何時間かかる?受信環境に注意しよう

電波時計は標準電波を自動的に受信し、その時刻情報によって時刻が修正されるのですが、受信時間や受信まで...

車の両面テープ剥がしには何が使える?詳しく説明します!

車のダッシュボードや窓についた両面テープって簡単には剥がしにくいですよね。しかも素人が無理にやれば傷...

ヘルメットの内装の洗濯の仕方や注意点。手洗いの方法や干し方

ヘルメットの汚れや臭いが気になるなら自分で洗いましょう。内装の部分は取り外し出来るものが多い...

畳の上にフローリングカーペットを敷くとダニのもと?ダニ対策

畳の部屋をリメイクしたいと考え、フローリングカーペットを敷いて部屋を洋風な印象に仕上げたいと考えてい...

受験の不安で毎日泣きそうなあなたへのアドバイス

高校や大学への進学を考えているのなら、避けて通れないのが受験です。学校や塾から「大丈夫」と太鼓判...

スポンサーリンク

寒い窓際は断熱シートで冷気を防ぐ

熱には、同じ温度になろうとする働きがあります。
そのため夏にエアコンなどの冷房をつけても外の気温は高いので、同じ温度になろうとして外の温度の高い空気が部屋に流れてきます。
そして、冬にもこの働きと同じことが起こっています。
部屋を暖房などで温めていても外の気温が低いので、同じ温度になろうとして部屋の暖かい空気が外へと流れてしまいます。
しかし、家の壁の中には断熱材というものが入っていることによって、外の温度の熱を伝えにくくする効果があります。
そのため熱を逃がしにくい構造になっているので、家の中は外の外気温に左右されにくいつくりになっています。
しかし、この熱を逃がしにくい構造になっている家にも熱が出入りしやすい場所というものがあります。
その場所こそ「窓」なのです。
熱が出入りしやすい窓にも断熱対策をすることによって、家の中の温度をさらに安定して保つことが出来るようになります。
そして、窓に断熱対策をするのであれば「断熱シート」がおすすめです。
窓に断熱シートを貼ることによって、簡単に断熱効果を得ることが出来ます。

窓に使う断熱シートの用途に合わせた選び方

断熱シートには様々な種類があります。
そのため窓に断熱シートを貼るときには、用途に合わせて断熱シートを選ぶようにしましょう。

例えば、断熱シートには夏などの暑い時期用、冬などの寒い時期用、どの季節でも使用することが出来るものがあります。
主な違いとしては、夏などの暑い時期用の断熱シートには、太陽の陽の光のや紫外線をカットしてくれたり、エアコンなどの冷房の冷気を逃がさないようにしてくれる効果があります。
冬などの寒い時期用の断熱シートには、暖房の暖かい暖気を室内の外へと逃がさないようにしたり、外の寒い冷気が部屋の中へ入ってこないようにしてくれる効果があります。
どの季節でも使用することの出来る断熱シートであれば、これらの効果を兼ねあわせて持っています。

窓に断熱シートを貼る時期に合わせたり、得たい効果によって断熱シートを選びましょう。

その他にも、断熱シートには透明タイプのものや不透明タイプのもの、デザイン性に優れているものがあります。
透明タイプの断熱シートであれば概観を損なうことがありませんし、窓からの景色も変わらずに楽しむことが出来ます。
不透明タイプのものであれば、家の中を見せないようにする目隠し効果があります。
デザイン性に優れているものであれば、断熱シートを貼るだけ家の印象がガラリと変えることも出来ます。
さまざまなデザインの断熱シートが販売されているので、好きなデザインの断熱シートを選んでみましょう。

水貼りタイプの断熱シートの貼り方と必要な道具

水貼りタイプの断熱シートの貼り方と、断熱シートを貼る際に必要となる道具とは

まずは、必要となる道具についてです。

水貼りタイプの断熱シートを貼る際に必要な道具

  • 断熱シート
  • 窓ガラスを掃除する道具
  • ハサミ
  • 霧吹き
  • メジャー

断熱シートを用意するときには、実際に断熱シートを貼り付ける窓ガラスのサイズを測ってから購入しましょう。
販売されている断熱シートのサイズは様々あるので、貼りたい窓ガラスのサイズが分かっていないとどのサイズの断熱シートを購入したらいいのか悩みます。
窓よりも小さいサイズの断熱シートを購入してしまうと、断熱シートを窓を貼ったときに隙間が出来てしまいます。
窓の大きさよりも、少し余裕のある大きさの断熱シートを購入するのがおすすめです。

水貼りタイプの断熱シートの貼り方(準備編)

必要な道具が準備できたら、窓に断熱シートを貼る準備をしていきましょう。
まずは、窓ガラスの掃除をします。
窓ガラスについている汚れをとっておくことによって、キレイに断熱シートを貼ることが出来るようになります。
窓ガラスの掃除が出来たら、窓ガラスのサイズに合わせて断熱シートをハサミなどを使って切っていきましょう。
断熱シートを窓ガラスのサイズに合わせて切ることが出来たら、霧吹きを使って窓ガラスに水を吹きかけてきます。
これで、水貼りタイプの断熱シートを貼る準備が出来ました。

窓への断熱シートの貼り方、上手に貼るコツ

水貼りタイプの断熱シートを貼っていきましょう!

水貼りタイプの断熱シートの貼り方(実践編)

窓の大きさに合わせて切った断熱シートの貼り付け面を確認して、窓に貼っていきます。
このとき断熱シートを貼るのに時間がかかってしまうと、窓ガラスに霧吹きで吹き付けた水が少なくなってしまって断熱シートの貼り付きが悪くなることがあります。
そんなときには、再度霧吹きを使って窓ガラスに水を吹き付けましょう。
断熱シートを貼り付けたら、断熱シートの中央部分から外側へと向かって軽く手で押し当てていきます。
断熱シートを貼るときに入ってしまった空気を抜くためです。
キレイに貼ることが出来たら、乾燥をさせて完成です。

窓の断熱シートの貼り方の注意点

窓に断熱シートを貼るときには注意点があります。
それは、断熱シートを貼ることが出来る窓と貼ることの出来ない窓があることです。
例えば、窓の表面がデコボコしているようなガラスの場合には、水貼りタイプの断熱シートはしっかりと貼り付けることの出来ない場合があります。
そんなときには水貼りタイプのものではなく、粘着剤によって貼るタイプの断熱シートを使用すると貼り付けることが出来ます。

断熱シートを上手に活用をして、快適に過ごせる家作りを目指しましょう。