【アカヒレの飼育】屋外の場合の注意点とコツについて説明します

初心者でも飼いやすいと言われるアカヒレですが、屋外だけではなく場所によっては屋外での飼育も可能となっています。

しかし、心配なのは暑い夏や寒い冬の時期。どんなことに注意すればいいのでしょうか?屋外で上手に飼育するためのコツとは?

アカヒレを屋外で飼育する場合の注意点やコツについて詳しく説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

金魚にウオジラミが寄生する原因と正しい治療方法について

大切に飼育している金魚にウオジラミが寄生しているかもしれないとわかった場合、どのように治療したらいい...

スッポン飼育で注意したい冬眠、冬眠させないための工夫とは

健康食品として知られているスッポン。ペットとして飼育することも可能ですが、飼育する際に注意したい...

犬がお風呂が好きか嫌いかのポイントと風呂好きになるコツ

お風呂が好きじゃないという犬もいますね。ですが散歩の後や、定期的にお風呂には入れたいものですね。...

犬の外飼いはかわいそう?できれば犬は室内で飼いましょう

犬の外飼いはかわいそうなのでは?最近は外で犬を飼っているお宅を見なくなりました。外飼いに向い...

グッピーは出産後もお腹に精子を溜める!グッピーの出産について

グッピーの繁殖に挑戦しているという人もいるのではないでしょうか。まだ繁殖挑戦し始めたばかりだと、出産...

水槽のエアレーションの水はね対策!水浸しにならない方法

水槽に酸素を供給するためにエアレーションを使っている方は多いですが、小さな水しぶきが飛び散りやすく、...

メダカの水槽に拾った貝殻を入れる時の注意点と入れてはNGな物

メダカは小学校の教室や家庭のペッとして一度は飼ったり、飼育しているのを見かけたことがあるのではないで...

象VSライオン、一対一で闘わせるとどっちが強いのか徹底調査

草食動物である象と肉食動物であるライオン、もし闘わせたらどっちが強いのか結果が気になるところですよね...

【チャボの飼育方法】室内で飼う場合に注意するポイントとは

日本の天然記念物となっているチャボ。ペットとして飼っている人も多く、ニワトリよりも小さいので飼育しや...

メダカの越冬で柿の葉が重宝されている理由は?越冬させるコツ

メダカの屋外飼育で、注意したいのが冬の時期です。メダカの越冬に柿の葉がいいという話をよく耳にしま...

コリドラスの水槽の立ち上げ方法と注意点【初めての飼育】

コリドラスは長い鼻が特徴的で、熱帯魚好きの方に人気のある魚です。これからコリドラスを飼育したいと...

メダカは発泡スチロールで越冬を!外で過ごすメダカの越冬方法

外でメダカを飼育していると、冬の寒さをどんなふうに乗り越えたら良いか悩んでしまうこともあります。そん...

亀の散歩でリードを付ける時の注意点は?亀散歩のポイント

亀をたまには外に出して散歩させようと考えた場合、気になるのが脱走です。脱走させないためにもリ...

金魚の産卵床・人工産卵藻の作り方や産卵させる方法について

金魚のための産卵床の作り方とは?金魚を増やしてみたいときには、どのような準備をしたらいいのでしょうか...

熊が冬眠する場所とは?クマがいそうなところには近づかない

熊が冬眠するのはどんな場所が多いのでしょうか?秋の山は、きのこや栗などの山菜採りに出かける人はぜひ気...

スポンサーリンク

アカヒレは屋外での飼育も可能?注意点は?

アカヒレは、メダカやグッピーなどと比べると知名度は低く、あまり知られていませんが初心者でも簡単に飼育することのできる種類です。

そんなアカヒレは、屋外で飼育することも可能です。

アカヒレを屋外で飼育する際の注意点についてご紹介します

アカヒレは活発に動き回る魚です。
また、オス同士の場合は縄張り争いなどで喧嘩することもあります。

そのため水面からの飛び出しには注意しなければいけません。

水位を下げ、水槽を静かな場所に設置するようにしてあげましょう。

また、室内と外の温度の差が大きい場合には注意が必要です。

温度の変化があまりない春~初夏にかけて屋外飼育を開始するのがオススメです。

アカヒレを冬の屋外で飼育する場合、エサはどうすればいい?

アカヒレを冬に屋外で飼育する場合のエサについてご紹介

冬は、過酷な環境なため体力をつけるために、より多くのエサを与えたほうが良いと思う方も多いのではないでしょうか。

ですが、エサの与えすぎはアカヒレにとって良いことではありません。

季節に関係なく、エサの与えすぎは水質悪化の大きな原因の一つです。

また、冬は体力温存のためにあまり活発に動き回らないため、エサを入れても反応が鈍くなることが考えられます。

そのため、1日の中で最も外気温が上がる時間帯を目安にエサを与える必要があります。

一方で、冬場であっても屋外飼育の場合には、直射日光の当たり過ぎによる水温の上昇に注意しなければいけません。

アカヒレを飼育する際には、設置場所にも配慮して飼育をする必要があります。

アカヒレを屋外で飼育する場合はどんな容器を使うべき?

アカヒレを屋外で飼育する場合には「発砲スチロール」がオススメ

発砲スチロールがオススメな理由は以下の3点です。

  1. 断熱効果がある
  2. 水量を多く入れることができる。
  3. 水温の変化が激しくない。

屋外での飼育は水槽内が、夏場は熱が篭りやすく、冬場は熱が逃げやすくなってしまいます。

発砲スチロールは、水槽と比較しても断熱効果が高いため、季節等によって水温が大きく変化してしまうことを防ぐことができます。

ですが最低限、直射日光は当たらないようにしたり、気温の下がる時期には防寒対策をしたりする必要はあります。

また、アカヒレは横から観賞することで魅力を感じることができます。

そのため、横から観賞するのと上から観賞するのでは魅力に差が出てしまうかもしれません。

アカヒレの寿命や適温などについて知っておこう

初心者でも気軽に飼育することのできる人気の「アカヒレ」そんなアカヒレの寿命や適切な水温、エサや価格についてご紹介します。

アカヒレの寿命について

水温や飼育する環境により左右されますが、平均的な寿命は3年前後となります。

アカヒレは観賞魚の中でも、比較的強い丈夫な魚と言われています。
そのため、飼育環境に配慮してあげ大切に飼育してあげれば、それだけ長く生きてくれるかもしれません。

アカヒレの適切な水温について

アカヒレの適切な水温は、10℃~30℃程度で水温差がとても広いです。

観賞魚の中でも低水温に適応できる魚ですが、水温が低すぎると活動が鈍くなってしまい白点病を発症してしまうこともあるため、注意が必要です。

水温計を水槽内に設置し、温度管理するようにしましょう。

アカヒレのエサや価格について

アカヒレは基本的に雑食です。

そのため、口に入る大きさのエサであれば何でも食べることができ、アカヒレ専用のエサ以外でもメダカのエサでも代用することが可能です。

また、価格は種類にもよりますがノーマルなアカヒレであれば、1匹50円程度で購入することができます。

アカヒレを飼育する上での注意点

アカヒレを飼育する場合には、ろ過フィルターと低床の設置が必要です。

また、水には塩素が含まれているため、水換えの際には必ず中和して水換えを行うようにしましょう。

アカヒレとの混泳や繁殖について

アカヒレは、性格がとても温和な種類です。

ときどきオス同士で小競り合いをすることはありますが、基本的に他の魚を攻撃したり捕食したりすることはありません。

そのため、他の魚と一緒に混泳させることが可能です。
しかし、アカヒレよりも強い魚や体の大きい魚との混泳は避けるようにしましょう。

また、アカヒレと他の魚を混泳させる場合には、他の魚に水温環境等を合わせて飼育しなければいけません。

一方で、繁殖ですが環境さえ整っていれば繁殖させることは可能で、またアカヒレが産卵する条件は殆ど無く約2週間程度で産卵していきます。

ですが、アカヒレは産卵した稚魚を食べてしまいます。

産卵後は、水草を多めに入れ卵を隠せるような場所を作るか、卵だけ別の水槽に移すなどの配慮が必要です。