ヤギの飼育の費用とは?ヤギを飼うときのポイントや注意点

ヤギの飼育をする場合、費用はどのくらいかかるものなのでしょうか?

ヤギを購入するときの費用はいくら?生き物を飼うときにかかる費用と言えば、やはり気になるのがエサ代。ヤギはどんなものを食べて一ヶ月にどのくらいのエサ代がかかるの?

ヤギを飼うときに気をつける事とは?広い土地さえあれば、犬を飼うより費用はかからない?ヤギの飼育方法を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

カナヘビが冬眠から起きるのは自分のタイミングに任せて飼育を

カナヘビを飼育している飼い主さんの中には、はじめてカナヘビを冬眠させたという人もいるのではないでしょ...

【アカヒレの飼育】屋外の場合の注意点とコツについて説明します

初心者でも飼いやすいと言われるアカヒレですが、屋外だけではなく場所によっては屋外での飼育も可能となっ...

金魚にウオジラミが寄生する原因と正しい治療方法について

大切に飼育している金魚にウオジラミが寄生しているかもしれないとわかった場合、どのように治療したらいい...

ベタの平均寿命とは?老衰症状が出た場合の注意点について

若い時は元気に水槽の中を泳いているベタ。少しでも長生きしてもらってかわいい姿を見ていたいですよね。...

ヤモリが脱皮する頻度は?ヤモリの脱皮は健康のバロメーター

ヤモリはよく脱皮をする生き物ですが、どのくらいの頻度で脱皮をするのでしょうか。ヤモリの脱皮は...

メダカの水槽の中に発生したヒルを退治する方法を説明します

メダカの水槽の中に気がついたらヒルがいるけど、どうやって退治したらいいのか悩む人が多いと言います。...

亀の甲羅にコケが生える原因とその対処法について理解しよう

亀を飼い始めると、甲羅にコケが生えていることに驚いてしまう人も多いといいます。しかし、その時...

金魚に塩浴をさせるときのフィルターとは?塩浴のポイント

金魚に塩浴をするときにはフィルターはつけたままでいいのでしょうか?弱っている金魚を塩浴させるとき、初...

金魚にヒーターが必要なメリットや正しい使い方について紹介

金魚にヒーターが必要かどうかは、金魚を育てる環境にもよります。基本的には金魚はヒーターがなくても飼育...

水槽のエアレーションの水はね対策!水浸しにならない方法

水槽に酸素を供給するためにエアレーションを使っている方は多いですが、小さな水しぶきが飛び散りやすく、...

コオロギの飼育方法とは?冬に気をつけたいのは温度や湿度

冬にコオロギの飼育をするときには、どのようなことに注意したらいいのでしょうか?飼育の方法を間...

ソイルを使った水槽の立ち上げ方法と魚を飼育するまでの管理方法

ソイルを使って水槽の立ち上げをしようと考えている人もいるのではないでしょうか。でも、実際の方法が分か...

亀の散歩でリードを付ける時の注意点は?亀散歩のポイント

亀をたまには外に出して散歩させようと考えた場合、気になるのが脱走です。脱走させないためにもリ...

犬の散歩は台風の時はどうするべき?台風時の愛犬との過ごし方

犬には散歩が欠かせませんが、困るのが台風の時です。ニュースではむやみに外に出ないようにと忠告され...

水槽にミジンコが発生!駆除したほうが良い?ミジンコは餌になる

ふと気がつくと、水槽の中にミジンコが発生していることに気がつくこともあります。ミジンコが発生...

スポンサーリンク

ヤギの飼育をしたい!初期費用はどのくらいかかる?

ヤギを飼育したいと思っている人もいますよね!でも気になるのが初期費用ではないでしょうか。

まず、どこからヤギを購入する事ができるのでしょう。

これは、里親募集の掲示板で検索してみてください。
費用はかからない事もありますが、そうではない場合は、動物取扱業者の登録がされているかどうか確認をしましょう。登録がされていないと、違法になってしまいますよ。

掲示板に、ヤギの性格や特徴、両親の情報などが記載されていて、写真も載っている場合もあります。
費用は5,000~100,000円と差があるでしょう。

また、牧場から購入する事もできます。
牧場で、仔ヤギを中心に販売している事がありますよ。飼育の注意事項などを教えてもらえるのでいいですね!

費用の相場は50,000~80,000円程度です。

そしてヤギの陸送の場合は20,000~30,000円、空送の場合は30,000~50,000円が加算されます。

ヤギの飼育費用といえばエサ!エサは何を食べる?

ヤギの購入先をとその費用を知りました。次は飼育するにあたってかかる費用の「エサ」についてです。

ヤギはどんなエサを食べるのでしょうか?

エサは朝夕の1日2回、田畑の雑草、野菜くず、庭木の枝など、多種類のエサがあるとヤギも飽きなくて良いでしょう。冬はエサがなくならないように、干草などをとっておきましょう。

水は1日1回取り替えて、塩分も必要なので、鉱塩を置いてあげましょう。

気をつけてほしい事は、喉に詰まるようなものを置かないようにする事です。
また、心配なヤギの健康についてですが、病気にはかかりにくいので予防接種なども必要ありません。
しかし、蚊の腰麻痺と、腸内の寄生虫には注意しましょう。そして、ヤギになにかあった時のために診察してくれる獣医がいるかどうか、確認しておきましょうね。

ヤギを飼育する時は、小屋も必要になりますよね。
寒さには強いヤギですが、暑さと湿気はニガテです。快適に過ごせるような小屋を準備してあげましょう。
また、紐をつける場合は、首に撒き付かないようにしてあげましょう。

ヤギは飼育によっては費用がかかることも

ヤギの飼育方法によっては、費用がかかってしまう事があります。

ヤギを飼育する時に、庭をネットで囲うなどの処置が必要になることもあります。
エサに牧草がたくさん必要になります。
エサ代は毎月1万円もかかるようになる場合もあるといいます。とにかく費用がかかるそうです。

しかし、キャベツなどの野菜のクズもあげ、夕方のエサは散歩して雑草を食べさせたり、基本的に庭やまわりの草、近所の草を食べ、夕方はエサを与えて、毎月のエサ代を4,000円や5,000円ぐらいに抑えることもできるようです。

季節やヤギの妊娠などで費用に差が出てきますが、飼育方法によってエサにかかる費用に違いもあるようです。

ヤギの飼育は大変?気をつける事とは?

ヤギの飼育について気をつける事とはどんな事でしょうか。

雄は大人しいとか、去勢済みの雄は大人しくて臭わないと言われるらしいのですが、そんな事はなく朝から絶叫するヤギもいるようですよ。

エサは庭の雑草も食べますが、ほとんどは牧草がメインになります。
小屋もすぐに汚れるので、毎日掃除が必要です。
掃除しないでそのままにしてしまうと牧場特有の匂いがして、その匂いが風にのって近所に迷惑をかけてしまう事があります。

なので、ヤギを飼育する時は、ヤギの鳴き声と匂いを気にしない環境であれば楽かもしれませんね。

ヤギを飼育したいと思っているあなたはどこで飼育する予定でしょうか?
住宅街ですか?田舎ですか?

飼育する環境と、獣医の所在も確認しておきましょうね。

ヤギの飼育方法。ヤギが喜ぶエサ。あげてはいけないエサ

ヤギが喜ぶエサとはどんなエサでしょうか?また、あげてはいけないエサはあるのでしょうか。

まず、喜ぶエサは、野草であればヨモギやレンゲ、ウマゴヤシ、ハギ、イタドリ、ツルマメなどでしょう。他にもまだありますよ。

木の葉では、クリやカキ、クヌギ、カシ、シイ、ビワ、マテバシイ、アカシヤ、ケヤキ、などです。これも他にまだたくさんあります。

飼料作物は、クローバーやサツマイモのいもづる、チモシーやトウモロコシなどです。

では、あげてはいけないエサもあるので紹介します。

それは、アセビやトウゴマ、レンゲツツジ、キンポウゲ、ヒナゲシ、ジャガイモの芽やエニシダ、トリカブトなどです。

ヤギは何でも口にするので注意してください。
ヤギは紙を食べてしまう事もありますよね。喉に詰まっては大変なので与えないでください。

ヤギにはあげてはいけないエサがあるので、エサを与える時は気をつけましょう。