文鳥が餌を食べにくそうにしている?餌入れの底上げをしてみよう

文鳥のケージについてきた餌入れを使用していると、深さがあるため文鳥が食べにくそうに感じる場合があります。

そんな時に考えられる対処方法が底上げ。ここでは簡単にできる底上げ方法や、プラ板を使用して作る底上げなど、いろいろな底上げ方法をご紹介いたします。

食べやすさを重視して、餌入れを底上げしても文鳥が餌を食べない場合は、今までと違う餌入れに警戒をしている可能性があります。その点にも注意して底上げを行ってください

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

猫が出産する時間帯とは?出産前の行動や準備について

猫の出産はどのくらいの時間帯が多いのでしょうか?出産というと、なんとなく夜中や朝方というイメージがあ...

メダカの水槽の濁りとる方法!原因を知って濁りを綺麗にしよう

メダカを飼育している人の中には、水槽が濁ってしまいその濁りとる方法を知りたいという人もいるのではない...

【クワガタの温度管理】日本の暑い夏を乗り切るための方法とは

クワガタは夏に活動しているから、気温が高くても問題ないと思われてしまいますが、実は夏こそ温度管理が必...

子猫のケージは手作り。ワイヤーネットやすのこを使った方法

子猫を飼う場合には子猫を入れるケージが必要になります。ケージはペットショプやホームセンターで...

グッピーの繁殖力は高くすぐに何匹でも産むので注意が必要です

グッピーを繁殖させようと考えている方も多いと思いますが、注意したいのが繁殖能力の高さです。繁...

インコの保温には湯たんぽが使える。ビニールで保温効果アップ

インコが寒そうにしていたり、体調が悪そうな時はインコを温かい環境においてあげたいものです。イ...

うずらの飼育は屋外飼育が可能でも、鳴き声等の注意したい事

うずらを飼ってみたいけれど、屋外でも飼育は出来るのでしょうか。結論からいいますとうずらは屋外...

【チャボの飼育方法】室内で飼う場合に注意するポイントとは

日本の天然記念物となっているチャボ。ペットとして飼っている人も多く、ニワトリよりも小さいので飼育しや...

金魚の水槽に白い浮遊物があるのはどうして?理由と対処方法

金魚の水槽に白い浮遊物がでたときにはどんな対処をしたらいいのでしょうか?とくに水槽を立ち上げ...

イトトンボのヤゴを飼う時に与えるエサと注意点について解説!

イトトンボの幼虫であるヤゴを飼いたいと考えた場合、あの細い体にどんなエサを与えればいいのか迷ってしま...

ベタの平均寿命とは?老衰症状が出た場合の注意点について

若い時は元気に水槽の中を泳いているベタ。少しでも長生きしてもらってかわいい姿を見ていたいですよね。...

文鳥のぐぜりはいつから始まる?その時期と特徴について解説

オスの文鳥のさえずりの練習である「ぐぜり」。 雛の時期から練習を始めると言われていますが、実際にいつ...

ミナミヌマエビとメダカの稚魚の混泳と混泳のメリットを解説

ミナミヌマエビとメダカを混泳させようと思っているとき、メダカの稚魚がミナミヌマエビに食べられてしまう...

熊が冬眠する場所とは?クマがいそうなところには近づかない

熊が冬眠するのはどんな場所が多いのでしょうか?秋の山は、きのこや栗などの山菜採りに出かける人はぜひ気...

熱帯魚の水温管理!冬は最低気温に注意して飼育しよう

熱帯魚はその文字通り熱帯地方の魚なので、季節によって気温が違う日本で飼育する場合は水槽の水温管理をし...

スポンサーリンク

文鳥の餌入れを100均グッズをつかって簡単に底上げする方法

鳥小屋は鳥が生活をし易いように設計されてはいるのでしょうが、鳥の大きさによっては合っていない場合があります。

エサ入れが深すぎて食べる時に縁に止まると殆ど逆さまにならないと食べられなかったり、エサ入れの中に片足を入れないと届かなかったりする場合があります。毎日頻繁に食べる必要があるエサでそれはかわいそうなので、底上げをして改善してあげましょう。

底上げをするには色々な方法があります。

クッションマットで底上げ

クッションマットは100均でも売っている厚みと弾力性のあるマットです。

ある程度の防水性があるので、定期的に交換してあげると清潔に使用する事ができるでしょう。

  1. まずはエサ入れの底の大きさよりも少し大きくクッションマットを切ります。
  2. そうしてエサ入れにぎゅっと押し込んでみます。
大きく切って押し込み隙間が出来ないようにする事がポイントです。

隙間にエサが入るようでは古いエサが残り不衛生になります。

それを防ぐためには毎回クッションマットを外して掃除をしなければならないので手間となります。

ぎゅっと押し込んで隙間を出来ないようにすると、エサの入れ替えが楽になります。

底上げする高さはクッションマットを入れる枚数で変えられるので、与えてみて上手くない場合には簡単に高さを調節しなおすことができます。

文鳥の餌入れをプラ板をつかって底上げする方法

うちの文鳥はエサを食べる時にクッションマットまで突いてしまって一緒に食べてしまわないか心配…。

クッションマットでは汚れが付着しやすく頻繁に交換が必要である。

こんなときにはプラ板での底上げをおすすめします。

  1. プラ板を用意して、エサ入れの底上げしたい位置の大きさに合わせて印を付けます。
  2. その周囲の4辺にえさ入れの側面に貼り付ける部分ののりしろを1cm程度の幅で付けて切り取ります。
  3. 底となる部分とのりしろとの境目をしっかりと定規などを当てて折り目を付けます。
  4. そうしてエサ入れに入れてのりしろの部分をセロテープで貼り付けます。

エサを入れる部分にセロテープが付くのが気になる場合にはのりしろの部分を下に折り、底上げする底よりも下側で貼り付けます。

ただ、その場合にはプラ板とエサ箱の隙間にエサのカスなどが入ってしまう場合があります。

できるだけプラ板ぴったりのサイズに切って隙間が出来ないようにすることと、エサのカスなどが隙間に入ってしまった場合には念入りに掃除をするように心掛けましょう。

文鳥の餌入れを家にあるものをつかって底上げ

家にあるものを利用して底上げをする場合には、お菓子箱がおすすめです。
贈答品用に利用するような紙で作られた丈夫なお菓子箱にはかなり耐久性があります。

エサ箱に合った大きさの箱があればそれを貼り付けるだけでできます。

しかし、そうそうぴったりのサイズの箱は無いので、角の部分だけ残して2辺はのりしろを取って切り取って使いましょう。

出来れば中が白い箱が印刷のインクの成分がなく安心でしょう。

文鳥の餌入れを手作りで底上げする際の注意点

文鳥のためと思い苦労して底上げをしても、いざエサを入れてかごに入れると警戒して近寄りもしない場合があります。

また、食べたと思ったら直ぐにやめてもう近づかないなどという場合もあります。

底上げ後の様子が以前と異なっていると怖がったり警戒する

怖がって食べなくなる場合が往々にしてあります。

そんな場合にはとりあえずは前の状態に戻してエサをあげましょう。

小鳥は身体が小さいので空腹状態が長く続くと簡単に弱ってしまいます。食べ易くしてあげようとして底上げの作業に熱中するあまり文鳥が飢えてしまっては一大事です。作業が長くかかりそうな場合には、他の怖がらない容器に入れて与えておきましょう。

底上げ後に文鳥が怖がらないように、できるだけ最初の状態から変化ないように作ることが重要

そのためにはプラ板を利用して透明なセロテープを利用することをおすすめします。

我が家では最初は水に強く丈夫であろうとビニールテープを使用してみたのですが、ビニールテープの色が悪かったようで食べてくれませんでした。セロテープに変えると食べてくれました。

文鳥の餌入れを市販品をつかって使いやすく改良する作り方

市販の小さなエサ入れを、現在の大きなエサ入れに入れて使用する方法もあります。この方法では小さなエサ入れをしっかりと大きなエサ入れに固定することが重要です。

食べている時にエサ入れがカタカタ動くと文鳥は怖がる

また、小さなエサ入れの引っ掛ける部分が針金になっている場合には、刺さってしまうという事故が起こりかねません。

文鳥の安全にもかかわることなので、小さなエサ入れが取れてしまうことが無いようにセットしましょう。
おすすめの方法は、針金で引っ掛けるタイプの小さなエサ入れを利用する方法です。

大きなエサ入れに小さなエサ入れを入れて、針金の当たる部分に穴をあけます。その穴に小さなエサ入れの針金を入れてセットする方法です。

穴の位置を適切にあけるとぴったりと動かないようにセットすることができます。

小さなエサ入れを元もとの大きなエサ入れと同じ色で揃えると違和感がなく食べてくれる可能性が高くなるでしょう。