イトトンボのヤゴを飼う時に与えるエサと注意点について解説!

イトトンボの幼虫であるヤゴを飼いたいと考えた場合、あの細い体にどんなエサを与えればいいのか迷ってしまいますよね。

ヤゴはどんなものを食べるのでしょうか?実際に育てる場合はどんな環境にしてあげるべきなのでしょうか?

イトトンボのヤゴを飼う場合に与えるエサや適した環境など飼育方法について詳しく説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

金魚の稚魚が大きくならない原因とは?育て方のコツを教えます

ペットショップやお祭りの時の金魚はもう大きくなっていますが、稚魚から自分で育ててみたいという人も多い...

ハムスターの砂浴びする時間帯と必要な理由や掃除頻度とは

ハムスターには砂浴びをする時間が必要なので、ハムスターを飼育するときは砂遊び場を用意してあげましょう...

【チャボの飼育方法】室内で飼う場合に注意するポイントとは

日本の天然記念物となっているチャボ。ペットとして飼っている人も多く、ニワトリよりも小さいので飼育しや...

金魚がパクパクするのはナゼ?底でパクパクする理由とは

金魚が底でパクパクするのはどうして?寝ている?それとも元気がないため?金魚が底でパクパクするときに考...

メダカの水槽の濁りとる方法!原因を知って濁りを綺麗にしよう

メダカを飼育している人の中には、水槽が濁ってしまいその濁りとる方法を知りたいという人もいるのではない...

亀の散歩でリードを付ける時の注意点は?亀散歩のポイント

亀をたまには外に出して散歩させようと考えた場合、気になるのが脱走です。脱走させないためにもリ...

猫が出産する時間帯とは?出産前の行動や準備について

猫の出産はどのくらいの時間帯が多いのでしょうか?出産というと、なんとなく夜中や朝方というイメージがあ...

ミナミヌマエビとメダカの稚魚の混泳と混泳のメリットを解説

ミナミヌマエビとメダカを混泳させようと思っているとき、メダカの稚魚がミナミヌマエビに食べられてしまう...

犬は飼い主を忘れない!理由と犬の記憶について簡単に解説

犬は飼い主のことを忘れない動物です。これは、犬が飼い主と共に過ごした時間においての飼い主の匂いや姿、...

コリドラスの水槽の立ち上げ方法と注意点【初めての飼育】

コリドラスは長い鼻が特徴的で、熱帯魚好きの方に人気のある魚です。これからコリドラスを飼育したいと...

オオクワガタの産卵を成功させるポイントとペアリングの時のコツ

オオクワガタを飼育している人の中には、飼育だけでなくブリードに挑戦してみたいという人もいますよね。オ...

レオパが脱皮不全となり尻尾が剝けない…そんなときの対処方法

レオパが脱皮不全で尻尾がキレイに剝けないときにはどうしたらいいのでしょうか?手助けしてもいいのか、触...

ヤギの飼育の費用とは?ヤギを飼うときのポイントや注意点

ヤギの飼育をする場合、費用はどのくらいかかるものなのでしょうか?ヤギを購入するときの費用はい...

レオパの脱皮にかかる時間と脱皮不全を防ぐためのコツについて

レオパは種類によって1ヶ月に2回脱皮すると言われていますが、時間はどのくらいかかるのか飼い主として気...

ハムスターの鳴き声・プププと鳴く時の気持ちと鳴き声別の気持ち

ハムスターが「プププ」という鳴き声で鳴いたら、一体どんな気持ちなのか知りたくなる飼い主さんもいるので...

スポンサーリンク

イトトンボのヤゴを飼うなら、エサは何を与えるべき?

イトトンボのヤゴを飼育する際に気になるエサですが、基本的にヤゴは「小さくて生きている」ものしか食べません。

そのため、水中にいるミジンコや糸ミミズ、赤虫などを与えなければいけません。

ですが、エサの度に捕まえることは難しいと思いますので、ペットショップ等で購入するようにしましょう。

また、エサを与える際には、エサをピンセットなどで掴みイトトンボのヤゴの前で左右に動かすと食いつくと言われています。

一方で、イトトンボのヤゴを飼育する際には、可能な限り自然環境に近付けてあげるなど飼育環境にも配慮する必要があります。

水槽内には、1日程度おいた水を入れ生息していた場所の泥や砂利、水草等を入れるようにしましょう。
棒などを立て羽化した際に止まれる場所を作ってあげることも大切です。

また、水槽の設置場所は直射日光を避け、涼しい場所に設置するようにしましょう。

イトトンボとトンボの違いとは?ヤゴに与えるエサも違う?

イトトンボとトンボの大きな違いは、行動範囲が狭くトンボよりもゆったりとしているところです。
トンボは、秋頃になると人の周りなど広範囲でよく飛んでいるのを見かけますが、イトトンボは基本的に水面から離れることはありません。

イトトンボのヤゴに与えるエサは、上記でご紹介したもののような、水中にいる生きている小さいものを与えます。

また、イトトンボを飼育する際には以下の点に気をつけなければいけません。

イトトンボを飼育する水槽内に入れる水はカルキ抜きをすること

日本の水道水には、殺菌や消毒のために「次亜塩素酸カルシウム」という塩素が含まれています。
この塩素は、人間や犬や猫などの動物に害はあまりませんが、魚などの場合には害となってしまいます。

そのため、水を汲み置きしたり、中和剤を使用しカルキ抜きをする必要があります。

イトトンボが羽化したときのために、水面から棒などを立てておくこと

羽化が近くなると、ヤゴの羽が盛り上がってきます。
遅くてもその辺りまでには、水面に棒を立ててあげましょう。

イトトンボのヤゴを飼育する場合の注意点とは?エサは小さければ何でもOK?

イトトンボのヤゴを飼育する際の注意点やエサについてご紹介します。

イトトンボのヤゴは水中にいる小さな生き物をエサとして食べます。

ですが、小さければ何でも良いというわけでもなく、イトトンボのヤゴに危険が及ぶような、小魚やコガネムシなどはNGです。
当然ながら、ヤゴよりも大きな生き物も厳禁です。

基本的には、ミジンコや糸ミミズなどがオススメです。

ですが、同じものをずっと与えていると栄養面が偏ってしまう可能性もありますので、たまに違うものを与えることも大切です。

また、イトトンボのヤゴは水中にある酸素で呼吸をしているため、酸素不足や水質悪化には充分に配慮する必要があります。

ですが、エアポンプやろ過装置などの器具を用意する必要はありません。

水草などを使い、イトトンボのヤゴが快適に過ごせるような環境を整えてあげましょう。

日本にいるイトトンボは何種類?

すぐに折れてしまいそうな細い体が特徴のイトトンボですが、トンボとの大きな違いは前後で羽の大きさが異なることです。

また、日本にいるイトトンボの種類は26種類もの数がいると言われています。

その多くの種類を見極めるためには、お腹にある「エラ」がポイントです。

そこで、いくつかのイトトンボの種類をご紹介します。

  • キイトトンボ
    「エラ」の特徴は、幅広いことです。また、エラの長さは短く、先端が丸くなっているのも特徴です。
    一方で、キイトトンボと非常に似た種類で「ベニイトトンボ」という種類もいますが、ベニイトトンボは中々見つからなく見つかったらラッキーです。
  • クロイトトンボ
    「エラ」の特徴は、3つの斑点があることです。また、体全体的が粉をふいたようになるとも言われています。
  • アジアイトトンボ
    アジアイトトンボと非常に似た種類で、アオモンイトトンボがいます。アオモンイトトンボと比較すると、アジアイトトンボの方が「エラ」の幅がやや狭いと言われています。
    しかし、ヤゴにはエラの幅が太いものもいるので、素人の目で判断するのは難しいでしょう。

イトトンボのヤゴは種類を判別するのが難しい?

イトトンボのヤゴは、見た目にあまり変化がないことから、種類を容易に判断することはできません。

イトトンボのヤゴの種類を判別するためには、尾鰓という3本の尻尾の模様を見て種類を判別します。
パッと見ただけでは種類を判別することは難しいですが、この尻尾の模様をじっくりと見て種類を判別することで、今まで以上に種類を判別することができるのではないでしょうか。

ですが、上記でもご紹介したようにアジアイトトンボとアオモンイトトンボなど、中には酷似しすぎていて種類を判別できない場合もあります。

他にも、アオイトトンボとオオアオイトトンボなども見た目が非常に似ていると言われています。

そのため、種類を判別したいという方は、専門家に判別を依頼してみてはいかがでしょうか。