ヤモリが脱皮する頻度は?ヤモリの脱皮は健康のバロメーター

ヤモリはよく脱皮をする生き物ですが、どのくらいの頻度で脱皮をするのでしょうか。

ヤモリの脱皮は、人間でいう「垢」と同じだそうです。
ということは、ヤモリの脱皮は健康のバロメーターという見方もできるということ。

その証拠に、環境が悪いと脱皮する頻度も悪く、脱皮不全になってしまうことも。
脱皮不全にならないためにも、脱皮しやすい飼育環境を作っていくことが大切になります。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

インコの日光浴の方法とは?できないときはライトを使おう

インコを日光浴させなくてはいけない理由とは?ただの気分転換ということではなく、日光浴にはとても大切な...

コオロギの飼育方法とは?冬に気をつけたいのは温度や湿度

冬にコオロギの飼育をするときには、どのようなことに注意したらいいのでしょうか?飼育の方法を間...

スッポン飼育で注意したい冬眠、冬眠させないための工夫とは

健康食品として知られているスッポン。ペットとして飼育することも可能ですが、飼育する際に注意したい...

ウサギのケージの掃除の仕方と道具を紹介。頻度や選ぶポイントも

見ているだけで癒されるウサギはペットとしても人気です。ウサギは自然界では穴で暮らす生き物なので、...

水槽のエアレーションの水はね対策!水浸しにならない方法

水槽に酸素を供給するためにエアレーションを使っている方は多いですが、小さな水しぶきが飛び散りやすく、...

メダカのアクアリウムの道具が100均にある。おすすめアイテム

水の中を自由に泳ぐメダカは見ていて飽きないですね。アクアリウムが人気を集めていますが、始める...

水草に肥料は必要?エビに与える影響と肥料に与え方を解説

エビの水槽に水草を入れてる人の中には、水草の元気が無くなってしまったことで、肥料を与えた方が良いのか...

水槽のエアーポンプには掃除が必要?掃除の必要性と方法

金魚などを飼育している方は水槽にエアーポンプを設置していますよね。ちなみにエアーポンプの掃除はどうし...

カナヘビの卵にカビが生えた原因と対処法!飼育方法を紹介

飼育しているカナヘビが卵を産み、その卵にカビが生えてしまったら、一体なぜそのような状況になるのか知識...

【アカヒレの飼育】屋外の場合の注意点とコツについて説明します

初心者でも飼いやすいと言われるアカヒレですが、屋外だけではなく場所によっては屋外での飼育も可能となっ...

スッポンの飼育で餌の与え方と気をつけたい注意点や飼い方のコツ

スッポンの飼育では、餌の与え方が大切になります。スッポンを飼育する初心者だと、どんな餌を与え...

水槽の地震対策はフランジが一番?そのメリット・デメリットとは

いつ大きな地震が起こってもおかしくない現代…。そんな時のために大切な水槽の地震対策をしっかりと行って...

金魚の水槽に白い浮遊物があるのはどうして?理由と対処方法

金魚の水槽に白い浮遊物がでたときにはどんな対処をしたらいいのでしょうか?とくに水槽を立ち上げ...

メダカの飼育は発泡スチロールでできる?屋外の飼い方

屋外でメダカを飼うときにはどんな素材の水槽がいいのでしょうか?室内であればガラスやアクリル、プラスチ...

メダカの水槽の中に発生したヒルを退治する方法を説明します

メダカの水槽の中に気がついたらヒルがいるけど、どうやって退治したらいいのか悩む人が多いと言います。...

スポンサーリンク

ヤモリが脱皮する頻度と上手に脱皮ができない原因とは

ヤモリが脱皮する頻度と上手に脱皮ができない原因とは、どういったものなのでしょうか?

まず、ヤモリの脱皮する頻度についてですが、そのヤモリの個体ごとの違いや、その時の環境や気温によって異なるため、正確な周期は一概には言えないというところでしょうか。
一般的に、若いヤモリは脱皮の頻度が高く、そうではないヤモリは、長いスパンで脱皮を繰り返すようです。
脱皮をする時も、若いヤモリはスルリと一日で脱皮するのに対し、割と年を取っているヤモリは、2日かけてゆっくりと脱皮をします。

時々、若いヤモリなのに脱皮がスムーズに行かないという事もあります。
そのような状態を「脱皮不全」と呼びますが、それが起きる原因の一つが「環境」です。
飼い主は十分な住処を維持しているつもりでも、掃除が行き届いていなかったり、乾燥しているなど、湿度がヤモリにとって快適なものではなかったりすると、脱皮不全になってしまいます。

また、もう一つの原因は、「病気やケガ」です。
脱皮をしたくても、具合が悪かったり、見えないところでケガをしている場合も、十分な脱皮を行えない可能性があります。
原因がわからない時は、動物病院やペットショップなどで見てもらいましょう。

若いヤモリは脱皮する頻度や周期も多い

ヤモリの脱皮の周期や頻度には、ハッキリとした決まりや目安はわからないものの、若いヤモリは脱皮する頻度や周期も多いそうです。

ですので、一ヶ月に一度どころか、数週間に一度の割合で脱皮することも珍しくありません。
もし、脱皮の様子をカメラに収めたいのであれば、ヤモリの体の色がくすみ、膜をかけたような感じになってきたら、脱皮のサインです。
そこからあちこちにヒビが入り、脱皮が始まります。

ちなみに、ヤモリは個体によっては、脱皮した皮を食べることがあるそうです。
これは、特に珍しいことではありませんから、そのまま食べさせても問題ありません。
中には、食べない個体や、「この間は食べたのに今回は食べなかった」などの事も起こります。
そんな時は、ヤモリの住処が汚れないよに、脱皮した皮を片付けてあげましょう。

ヤモリの脱皮の頻度は健康のバロメーター

生き物が脱皮をすると、体が大きくなって、成長するイメージがありますが、ヤモリの場合は必ずしもそうではありません。
ヤモリの脱皮の頻度は健康のバロメーターと言えます。

実は、人間も脱皮を繰り返しているのですよ。
「えっ?」と思った方もいらっしゃると思いますが、人間は垢が出ますよね。
それはいわゆる新陳代謝によるものです。
人間はヤモリのようにペロッと脱皮はしませんが、皮膚の表面では緩やかに古い皮膚から新しい皮膚へと生まれ変わっているのです。
人間でも、スキンケアが間違っていたり、栄養が充分ではないと、正しい新陳代謝が行われずに、トラブル肌になってしまいますよね。

それは、ヤモリも同じことです。
環境が悪かったり、水槽が乾燥していたりすると、正常な脱皮が出来ずに、脱皮不全を起こしてしまいます。
逆に言うと、「うちのヤモリ、やたらと脱皮をしているな」と思っても、それは健康的な証拠ですので、心配する必要はありません。

元気なヤモリを選ぶコツ、特に脱皮前のヤモリは注意

ヤモリを飼ってみたいと思った時に、元気なヤモリを選ぶコツをご紹介します。
特に脱皮前のヤモリは注意ですよ。

まず、体に異常がないかチェックします。
足や尻尾、指などもすべて見て、ケガをしていないかなどを観察しましょう。
ペットショップの店員さんに生まれてどのくらいか聞くと良いです。

次に体の色です。
「この模様が格好いいから」という基準で選んでもOKですが、体の表面が白く濁っていれば、脱皮前のサインです。
脱皮前や脱皮の最中は神経質になったり、エサをあまり食べなくなってしまうため、そのデリケートなタイミングにペットショップから自宅へ引っ越しをさせると、ヤモリにストレスがかかってしまいます。
出来れば、脱皮が終わってから飼うようにしましょう。

それから、ヤモリの動きにも注意しましょう。
一見活発に動き回っているように見えても、歩き方に違和感があったり、壁や木からずり落ちているようであれば、何か足に異常があるかも知れません。

ヤモリが脱皮不全になってしまった時の対処法とは

ヤモリが脱皮不全になってしまった時の対処法とは、どのようなものなのでしょうか?

まず、ヤモリが脱皮不全になってしまう、主な原因は乾燥です。
最初に霧吹きでヤモリに水を吹きかけてみましょう。
また、水槽の水が汚れているために脱皮不全を起こしてしまうこともあります。
「よく見ると、脱皮した皮が水の中にたくさん」なんて事がないように、出来れば週に一回程度、水換えをするようにしましょう。

脱皮した皮が気になって、「皮を剥きたい!」と考える方もいらっしゃると思いますが、力任せに皮を剥いたら大変な事になります。
人間が日焼けをして皮が剥けている時の感覚を考えていただければわかりやすいでしょうか。
日焼けした皮が剥けそうだからといって、力任せに皮を剥いたら大変な事になりますよね。
それは、ヤモリも同じことです。剥けないようであれば、深追いしないようにしましょう。