砂浜にいるカニの捕まえ方とは?この方法でカニを捕まえちゃおう

砂浜のカニの捕まえるのは難しい?砂浜にいるカニの捕まえ方のコツやポイントとは?

道具がなくても、捕まえることはできますがアレがあると便利ですよ。

また、岩場でのカニの取り方、カニの釣れる場所や時間帯などを紹介します。
大人も楽しいカニ捕獲。アレがあれば、バケツの代わりにもなりそうですね。ぜひ、カニ取りに挑戦してみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

鉄のフライパンがくっつく原因とその対策と美味しい焼き方

料理の時に使うフライパン。どんなフライパンを使っていますか?焦げたりフライパンにくっついたり...

一人暮らしで使うタンスの大きさについて。

 一人暮らしを始めるにあたって、いろいろなものを用意する必要がありますよね。 その中でも、部屋の...

カエルは縁起が良いといわれる理由!カエルで幸運に遭遇しよう

カエルと聞くと気持ち悪いと思ってしまう女性は多いのではないでしょうか。ある雨の日にカエルを遭遇し...

田舎と都会の違いとは?生活や意識の違いを紹介します

田舎と都会の違いにはどんなものがあるのでしょうか?田舎は遊ぶところがない…都会はお金がかかる…とマイ...

住民票のコピーが無効となるのは?住民票について

住民票のコピーは無効なのでしょうか?写しとあるのはコピーでもよいということではありません。言...

バーベキューコンロの掃除を簡単にしたい方必見のテクニック

楽しいバーベキューの後に待っているのが、バーベキューコンロの掃除や後片付けです。バーベキューコン...

革財布のクリーニング方法!長く愛用して味のある革財布にしよう

革製品のお財布を使用している人の中には、財布の黒ずみ汚れが気になっている人もいますよね。汚れを綺麗に...

電車を停止させた場合に賠償金が請求されるケースと金額について

毎日電車で通勤している人は、いろいろなトラブルに遭遇することもあるでしょう。中でも何らかの理由で緊急...

浄水器のカートリッジは交換しないとダメ?交換時期について

浄水器のカートリッジを交換しないとどうなる?交換時期の目安とは?シンクの下に設置している浄水器の場合...

友達への誕生日プレゼント・5000円前後で女友達にプレゼント

女友達の誕生日に、どんな誕生日プレゼントを贈ればいいのか悩んでいる男性もいるのではないでしょうか。...

似顔絵には描き方のコツがある。似ている似顔絵を描く方法

似顔絵を描いたみたいけれどあまり似ていない、何かが違うと感じることはありませんか?リアルなタ...

水槽の濾過器の音が気になるときの対処方法について

水槽の濾過器音が気になるときにはどうしたらいいのでしょうか?今までは気にならなかったけれど、だんだん...

【自炊男子】一人暮らしの自炊を長続きさせるための簡単なコツ

一人暮らしの食費を節約するためには、やはり自炊生活を始めることです。仕事が遅くなったときなどには、つ...

検索の方法。意外と知らない検索方法とそのコツについて

検索の方法って30パターン位あるのをご存知ですか?知りたいことを知るのに便利なインターネット...

家の外壁を掃除したい!高圧洗浄機で洗うときの注意点

一軒家に住み始めて5年、なんだか外壁の汚れが気になるなぁ、とはいっても外壁の掃除の方法なんて聞いたこ...

スポンサーリンク

砂浜にいるカニ「スナガニ」の捕まえ方

砂浜を散策していると、意外とカニの姿見かけることが多いのに驚きます。発見してしまうと見ているだけではなく、捕まえたくなってしまいますよね。

でも砂浜でよく見かけるスナガニは、とってもスピードが早く、すぐに穴の中に逃げ込んでしまいます。

こうなると、スコップで砂浜に穴を掘ってもスナガニを見つけることが出来ません。

そこで穴に入り込んだスナガニの捕まえ方として有効なのが、カニの入り込んだ穴に乾燥して白くなった砂を入れる方法です。そうすることでカニの通った道を確実に掘り返すことが出来て、そこに潜んでいるカニもゲット出来るのです!

ぜひ、この捕まえ方試してみてください。面白いくらいにカニが取れるので子供も大人も夢中になること間違いなしです。

砂浜のカニは捕まえ方を工夫しないと捕れないのはこんな理由

どんな動物でも、野生の動物はいつも危機感を持って過ごしています。それは敵から身を守るために自然界ではごく自然なことです。

砂浜に出てくるカニだってそれは同じで、普段は夜、敵が少なくなってから行動をするのが一般的です。昼間のうちに活動をするカニは、敵が多いことを知っているので、さらに警戒心を強くして行動をしています。

そのため、人が建てる物音や危険を察知すると、それが遠くにある場合でもすばやく巣穴に逃げ込んで身の確保を優先し、巣穴でもその音が続く間は決して巣穴からでてくることはありません。逃げ込んだ後も自分の身の安全だと確認が出来るまでは、じっと危険が通り過ぎるのをまっているのです。

この事を踏まえると、カニを砂浜で見つけても簡単に捕まえることが出来ないのは、当然のことで、先述したような捕まえ方に工夫をしないと、いつまでもカニを追いかけ回すだけなのも納得が行きますよね。

砂浜カニの捕まえ方で捕まえたカニを飼ってみよう

砂浜でカニを捕まえることが出来たら、子供なら家で飼育をしたくなるのはごく自然なことです。

家で飼育する場合は、カニが住んでいた環境に近づけることが条件

スナガニは砂に穴を掘って生活をするので、水槽も深めのものを用意して砂もある程度の深さを用意します。

もちろん水槽の上までびっちり砂を入れてはいけません。
カニが砂の上にでてきて歩き回れる余裕を作って上げる必要があります。また砂を湿らせる必要があることも忘れてはいけません。
少なからず多からず適度に水分を砂に含ませましょう。

そしていよいよ飼育に欠かせないエサについてです。普段カニが食べるものをエサとしてあげるのが一番と考えてください。

魚の生切り身などを少しずつ与える、ちりめんじゃこなどをOKです。また普段野生のカニは食べることがないのですが、食パンもカニのエサとなりますよ。

ポイントは食べ残しがない程度に与える事、穴に埋め込まなくても、土の上においておくとお腹がすくとカニが地上に上がってきて、エサを食べるので心配は無用です。

岩カニの捕まえ方とは?スナガニよりも捕まえやすいかも

カニを捕まえて見る、飼育してみるという点についてスナガニを基準にしてお話をしてきましたが、釣りをする方だとカニをエサとして使用する方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そのような場合に使用するのが岩ガニ、釣り道具専門店やエサやさんで購入することも可能ですが、安価に調達をするのなら自分で捕まえるのが一番です。

捕まえ方はスナガニとは違い、岩場を探します。と言ってもむやみに探しても捕まえることは出来ません。

潮が引くときを狙って、岩場にあるゴロタ石を裏返してみましょう。そうすると岩カニが隠れているのを見つけることが出来るはずです。見つけたら逃げるすきを与えずに、一気に捕まえてくださいね。

ここでの注意点は岩場なので足を滑らせないようにすること、岩に手をかけるときは、貝などが付着していて手を切りやすいので、素手ではなく手袋を装着することをオススメします。

カニを捕まえるなら夜がオススメ!カニ釣りも楽しそう!

砂浜や岩場にいるカニを捕まえるのとは別に、しっかりと美味しくいただけるカニ釣りについてもご紹介していきます。

そう、私達の口に入る立派な大きさがあるカニは、釣りで捕まえることが出来るのです。

この場合もカニが活発に動き出すのは夜ですから、夜釣りがおすすめです。

釣りというと船で出かけるイメージがありますが、防波堤や砂浜でもカニを釣ることが出来るので、意外と手軽に釣ることが出来るのも嬉しい点です。

では釣りのポイントですが、カニはテトラポットなどの間に潜んでいるので、ライトを使って照らしてカニの存在を確認しながら釣る方法が一番確実にカニを釣ることが出来ますよ。

砂場防波堤限らず、釣りをしてもよいかは地域によって決まりがありますので、しっかりと確認をしてから行ってください。

またこのように防波堤や砂場などでカニが取れるのは、秋から冬にかけてと限られた時期となり、冬場には水温が低下することからカニも砂場から深場に移動をしてしまいます。

時間だけではなく、時期なども考慮してカニ釣りを楽しみましょう。