ユニットバスのコーキングをして隙間を修復!やり方と必要な物

ユニットバスと壁の隙間の部分にあるコーキングが長年の劣化でボロボロになってしまったり、黒いカビが生えている場合はカビ取り剤を使ってもなかなか汚れは取れないですね。

業者に頼むとキレイにはなりますが、そのためにわざわざ依頼するのももったいないです。

そこで、自分でキレイにする方法を紹介します。材料を揃えることで手軽に家のDIYが出来ますよ!

やり方の手順やポイントや必要な道具を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

男性の靴は何足必要?最低限揃えたい靴の数、理想とする靴の数

社会人男性はトータルで何足靴が必要なのでしょうか。職種にもよりますが、サラリーマンでスーツの着用...

革財布のクリーニング方法!長く愛用して味のある革財布にしよう

革製品のお財布を使用している人の中には、財布の黒ずみ汚れが気になっている人もいますよね。汚れを綺麗に...

砂浜にいるカニの捕まえ方とは?この方法でカニを捕まえちゃおう

砂浜のカニの捕まえるのは難しい?砂浜にいるカニの捕まえ方のコツやポイントとは?道具がなくても...

一人暮らしの20代女性におすすめのプレゼントと相場・注意点

これから一人暮らしをする女性に何かプレゼントを贈りたいと考えている男性の中には、一体どんなプレゼント...

鉄のフライパンがくっつく原因とその対策と美味しい焼き方

料理の時に使うフライパン。どんなフライパンを使っていますか?焦げたりフライパンにくっついたり...

値上げ告知用文書の書き方や注意点について解説【飲食店編】

物価や食材の値上げは一般家庭にとっても痛いものですが、飲食店となると客離れの可能性もあるため、文書を...

電車で変な人が隣に座ったときの対処法や迷惑行為を避ける対策

電車で変な人が隣に座ってきたときは、どう対処したらいいのか悩みますよね。例えば、嫌がらせや迷惑行...

蛇口シャワーの掃除方法とは?定期的に洗いましょう

蛇口のシャワーの掃除はどのように行えばいのでしょうか?この蛇口シャワーの部分は驚くほど汚れているんで...

本の保管をダンボールでしてはいけない訳と正しい保管方法

小説、単行本、雑誌など本好きの人ならいつの間にかたくさんの本に囲まれてしまっていませんか。本...

田舎と都会の違いとは?生活や意識の違いを紹介します

田舎と都会の違いにはどんなものがあるのでしょうか?田舎は遊ぶところがない…都会はお金がかかる…とマイ...

車のシートを自分で洗浄する方法!気になる汚れと臭いを除去

小さなお子様がいると車のシートも汚れがちです。お菓子のカスやジュースのシミ、靴の泥汚れが付いてしまう...

革靴のヒビ割れを自分で直す方法!履き慣れた靴の直し方

履き慣れたお気に入りの革靴は履く頻度も高くなり、履いているうちにヒビ割れが起こってしまう場合もありま...

電波時計の受信時間は何時間かかる?受信環境に注意しよう

電波時計は標準電波を自動的に受信し、その時刻情報によって時刻が修正されるのですが、受信時間や受信まで...

メガネとサングラスを兼用するいくつかの方法をご紹介

メガネをかけている方、サングラスはどうしていますか?サングラスをつける時はコンタクトを使用する?その...

男性が眉毛を書く時に失敗しないためにやるべきこととは

男性が眉毛を書くことは今では身だしなみの一つとなっていますが、いざ自分がやろうと思ってもどんな道具が...

スポンサーリンク

ユニットバスに出来たコーキングの隙間やカビはDIY出来ます

毎日使うお風呂場は痛むのが早く,壁や浴槽との隙間に流し込まれた『コーキング』と呼ばれるゴムのような部分が一番わかりやすく劣化します。

隙間が空いてしまっているなんてお家もあるかと思いますが、そういった部分はセルフでの修復が可能です。

コーキングと呼ばれる部分にはシリコンなどのコーキング剤が流し込まれており、湿気のある場所などを密閉してくれています。
隙間が空いてきてしまうといたみがはやくなったりもしますので、できるだけ対処できるのが望ましいです。

コーキングをセルフで行う場合にはまず、古いコーキング剤を剥がすところからスタートします。

カッターなどの鋭利なものでコーキング材を剥がすことげ出来るので、ケガに注意しつつカビが生えてしまったり割れていたりと劣化したコーキング材を剥がしていきましょう。
ちまちまと根気がいる作業になってきますので、音楽なんかかけながらのんびりと行うといいかもしれません。

いよいよユニットバスの隙間にコーキング!やり方を紹介

不要部分のコーキング材を剥がすことが出来たら、剥がしたコーキング剤はゴミとしてそれぞれお住まいの分別に従ってゴミ袋へ入れましょう。

  1. コーキングする部位はあらかじめ洗剤を使ってきれいに洗っておきます。
    目に見えない油脂などでコーキングがうまく定着しない場合などもありますので気をつけてください。
  2. 余分なコーキング剤やゴミなどが風呂場になく、洗浄も終わりきれいな状態になってから、コーキング剤を打っていきます。
  3. コーキング材を打つ場所を決めたらマスキングテープではみ出ないように養生します。
    マスキングテープとテープの間にコーキング材を流し込むことになるので、なるべくテープの間の幅は一定である方がきれいに仕上がります。
    これが綺麗にできるとすべてがうまくいきますので、ここはしっかりと行いましょう。
  4. マスキングテープが貼れたらコーキング材をコーキングガンにセットして、コーキング材を打っていきます。
    コーキング材の容器はカッターなどで斜めに口を切ればOKです。
  5. ノズル部分を押しながらニュルニュルと隙間を埋めるイメージでコーキング材を流し込んでいきます。
  6. 打ったコーキング剤はヘラを使ってスーッとなぞってあげると隙間に入り込み密着してくれるため、仕上がりをきれいにしたい方はヘラを使いましょう。
  7. 必要な部分にコーキング材を流し込み、ヘラで慣らし終わったらマスキングテープを剥がし乾燥するまで放置します。

表面が乾燥するまでには半日はかかってしまうので、気長に待ちましょう。

ユニットバスの隙間のコーキングに必要なものや道具

ユニットバスのコーキングをする際に必要な材料

  • マスキングテープ(塗装用などのものがおすすめです。)
  • シリコン系コーキング剤(耐水性のものを選びましょう。)
  • コーキングガン
  • コーキングヘラ

この材料が必要になります。

マスキングテープはおしゃれのためのものでなく、黄色い業務用という出で立ちのしっかりとしたものがいいと思います。

コーキング剤はカラーがたくさんあり、浴室にあった色のものを探せるくらいにあると思うのでお好みのものを使ってコーキングしましょう。
耐水性と明記してあるものはお風呂場に最適ですので、そうした部分も注意して選定してください。

コーキングガンはプロ仕様にすら見えるすこし大掛かりな道具ですが、これがないとコーキングは行えないためぜひ手に入れておきましょう。
コーキングガンなしではコーキング剤を絞り出せません。

コーキングヘラはコーキングを行う際に使用する専用のヘラです。
仕上がりが綺麗になるだけでなく、隙間の奥までしっかりと密着させることが出来るのでコーキングをセルフで行うのであれば、持っていたほうがいいでしょう。

どんなモノがいいの?コーキング材の選び方

コーキング剤には耐水性のものがあると前述しましたがコーキング剤にはさらに種類があります。

その種類は主に4種類で『シリコンコーク』『変形シリコン』『ウレタンコーク』『アクリルコーク』の4つに分かれています。

この4つのうち一番使用しやすいものが、耐久性がそこそこで塗装もできて汚染しにくい『変形シリコン』という種類のものになります。

ですがコーキング剤によっては乾く時間や弾力性に違いがあります。
特徴について少し説明しますね。

『シリコンコーク』
耐久性・耐候性・耐熱性・耐水性のどれもが優れており、安価なため最もメジャーなコーキング剤です。
上から塗装を行えないため内装に使用されることがほとんどです。
使用用途はアルミサッシやガラス、風呂場やトイレ、塗装の必要がない目地です。

『変形シリコン』
上からの塗装が可能な上、シリコンコークと同じくカラーが豊富なコーキング剤です。
塗装などを行わなくても充分な耐久性を持ちます。
優秀なコーキング剤ですが、密着性や耐久性が他より少々低く値段も高めです。
使用用途は内装、外装の目地や風呂場などの水回り、コンクリートのひび割れ補修などにも使われます。

『ウレタンコーク』
外装の塗替え時に使用されることが多いコーキング剤です。
硬化するとゴムのような弾力が生まれ耐久性に富んでいます。
変形シリコンよりも安く、材料との密着性や弾力性も高いためメリットもありますが紫外線に弱く必ず塗装が必要になります。
使用用途はコンクリートの目地やひび割れ補修、金属の目地などにも使用されます。

『アクリルコーク』
水性系で作業がしやすいコーキング剤です。
硬化したときに肉痩せしやすく耐久性が低いため、湿った場所でも加工できますがリフォームなどにはあまり向かないでしょう。
使用用途は合板や下地板の目地、クロスや内装などに使われます。

コーキング剤にはこうした種類があるため、特徴を見極めお風呂に限らずどこをコーキングしたいかで選ぶ必要があります。

シーリングとコーキングって何が違うの?

コーキングとシーリング、耳にしたことのある方も多いかと思います。

このふたつは実は同じ作業のことを指していることがほとんどです。
運動と言うかスポーツと言うかというような違いがあるだけで、中身に大きな違いはないようです。

ですが似て非なるものという部分もあるようなので、実際に現場で使っている人たちの使い分けはどこなのかということを紹介します。

そもそもこうした呼び方の違いのようなものが生まれたのは、『コーキングとシーリングの定義』にあります。

その定義というのが、『油性のコーキング材の呼び名は油性のコーキング材、それ以外のものはシーリング材』という内容のものです。

これが発端でシーリングと呼ぶ人とコーキングと呼ぶ人が生まれてしまったわけですが、時代の変化とともに油性のコーキング材は使用されなくなり、
現在ではほぼシーリング材でコーキングが行われています。

つまり過去に油性のコーキング材を使用していた場所のシーリング工事をコーキングと呼んでいるということになります。

なので違いとしてはほぼ無い、と思っていいものということになります。