文鳥のぐぜりはいつから始まる?その時期と特徴について解説

オスの文鳥のさえずりの練習である「ぐぜり」。 雛の時期から練習を始めると言われていますが、実際にいつから始まるのか気になりますよね。

ペットショップへ行っても、オスかメスかは「ぐぜり」が始まらないとわからないといいますが、「ぐぜり」はどんな鳴き声なのでしょうか?

オスの文鳥の「ぐぜり」はいつから始まるのか?そして鳴き声の種類について説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

インコの日光浴の方法とは?できないときはライトを使おう

インコを日光浴させなくてはいけない理由とは?ただの気分転換ということではなく、日光浴にはとても大切な...

金魚がパクパクするのはナゼ?底でパクパクする理由とは

金魚が底でパクパクするのはどうして?寝ている?それとも元気がないため?金魚が底でパクパクするときに考...

グッピーは出産後もお腹に精子を溜める!グッピーの出産について

グッピーの繁殖に挑戦しているという人もいるのではないでしょうか。まだ繁殖挑戦し始めたばかりだと、出産...

グッピーの繁殖力は高くすぐに何匹でも産むので注意が必要です

グッピーを繁殖させようと考えている方も多いと思いますが、注意したいのが繁殖能力の高さです。繁...

カナヘビの卵を孵化させる方法!注意点や管理方法・準備するもの

カナヘビの卵を上手に孵化させたいと考えている飼い主さんの中には、今までカナヘビの卵を孵化させた経験が...

ウーパールーパーが水草を食べる理由とその必要性について

ウーパールーパーの水槽に水草を入れていると、その水草をウーパールーパーが食べることもあるため驚いてし...

レオパの脱皮にかかる時間と脱皮不全を防ぐためのコツについて

レオパは種類によって1ヶ月に2回脱皮すると言われていますが、時間はどのくらいかかるのか飼い主として気...

硝酸塩が発生する理由と水槽内の濃度を下げる方法

水槽内の硝酸塩が増えすぎると注意が必要です。アンモニアほどではありませんが、多過ぎる硝酸塩は、サンゴ...

ヤギの飼育の費用とは?ヤギを飼うときのポイントや注意点

ヤギの飼育をする場合、費用はどのくらいかかるものなのでしょうか?ヤギを購入するときの費用はい...

犬が去勢するリスクとは?ゼロではない全身麻酔によるリスク

犬を迎えた時に考える去勢ですが、去勢手術をする前にどんなリスクがあるのかを知っておくことはとても大切...

水槽のエアーポンプには掃除が必要?掃除の必要性と方法

金魚などを飼育している方は水槽にエアーポンプを設置していますよね。ちなみにエアーポンプの掃除はどうし...

ハムスターの交配は組み合わせが重要!異種交配は絶対に避けよう

ハムスターの交配では組み合わせによって奇形が生まれてしまったり、病気を引き起こしてしまう事があります...

メダカの水槽に拾った貝殻を入れる時の注意点と入れてはNGな物

メダカは小学校の教室や家庭のペッとして一度は飼ったり、飼育しているのを見かけたことがあるのではないで...

水槽に白い虫発生!小さいものなら害なし?その正体を明かします

熱帯魚などを飼っていると、水槽に小さい白い虫がついていることがありますよね。その気持ち悪さに...

子猫のケージは手作り。ワイヤーネットやすのこを使った方法

子猫を飼う場合には子猫を入れるケージが必要になります。ケージはペットショプやホームセンターで...

スポンサーリンク

文鳥のぐぜりはいつから始まる?

文鳥が幼鳥の頃にするさえずりの練習のことを「ぐぜり」と言いますが、そのぐぜりをする時期は文鳥によっても異なり、平均的には生後3ヶ月頃からが一般的です。

また、このぐぜりはオスの幼鳥のみで、性別がメスの場合はぐずりが出ることはないと言われています。

文鳥がぐぜりを始めると「キュルキュル」や「グチュグチュ」のような鳴き声を出すようになります。

こういった鳴き声が聞こえた時には、文鳥がぐぜりの練習を始めたサインです。

体の異変などではなく、さえずりの練習ですので優しく見守ってあげましょう。

一方で、ウグイスなど文鳥以外の鳥にもぐぜりはあります。

一度は耳にしたことがあるウグイスの鳴き声「ホーホケキョ」ですが、ぐぜりが始まると「ホーホケ」や「ケキョ」のような鳴き声を出すようになるようです。

文鳥のぐぜりはいつから?それでオスかメスかがわかる?

文鳥は、見た目でオスかメスかを確実に見極めることはできませんが、さえずりの有無によって見極めることができます。

さえずりをする文鳥は「オス」のみです。

そのため、ぐぜりを始める生後3ヶ月頃に文鳥のことをよく観察することで、文鳥の性別を判断することが可能です。

文鳥により個体差はありますが、生後半年頃を迎えても「ピッ」や「チッ」のような短い鳴き声しか出さない場合には、メスである可能性が高いでしょう。

また、文鳥が出すさえずりは文鳥によってそれぞれで、オスの文鳥が全て同じさえずりをするとは限りません。

文鳥の出すさえずりは、飼育環境等に影響を受けて鳴き方が決まると言われています。

そのため、色々なオスの文鳥を飼育することで、様々なさえずりを聞くことができるでしょう。

文鳥のぐぜりはいつからとははっきり言えない?早い場合も

オスの文鳥はメスの文鳥に求愛するときに、さえずりをしながら「ピョンピョン」と跳ね求愛をしますよね。

そんなさえずりを覚えるための練習である「ぐぜり」ですが、ぐぜりが始まる時期は文鳥により様々です。

文鳥のぐぜりは、一般的に生後3ヶ月頃から始まることが多いですが、はっきりといつから始まるとは言い切れません。

中には、早い場合で生後2ヶ月頃から、遅い場合で生後5ヶ月頃からなど、ぐぜりを始める時期は、文鳥により個体差があるようです。

また、ぐぜりを始める時間帯は「午後」である場合も多いようで、うとうとしながらぐぜりの練習をする場合があるかもしれません。

飼い主さんがお仕事を終え帰宅すると、「初めてのぐぜりを聞きたかったのに既にぐぜりが始まっていた…。」なんて、どこか悲しいような思いをすることもあるかもしれませんね。

ぐぜりをするオスの文鳥の特徴とは?

ぐぜりをするオスの文鳥の特徴をご紹介します。

オスの文鳥の特徴について

メスとの大きな違いは、身体の大きさです。

オスの文鳥は、メスと比較しても体重が重く、25g以上ある場合にはオスである可能性が高いでしょう。

その他にも以下のような特徴がある場合には、オスの文鳥である可能性が高いです。

  • 頭の形が四角く平ら
  • 目やアイリングが太い
  • アイリングの色が赤くはっきりと濃い
  • 目の形が切れ長
  • 上のくちばしのアーチが高く、丸く盛り上がっている
  • くちばしの色が赤く濃い
  • 頬の肉付きが良い
  • 足が太く指も大きい

オスの文鳥には上記のような特徴がありますが、雛の頃は見た目に殆ど差がないため「ぐぜり」の有無で性別を判断しなければいけません。

また、栄養状態に問題があるとくちばしの赤色が薄くなることもありますので、一概に言い切ることはできません。

そのため、「オスの文鳥を飼いたい!」「メスの文鳥が良い!」などの性別の希望がある場合には、成鳥を飼うことをオススメします。

文鳥の鳴き方にはいろいろな種類があります

上記でもご紹介しましたが、文鳥のさえずりには様々な鳴き方があるように、鳴き声にも様々な種類があります。

そこで、鳴き声の種類と鳴き声の意味についてご紹介します。

文鳥の鳴き声の種類と意味について

  • 「ピッピッ」
    強めにこのように鳴く場合には、飼い主さんに呼びかけていることが多いです。ゲージから外に出して欲しいときや、飼い主さんが帰宅して嬉しいときなどにこのような鳴き声をあげることがあります。
  • 「ホミッホミッ」
    このような鳴き方をするときは、「お願いだから~」と飼い主さんに甘えている場合と、「それどうしたの~?」と飼い主さんの持っているものに関心を持っている場合があります。上記の場合よりも、少し柔らかめな感じであるでしょう。
  • 「キャルルル」
    この鳴き声をあげるときは、威嚇の場合です。文鳥が遊んでいたものを取り上げたなど、文鳥を怒らせるようなことをした場合にこのような鳴き声をだします。本気で怒ると強く噛まれることもありますので、注意が必要です。