金魚の水槽に白い浮遊物があるのはどうして?理由と対処方法

金魚の水槽に白い浮遊物がでたときにはどんな対処をしたらいいのでしょうか?

とくに水槽を立ち上げたときには、白い浮遊物がでやすいそうです。原因はひとつではないのでチェックしてみてください。白い浮遊物を取るときにはどんなことに気をつけたらいいのでしょう?

金魚の水槽をクリアに保つポイントやコツを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

グッピーのメスが動かない原因は?出産の兆候と対処法を解説

飼育しているグッピーのメスが水槽の中で動かないとき、一体どんなことが原因で動かないのか心配になってし...

犬が去勢するリスクとは?ゼロではない全身麻酔によるリスク

犬を迎えた時に考える去勢ですが、去勢手術をする前にどんなリスクがあるのかを知っておくことはとても大切...

熊が冬眠する場所とは?クマがいそうなところには近づかない

熊が冬眠するのはどんな場所が多いのでしょうか?秋の山は、きのこや栗などの山菜採りに出かける人はぜひ気...

水槽にミジンコが発生!駆除したほうが良い?ミジンコは餌になる

ふと気がつくと、水槽の中にミジンコが発生していることに気がつくこともあります。ミジンコが発生...

金魚の稚魚の育て方!水槽の水換え方法と注意点を解説

「金魚の稚魚を飼育しているけど、水換え方法がいまいちよくわからない」「成魚と同じ水換え方法でもいいか...

ヤギの飼育の費用とは?ヤギを飼うときのポイントや注意点

ヤギの飼育をする場合、費用はどのくらいかかるものなのでしょうか?ヤギを購入するときの費用はい...

水槽のフィルターで静音なものとは?選び方を紹介します

水槽のフィルターで静音なものとは?寝室に置く水槽はできるだけ、静かなものがいいですよね。そん...

レオパの脱皮にかかる時間と脱皮不全を防ぐためのコツについて

レオパは種類によって1ヶ月に2回脱皮すると言われていますが、時間はどのくらいかかるのか飼い主として気...

ハムスターの砂浴びする時間帯と必要な理由や掃除頻度とは

ハムスターには砂浴びをする時間が必要なので、ハムスターを飼育するときは砂遊び場を用意してあげましょう...

メダカの水合わせに失敗しない水合わせの方法と手順・注意点

メダカを購入した時は、水合わせをして新しい飼育環境にメダカを慣れさせる必要があります。これは、購入し...

熱帯魚の水温管理!冬は最低気温に注意して飼育しよう

熱帯魚はその文字通り熱帯地方の魚なので、季節によって気温が違う日本で飼育する場合は水槽の水温管理をし...

うずらの飼育は屋外飼育が可能でも、鳴き声等の注意したい事

うずらを飼ってみたいけれど、屋外でも飼育は出来るのでしょうか。結論からいいますとうずらは屋外...

天敵ヤゴからメダカを守るための駆除方法と予防策

屋外でメダカを飼育しているなら特に注意したい天敵、それがヤゴです。ヤゴを駆除しなければ、メダカはすぐ...

メダカの水槽の中に発生したヒルを退治する方法を説明します

メダカの水槽の中に気がついたらヒルがいるけど、どうやって退治したらいいのか悩む人が多いと言います。...

亀の散歩でリードを付ける時の注意点は?亀散歩のポイント

亀をたまには外に出して散歩させようと考えた場合、気になるのが脱走です。脱走させないためにもリ...

スポンサーリンク

金魚の水槽に白い浮遊物が。放っておいていいの?

金魚の水槽を立ち上げた後、すぐは「白い浮遊物」が出やすいと言われています。

水槽立ち上げ時に、市販のバクテリア添加剤を使用しませんでしたか?

もし、添加剤を使用して水槽の立ち上げを行い、すぐに白い浮遊物が出てしまった場合には、「バクテリア」が原因の可能性が高いでしょう。

バクテリア添加剤を使用した水槽の立ち上げ直後の水槽内は、多くのバクテリアが存在しています。

そうしたバクテリアは、自分の陣地を取るためにバクテリア同士で争いをするのですが、陣地を取ることができなかったバクテリア、つまり、底床や濾材に定着に失敗したバクテリアが水槽内を彷徨ってしまうのです。

その結果、水槽内に白い浮遊物が出てしまい、またエアチューブ等にも付着してしまうのです。

そんなバクテリアですが、基本的には、放っておいても金魚に害はありません。
またバクテリア同士の争いが落ち着くと自然に消えることが殆どです。

しかし、気になるという方は手で洗い落とすのが良いでしょう。

金魚の水槽で白い浮遊物バクテリアの量を調整しよう

金魚の水槽内で白い浮遊物(バクテリア)が浮いていることがあると思います。

上記では、水槽立ち上げ直後のバクテリア同士の陣取り争いが原因であることをご紹介しましたが、中には、バクテリアの死骸である可能性もあります。

ですが、白い浮遊物の原因がバクテリアの死骸である場合には、水槽立ち上げから日数が経過していることです。

  • 外部フィルターは洗っていますか?
  • 水槽内の水は定期的に交換していますか?

これらのことを怠ってしまうとバクテリアは生きることが難しく、結果として白い浮遊物(死骸)になってしまいます。

バクテリアは、水槽内の水を綺麗にしたりアンモニアを分解したりなど、金魚が水槽内で生きるために大切な役割を担っています。

そんなバクテリアが死んでしまっては、金魚の命にも関わることになりかねませんので、バクテリアが死んでしまう場合には原因を突き止め改善する必要があります。

  • 水温の管理
  • 硬度やph値、塩素量などの水質の変化

上記以外にも、バクテリアが死んでしまう原因は様々なことが考えられますが、まずは水温と水質の状態を適切な状態に保つことが大切です。

金魚の水槽の白い浮遊物はタンパク質立ち上げしたときになりやすい

水槽内に「油膜」が多くなると、白い浮遊物となって水槽内に出ることがあります。

この油膜の主な成分は、「タンパク質」です。

ですので、水槽内に油分を持ち込んでいない場合でも、タンパク質が水面を覆ってしまうと水中から逃げることができない酸素が、白く泡のように残ってしまいます。

油膜の主な成分であるタンパク質は、水槽内の餌の食べ残しやバクテリアの死骸などから生成されます。

そのため、白い浮遊物を作らないためには、油膜を極力作らないようにしなければいけません。

油膜対策として最も大切なことは、「餌を与えすぎないこと」です。

先述したように、水槽内にある餌の食べ残しは、油膜の主な成分であるタンパク質を生成させてしまう原因となってしまいます。

餌を与える際は、金魚の様子を観察しながら適切な量を与えるようにしましょう。

金魚の水槽が白くなるのを防ぐには?

金魚の水槽が白くなるのを防ぐための対策は「フィルターを強化すること」です。

水槽内に白い浮遊物が出てしまったり、水槽内が白くなってしまうことの原因は、バクテリアの増加であることをご紹介しましたが、そのバクテリアが最も定着する場所は「フィルター」や「濾材」であると言われています。

水槽内にいるバクテリアの数に対してフィルターの大きさが小さすぎると、バクテリアが住み着く場所が無くなってしまい、水槽内が白く濁ってしまう原因となります。

そのため、フィルターの大きさを一回り大きくするなどの対策で、濁りを解決することができるでしょう。

また、フィルターを設置していないという方は、フィルターを設置することで改善されるはずです。

金魚の水槽内が濁ってしまうのを防止するには、水槽の大きさにあわせたフィルターを用意することが大切です。

金魚の水槽の白い浮遊物を取る方法

金魚の水槽内の白い浮遊物を取る方法をご紹介します。

ですが、一時的な解決法になるため、とりあえず今の状況をなんとかしたい!という方にはオススメです。
根本的に解決したい場合には違う方法を試すようにしましょう。

金魚の水槽内の白い浮遊物を取る方法

まずは、新聞紙やキッチンペーパー等を用意し以下を進めてください。

  1. 新聞紙等を水槽内に浮かべます。
  2. 数秒経過後、新聞紙を新しいものに交換し水槽内に浮かべます。
  3. 上記の工程を何度か繰り返します。

上記を行うことで、一時的ではありますが、白い浮遊部を取り除くことができます。

また、金魚の白い浮遊物の原因の一つである油膜を作らないために、栄養素を消費量が多い水草を入れることも効果的です。

しかし、消費量の高すぎる水草は悪環境に繋がりますので、注意が必要です。