セキセイインコの止まり木を手作りする時の注意点と簡単な方法

セキセイインコには止まり木が必要です。

色々なタイプのものが市販されていますが、かわいいインコのために手作りを考える方もいるでしょう。

止まり木を手作りするときには、使う木材に注意が必要です。インコにとって有害な木材があるのです。

市販されているものに少しだけ手を加えて、手作り出来る方法も紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【チャボの飼育方法】室内で飼う場合に注意するポイントとは

日本の天然記念物となっているチャボ。ペットとして飼っている人も多く、ニワトリよりも小さいので飼育しや...

メダカのアクアリウムの道具が100均にある。おすすめアイテム

水の中を自由に泳ぐメダカは見ていて飽きないですね。アクアリウムが人気を集めていますが、始める...

オオクワガタの産卵を成功させるポイントとペアリングの時のコツ

オオクワガタを飼育している人の中には、飼育だけでなくブリードに挑戦してみたいという人もいますよね。オ...

ベタの繁殖時期と繁殖方法は?繁殖期のオスの特徴とメスの特徴

ベタの飼育をしている人の中には、ベタの繁殖に挑戦しようと思っている人もいるのではないでしょうか。繁殖...

セキセイインコのオスとメスの性格の違いや判別方法を紹介

セキセイインコは人懐っこいの性格なのでペットとしても人気がありますね。また好奇心が強い性格でもあ...

レオパは脱皮を食べるの?レオパの脱皮方法とその注意点

レオパは脱皮をした皮を食べるって知っていますか?レオパは脱皮を繰り返しながら成長していくのですが...

天敵ヤゴからメダカを守るための駆除方法と予防策

屋外でメダカを飼育しているなら特に注意したい天敵、それがヤゴです。ヤゴを駆除しなければ、メダカはすぐ...

インコの保温には湯たんぽが使える。ビニールで保温効果アップ

インコが寒そうにしていたり、体調が悪そうな時はインコを温かい環境においてあげたいものです。イ...

ハムスターの砂浴びする時間帯と必要な理由や掃除頻度とは

ハムスターには砂浴びをする時間が必要なので、ハムスターを飼育するときは砂遊び場を用意してあげましょう...

ベタのヒーターはいつから入れたらいい?ベタの飼育の方法

ベタのヒーターはいつから必要でいつからいらなくなる?暖かくなるときや寒くなるとき、いくくらいからヒー...

コオロギを飼育するときに水は必要?コオロギの飼い方

コオロギを飼育するときに水はどのように与えたらいいのでしょうか?霧吹きで水を与えてしまうとコオロギの...

メダカの水槽の濁りとる方法!原因を知って濁りを綺麗にしよう

メダカを飼育している人の中には、水槽が濁ってしまいその濁りとる方法を知りたいという人もいるのではない...

熊が冬眠する場所とは?クマがいそうなところには近づかない

熊が冬眠するのはどんな場所が多いのでしょうか?秋の山は、きのこや栗などの山菜採りに出かける人はぜひ気...

金魚がパクパクするのはナゼ?底でパクパクする理由とは

金魚が底でパクパクするのはどうして?寝ている?それとも元気がないため?金魚が底でパクパクするときに考...

ヤギの飼育の費用とは?ヤギを飼うときのポイントや注意点

ヤギの飼育をする場合、費用はどのくらいかかるものなのでしょうか?ヤギを購入するときの費用はい...

スポンサーリンク

セキセイインコの止まり木を手作りする場合に使わないほうがいい木材

なにかペットがほしいなと思い、セキセイインコを飼おうと思っている人はいませんか?

セキセイインコを飼う時に必要な止まり木ですが、これは手作りする事もできます。
これから飼うかわいいセキセイインコのために、止まり木を手作りしてあげませんか?

セキセイインコの止まり木を手作りするときの注意点

止まり木に使用する木についてですが、自然の木を利用して止まり木にする場合、シラカバや柳、クロモジ、柏、栗、けやきなどがおすすめです。

桜やトチノキ、藤などは使わないようにしましょう。

また、天然の木は農薬や、害虫についても気をつけてください。
止まり木に使用する前によく洗って、熱湯で消毒して、日光消毒もしましょう。

止まり木は、市販されているものもありますが交換の目安は、止まり木が細くなった時です。
そしてプラスチック製の止まり木もありますが、良い点は、洗うことができ衛生的な事です。
しかし、インコは止まり木をかじるので、その点を心配するならかじっても大丈夫な木製を選ぶと良いですよ。

セキセイインコの止まり木を手作りする場合は煮沸・日光消毒を

セキセイインコの止まり木を手作りする時には、シラカバや柳などがオススメで、桜やトチノキ、藤などは使わないようにしてくださいとお伝えしました。

守ってほしい事は、止まり木を手作りする場合は、その木がインコに有害ではないかを調べておく事です。
また、天然の木は農薬や、害虫についても気をつけてくださいとも言いましたよね?
煮沸消毒、日光消毒をきちんと行わなければいけませんよ。

この事に気をつけて、止まり木を作ったら、ケージに止まり木を入れる時は、最初1本から入れてあげましょう。場所は餌箱の近くがいいですよ。

1本から入れたほうがいい理由は、もし最初から2本止まり木を入れると、奥にある止まり木にばかりセキセイインコが止まって、あなたとの距離を置くようになってしまう可能性があるからです。

止まり木の太さについては、前指と、後指の間が数ミリ空く程度がいいですよ。
インコにとって大切な止まり木なので、手作りする時は、その木材がインコに有害ではないかを調べておく事、そして煮沸消毒、日光消毒をきちんと行う事、また止まり木の本数や太さについても気をつけるようにしてください。

セキセイインコの止まり木を百均で手作り

セキセイインコの止まり木を百均で材料を揃えて手作りしてみませんか?

あると便利な、スタンド型の止まり木が作れますよ。
放鳥中にちょっと止まっていてほしい時にあると、便利な止まり木です。

百均にマグカップホルダーがありますよね。
このマグカップホルダーの支柱を、ノコギリで短くカットして、止まり木として使用します。
しかし、ノコギリでカットする手間がちょっと面倒に思う事もあるでしょう。

それなら木製のお皿立てを使用してみませんか?
これはノコギリでカットする必要もありません。もちろん百均で売っています。

この木製のお皿立てをひっくり返してみると…止まり木として使えちゃうのです。
サイズもちょうどよくて、安定感もあります。

さっそく百均へ行ってみたくなりませんか?

セキセイインコのケージや止まり木の掃除方法

セキセイインコのケージや止まり木の掃除方法も知っておきましょう。

効率的な掃除方法を紹介します。
掃除は毎日、そして週に1回、月に1回にやる掃除があります。

毎日の掃除は、ケージの底の敷き紙の取り換える事です。
敷き紙の交換をしないと、匂いの原因になってしまいますよ。
交換する時は、セキセイインコの糞の状態を見て、健康状態をチェックしましょう。

週に1回の掃除は、ケージの金属部分についた糞の掃除と、エサ入れと水入れの掃除です。
害虫が発生しやすい餌入れは、洗って天日干ししてください。水入れも同様に掃除します。 そして、止まり木やブランコも汚れていたらキレイにしましょう。

月に1回の掃除は大掃除と思ってください。
ケージの金属部分とプラスチックの部分に分け、底のプラスチックの引き出しキレイに掃除します。
細かい部分もキレイにしましょうね。歯ブラシを使うといいですよ。

金属部分には沸騰した熱湯を30秒ぐらいかけ、細菌を死滅させ、プラスチックの部分は熱湯を入れたバケツの中に浸してください。
熱湯消毒は50~70℃のお湯に10分ぐらいを目安にしましょう。

汚れがひどい時は、台所用の洗剤を使ってもいいですが、ちゃんと水洗いしましょうね。

セキセイインコの止まり木には色々なタイプがある

セキセインコの止まり木には色々なタイプがあるのをご存知ですか?

止まり木には栄養が取れる物があります。

それがマヌブロックです。
マヌブロックとは、天然の鉱床に含まれるミネラルが含まれているので、嘴の伸びすぎを防いでくれ、栄養もとれるステキな止まり木ですよ。

デコボコがあるので足の掴む力が鍛えられます。

また、止まることで爪とぎの効果がある止まり木もあります。
これで、爪切りが必要なくなるかもしれません。
それは備長炭の止まり木です。

備長炭は消臭機能やマイナスイオンの発生などの効果もありますが、セキセイインコも喜ぶ爪とぎの効果もありますよ!

手作りの止まり木も愛情があっていいですが、このような止まり木も魅力的ですね。