ナマズの稚魚の飼育の際に注意したい事。水槽や餌や飼育のこと

ナマズを稚魚から育てたいという人の為に、ナマズの飼育に関する情報をまとめてみました。

まずは飼育に必要な物、水槽についてみていきましょう。

ナマズの稚魚は最初は小さくても、やがて大きく成長していいきます。

水槽の大きさや設置する場所、その他に必要な物を紹介します。

気になるナマズの餌は?ナマズの稚魚の飼育についてご覧ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

子猫のケージは手作り。ワイヤーネットやすのこを使った方法

子猫を飼う場合には子猫を入れるケージが必要になります。ケージはペットショプやホームセンターで...

ハムスターの鳴き声・プププと鳴く時の気持ちと鳴き声別の気持ち

ハムスターが「プププ」という鳴き声で鳴いたら、一体どんな気持ちなのか知りたくなる飼い主さんもいるので...

犬は飼い主を忘れない!理由と犬の記憶について簡単に解説

犬は飼い主のことを忘れない動物です。これは、犬が飼い主と共に過ごした時間においての飼い主の匂いや姿、...

エビに優しい水槽の水換え方法!負担の少ない注水が基本

レッドビーシュリンプは赤と白のコントラストが美しく、ペットしても人気のエビです。お世話で欠かせない水...

ミナミヌマエビの水槽に入れる水草に付着した残留農薬の除去方法

ミナミヌマエビを飼育している人の中には、水槽の中に水草を入れたいと考えている人もいるのではないでしょ...

レオパは脱皮を食べるの?レオパの脱皮方法とその注意点

レオパは脱皮をした皮を食べるって知っていますか?レオパは脱皮を繰り返しながら成長していくのですが...

文鳥が餌を食べにくそうにしている?餌入れの底上げをしてみよう

文鳥のケージについてきた餌入れを使用していると、深さがあるため文鳥が食べにくそうに感じる場合がありま...

【ヒョウモントカゲモドキの飼育方法】冬の温度管理について

レオパとも呼ばれる人気の爬虫類「ヒョウモントカゲモドキ」。飼育しやすいと言われていますが、冬の間の温...

グッピーの稚魚の性別判断は難しい。成魚の判断方法を確認

グッピーのオスメスの性別は見分けることが出来ますが、稚魚の時点で性別を見分けることは出来るのでしょう...

【アカヒレの飼育】屋外の場合の注意点とコツについて説明します

初心者でも飼いやすいと言われるアカヒレですが、屋外だけではなく場所によっては屋外での飼育も可能となっ...

犬がお風呂が好きか嫌いかのポイントと風呂好きになるコツ

お風呂が好きじゃないという犬もいますね。ですが散歩の後や、定期的にお風呂には入れたいものですね。...

猫が出産する時間帯とは?出産前の行動や準備について

猫の出産はどのくらいの時間帯が多いのでしょうか?出産というと、なんとなく夜中や朝方というイメージがあ...

レッドビーシュリンプと混泳はできる?テトラとの相性

レッドビーシュリンプとテトラを混泳してもいいのでしょうか?赤と白のレッドビーシュリンプとブルーのライ...

メダカのアクアリウムの道具が100均にある。おすすめアイテム

水の中を自由に泳ぐメダカは見ていて飽きないですね。アクアリウムが人気を集めていますが、始める...

うずらの飼育は屋外飼育が可能でも、鳴き声等の注意したい事

うずらを飼ってみたいけれど、屋外でも飼育は出来るのでしょうか。結論からいいますとうずらは屋外...

スポンサーリンク

稚魚のナマズを飼育するための準備とは

世界各国、もちろん日本にも様々な種類がいるナマズですがよくよく見てみると意外と可愛い顔をしていて飼育してみたくなるなんてこともあるかと思います。

そんなナマズを飼育する際、何が必要なのかまとめてみました。
稚魚のナマズの飼育を始める際にはどのような飼育環境にするのが良いのでしょうか?

初めてナマズを飼い始める時

できれば捕まえてきたナマズでなく、ペットショップなどで販売されているナマズを購入し飼い始めることをおすすめします。

野生の個体だと人に慣れていなため、なかなか餌を食べてくれなかったりというトラブルが発生しやすいのです。

ではナマズを飼育する際に必要なものから見ていきましょう。
必要なものは以下のとおりです。

  1. 大きめの水槽(できれば最初の段階で120cm水槽を用意しましょう。)※飼育したいナマズの種類により大きく異なります。
  2. 上部式ろ過フィルター
  3. 底砂利
  4. 塩ビ管

基本的にはこの5つがあれば育てていくことができます。

ナマズの稚魚を飼育するのに大事な水槽のこと

注意点、ナマズの大きさ

ペットショップで売られているナマズは稚魚の場合が多く可愛らしい見た目と大きさの個体ばかりだと思いますが、飼育していればそのうち成長しそこから50cmあまりまで大きくなります。

そのため飼育を始める段階で大きな水槽を用意しておいたほうがいいのです。

さらに120cm級の水槽となれば水を入れれば100kgを超える重さになりますので、一度設置したらなかなか動かせません。

つまり最初に設置する場所が非常に重要になるため事前にご家族様と相談なさったり、家具の配置を見直して選定するようにしましょう。

またナマズは暗いところに隠れるのが好きなため、水槽内には塩ビ管などを用意して隠れ家を作ってあげるとナマズは喜んでそこに住んでくれるはずです。

なにか生き物を飼い始めるときははじめが肝心です。

もちろん飼い始めてからの環境づくりも大切ですが、まずは新しい水槽に慣れてもらわなくてはなりません。

はじめの環境づくりもしっかりと行いましょう。

ナマズの稚魚の飼育の際の水槽の設置準備や場所

ナマズを飼う際の水槽設置場所については先程もお話しましたが最初の置き場所がとても重要です。

ナマズは成長速度が早く、パワフルな生き物

最終的な水槽のサイズは飼いたいナマズの種類とその最大全長をしっかりと調べた上で選定しましょう。

更にナマズを飼い始めたら蓋はしっかりとしめるようにしてください。

ナマズは先程も言ったとおりパワフルな生き物です。
意外と飛び跳ねたり脱走したりするため、蓋が軽いと跳ね飛ばしてしまったりもします。
重しを乗せたり重たく丈夫なタイプの水槽用蓋を用意するなどして対策を行いましょう。
こうなるともちろん水ハネなどの問題も出てくるかと思いますので、水槽の周りに水濡れ厳禁のものは置かない、ある状態で設置しないなど注意してください。

元気なナマズが移動しても大丈夫なよう、障害物になるようなものは置かない、なるたけシンプルな水槽内の環境にしておくのも水槽が割れてしまうなどのトラブルを招かないために必要です。

水槽内で活発に動いたナマズが重めの石を動かせてしまったことで水槽が内側から割れてしまうなんてことも考えられるほど元気ないきものですので、注意しましょう。

ナマズの種類、大型種・小型種について

ナマズには様々な種類がおり、大型種と小型種に分かれています。

3~10センチ程度の小さな種類のナマズ

 

  • ハラ・ジャーデニー(ハラ・ジェルドニー)
  • ゴールデンレオパードタティア
  • トランスルーセント・グラスキャット
  • アジアグラスキャット
  • ホワイトバンジョーキャット

 

15~25センチほどの大きさのナマズ

 

  • ブロッチ・ホプロ
  • サカサナマズ
  • ギバチ
  • ロイヤル・ファロウェラ
  • リネロリカリア・ランケオラータ レッド

ナマズは様々な種類がいるためナマズによって性格やサイズが全然違います。
まずは飼育したい種類のナマズについてよく調べることがしっかりとした飼育への一歩です。

ナマズを飼育するのにかかる初期費用は

ナマズを飼育し始めるために集めるものは以下の通りでしたね。

  • 大きめの水槽(できれば最初の段階で120cm水槽を用意しましょう。)
    ※飼育したいナマズの種類により大きく異なります。
  • 上部式ろ過フィルター
  • 底砂利
  • 塩ビ管

さらにここにナマズの個体を購入する費用がプラスされます。

ナマズは種類や大きさによって個体の値段が違う

大抵の種類が小型のもので1000円前後、30センチメートルほどのものが3000円前後で購入できると思います。

水槽やろ過フィルターなども飼育したいナマズの種類によって変動がありますので、飼育したいナマズの種類を決めたらペットショップで店員さんに尋ねるのもいいかもしれません。

お気に入りの個体と出会って、楽しいアクアリウムライフが送り始められますように!