ハムスターの砂浴びする時間帯と必要な理由や掃除頻度とは

ハムスターには砂浴びをする時間が必要なので、ハムスターを飼育するときは砂遊び場を用意してあげましょう。

ハムスターにとって砂遊びは生活していく上で必要な理由があるのです。

そして、砂遊びをさせる時間帯や掃除の頻度についても気をつけてあげましょう。

そこで、ハムスターの砂浴びする時間帯と必要な理由や掃除頻度などについてご紹介致します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

犬が去勢するリスクとは?ゼロではない全身麻酔によるリスク

犬を迎えた時に考える去勢ですが、去勢手術をする前にどんなリスクがあるのかを知っておくことはとても大切...

水槽のエアレーションの水はね対策!水浸しにならない方法

水槽に酸素を供給するためにエアレーションを使っている方は多いですが、小さな水しぶきが飛び散りやすく、...

水槽にミジンコが発生!駆除したほうが良い?ミジンコは餌になる

ふと気がつくと、水槽の中にミジンコが発生していることに気がつくこともあります。ミジンコが発生...

金魚の赤ちゃんにとって水替えはストレス?水換えの方法

金魚の赤ちゃんの水槽はいつから水替えをしていいのでしょうか?水が汚れているのが気になるからといって、...

ヤモリが脱皮する頻度は?ヤモリの脱皮は健康のバロメーター

ヤモリはよく脱皮をする生き物ですが、どのくらいの頻度で脱皮をするのでしょうか。ヤモリの脱皮は...

金魚の稚魚の育て方!水槽の水換え方法と注意点を解説

「金魚の稚魚を飼育しているけど、水換え方法がいまいちよくわからない」「成魚と同じ水換え方法でもいいか...

メダカのオスが他のメダカを追いかける原因は?オスの行動を解説

メダカのオスが水槽の中で、他のメダカを追いかける行動を取ることがあります。オスが他のメダカに対して気...

金魚の薬浴期間はどのくらい?薬浴の手順と飼育方法を解説

金魚が病気になってしまい、薬浴をさせて元気な状態に戻してあげたいと考えている飼い主さんもいますよね。...

グッピーの稚魚を育てるための別水槽の必要性について考えよう

グッピーの繁殖に成功して稚魚が生まれると、親と同じ水槽に入れないようにした方が良いと言われています。...

硝酸塩が発生する理由と水槽内の濃度を下げる方法

水槽内の硝酸塩が増えすぎると注意が必要です。アンモニアほどではありませんが、多過ぎる硝酸塩は、サンゴ...

ベタのヒーターはいつから入れたらいい?ベタの飼育の方法

ベタのヒーターはいつから必要でいつからいらなくなる?暖かくなるときや寒くなるとき、いくくらいからヒー...

金魚の水槽に白い浮遊物があるのはどうして?理由と対処方法

金魚の水槽に白い浮遊物がでたときにはどんな対処をしたらいいのでしょうか?とくに水槽を立ち上げ...

グッピーのメスが動かない原因は?出産の兆候と対処法を解説

飼育しているグッピーのメスが水槽の中で動かないとき、一体どんなことが原因で動かないのか心配になってし...

メダカを越冬させるときには水草があるといい?冬の飼育方法

メダカの越冬に水草は必要なのでしょうか?冬を越すときにはどんなことに気をつけたらいいのでしょう?...

水槽に白い虫発生!小さいものなら害なし?その正体を明かします

熱帯魚などを飼っていると、水槽に小さい白い虫がついていることがありますよね。その気持ち悪さに...

スポンサーリンク

ハムスターは砂浴びをする時間が必要な理由

ハムスターは砂浴びすることで、清潔な体を保っています。

また、砂浴びには爪とぎ効果もあると言われています。

犬や猫のように、爪が伸びたら切ってあげられれば良いですが、体の大きさを考えるとそれは難しいですよね。

一方で、体温調節な苦手なハムスターは、夏場など気温の高い日は飼い主さんが暑さ対策をしてあげなければいけません。

暑さ対策で効果的なのが、「砂」なのです。

掘れるくらいの深めの砂浴び場所を作ってあげましょう。
こうすることで、砂の中に体を入れ、夏場でも涼しく快適に過ごすことができます。

ですが、過度な対策は体温が低下しすぎてしまう可能性もありますので、適度に対策をすることが大切です。

このように、ハムスターが砂浴びする時間には様々な効果があります。

ハムスターがより快適に生活することができるように、ぜひ砂浴び場所を作ってあげましょう。

ハムスターが砂浴びをする最適な時間帯とは

ハムスターは1日の中でいつ頃が最も活発に行動すると思いますか?

最も活発に活動する時間帯は「夜」なんです。このように、ハムスターは「夜行性」の動物です。

そのため、日中は寝ていることも多く夜になってから活発に動き始めるため、可能であれば夜に砂浴びの時間をとってあげることが適しています。

しかし、飼い主さんが日中にお部屋の掃除でバタバタとしている場合には、ハムスターは睡眠どころではありません。

ですので、このような場合にはハムスターの活動時間が日中になることもあります。

そのため、ハムスターが砂浴びをするための最適な時間帯は、飼っているハムスターによって異なります。

お家のハムスターをよく観察して、ハムスターが最も活発に活動している時間に砂浴びをさせてあげるようにしましょう。

飼い主が寝る時間がハムスターを砂浴びさせる時間

上記でもご紹介したように、ハムスターは夜になると活発に動き始める「夜行性」の動物です。

飼っている生活環境により異なる場合もありますが、夜に活動が活発になるハムスターの場合には、飼い主さんが寝る時間に砂浴びをさせると良いでしょう。

また、砂浴びをさせる際の容器は、専用のものもありますが、100均などにある瓶などでも問題ありません。

ハムスターの砂浴びを他のことで補えるのであれば、無理に砂浴びをさせる必要はありませんが、ハムスターの砂浴びには、体を清潔に保つための毛づくろいなどのほか、ストレス解消などの役割もあります。

ハムスターに最適な砂浴びの時間を見つけてあげ、砂浴びを思う存分させてあげるようにしましょう。

ハムスターの砂浴びする場所とトイレは分けましょう

ハムスターの砂浴びする場所とトイレは分ける必要があります。

ハムスターが砂浴びの容器でトイレをしてしまうと、分泌物がハムスターの体に付着してしまい、そのまま固まってしまうことがあります。

そのため、砂浴び場所とトイレは分けるようにしましょう。

また、砂浴びをさせる際には、ハムスターの砂浴びが終わったらゲージ内から容器を取り出しましょう。

容器が入ったままだと、ハムスターは砂浴び場所をトイレだと勘違いしてしまうことがあります。

一方で、ハムスターの砂浴びする場所は、ある程度の深さのものを用意してあげなければいけません。

砂浴び場所の容器が浅いと、ハムスターが砂浴びの際に窮屈に感じてしまったり、砂が飛び散る可能性もあり掃除が大変になります。

そのため、砂浴びの容器は、ハムスターが自由に転がることができるくらいの深さのものを用意してあげましょう。

深さのある容器を用意したら、砂を3cm程度入れれば砂浴び場所の出来上がりです。

ハムスターの砂浴び場の掃除は1~2週に1回で入れ替えましょう

ハムスターのゲージ等の掃除は、場所によって掃除のペースを変えると良いでしょう。

ゲージ内を清潔に保つことは大切ですが、過度な掃除はハムスターがストレスを抱える原因となってしまいます。

そこで「トイレ」「砂浴び場所」「ゲージ」の適切な掃除の頻度をまとめました。

  • トイレの掃除頻度について
    トイレはニオイも出やすく、清潔に保たれていないとハムスターはストレスを抱えてしまいます。そのため、基本的には「毎日」掃除することを心がけましょう。
  • 砂浴び場所の掃除頻度について
    砂浴び場所は、トイレをされ汚されたなど特別な事情がない限りは、「1~2週間程度に1回」で問題ありません。ただし、ハムスターが砂浴びをしなくなった場合などは汚れが原因の可能性もあるため、掃除してあげましょう。
  • ゲージの掃除頻度について
    ゲージの掃除は、基本的に「1ヶ月に1回」で良いです。また1ヶ月に1回掃除する際には、ゲージ丸ごとを掃除するようにしましょう。ゲージを丸ごと掃除することで、ダニなどを除去することができます。しかし、過度な掃除は匂いが消えてしまい、ハムスターが不安がることにも繋がりますので避けましょう。
    また、季節によっても適切な掃除の頻度は異なります。夏場など気温が高い時期には、餌や水も痛みやすくトイレもニオイが出やすくなってしまうため、掃除の頻度を増やすことも大切です。