声が低いお悩みを解決!通らない低い声を通るようにする対処法

声が低いのが原因で、自分の声が通らないというお悩みを抱えている男性もいますよね。人混みの中や会議中などに自分の声が通らないと、相手に自分の意志を伝えにくくなってしまいます。

では、声が低くて通らない人は、一体どのようにすれば通る声にすることができるのでしょうか。聞き取りやすい声で話をする方法をチェックしてみましょう。

そこで今回は、低くて通らない声を改善する方法と、声を通りやすくする方法についてお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

免許返納後の再取得は可能?免許返納後の再取得やメリットを解説

年齢が高くなり、運転免許証を返納したほうが良いのではないかと考えている人もいるのではないでしょうか。...

洗濯機の設置を自分でするときの手順や注意点について紹介

洗濯機の設置は自分でもポイントをおさえておけば簡単に行うことができます。仕事が忙しくて設置のための日...

鉛筆をカッターを使う時の削り方のコツと最適な芯の長さとは

最近は鉛筆を使う機会も減っていると思いますが、美術のデッサンの場合は鉛筆を使うこともありますね。...

厚生年金と国民年金の両方もらえる人とは?年金の受け取り方

厚生年金と国民年金の両方もらえるのはどのような人なのでしょうか?年金を支払っているときには気にならな...

浄水器のカートリッジは交換しないとダメ?交換時期について

浄水器のカートリッジを交換しないとどうなる?交換時期の目安とは?シンクの下に設置している浄水器の場合...

万年筆を保管する時はペン先の向きに注意!万年筆を長く使うコツ

万年筆をずっと長く使い続けるためには、正しい保管が絶対条件。特に万年筆を置く時のペン先の向き...

髭の剃り残しをなくす剃り方!T字カミソリで剃る方法とポイント

髭を剃ったとき、うっかり髭を剃り残してしまうことがあります。剃り残しがあると、見た目もよくありません...

一人暮らしのダンボール処理方法とは?捨て方を紹介します

一人暮らしの引っ越しで使ったダンボールの処理はどのように行えばいいのでしょうか?ダンボール処理に...

足の臭いが取れない時の対処法!足を清潔にして臭いを解消しよう

足の臭いが取れない事に頭を抱えている人もいるのではないでしょうか。特に女性の場合は、靴を脱ぐ場面がや...

コップの収納をキッチンの引き出しに!良い点と注意点をご紹介

コップや食器の収納場所は、見た目だけでなく取り出しやすい場所にあるかも、重要なポイントとなります。...

車のシートを自分で洗浄する方法!気になる汚れと臭いを除去

小さなお子様がいると車のシートも汚れがちです。お菓子のカスやジュースのシミ、靴の泥汚れが付いてしまう...

落ち葉の掃除、砂利の上の場合のおすすめな道具と掃除のポイント

庭に木がある場合は、秋頃になると落ち葉が気になってきます。隣の敷地に飛んでいってしまわないうちに...

電車で弁当を食べるのはマナー違反?電車内での飲食の是非を問う

電車の中で弁当を食べている人もいますが、その行為がマナー違反になるのでは?という声も聞かれます。...

高校の卒業証明書はいつもらえる?卒業証明書の入手方法

高校の卒業証明書はいつから発行してもらえるのでしょうか?また、発行してもらうまでの日数や請求の方法と...

革財布のクリーニング方法!長く愛用して味のある革財布にしよう

革製品のお財布を使用している人の中には、財布の黒ずみ汚れが気になっている人もいますよね。汚れを綺麗に...

スポンサーリンク

声が低いから通らないという悩みは男性に多い

声が低いから通らないという悩みは男性に多いそうです。

会議や朝礼で大きな声を出しているのに、みんなにその声が届かない事ってよくありますよね。
「元々の声質だから」と諦めるのはまだ早いですよ。ちょっとした習慣を取り入れることで、遠くまで届くような声に変えることも出来るのです。

「声を高めにする」ことを意識する

楽器などの音でも、低い音より高い音の方が遠くまで届きます。
声が遠くまで通らないと悩んでいる方の多くは、声が低い人でので、気持ち少し高くすることで遠くまで声が通るようになります。

声が通りづらい人は「口をよく動かす」

声は低くないのに、声が通らないという人は、口をあまり動かさずにモゴモゴ話している事があります。
自分ではよく動かしているつもりでも、その動きが足りないこともあります。鏡で自分の口の動きを確認しながら、大きく「あいうえお」と言ってみる事もやってみましょう。

声が低いから通らないときは声のトーンを意識して

声が低いから通らないときは声のトーンを意識してみましょう。

アナウンサーや、声優などの声の仕事をしている人は、収録の時は地声で話すことはあまりありません。
状況にもよりますが、声を張って、トーンも少し高くして話します。そうすることで、聞き取りやすい声になります。
声が低くて通らないと思っている人は、そういったアナウンサーなどの声の出し方を意識して話してみてはいかがでしょうか。

他の例で言いますと、電話の時は少し声を高くして話すことが多いですよね。
そうすることで、電話での声が相手に伝わりやすくなるからですが、それを通常の話す時にも取り入れるのです。
それをすれば、会議室では通らなかった声も、後ろの人まで届くようになるはずです。

通らない低い声を改善するレッスン方法

通らない低い声を改善するレッスン方法をご紹介します。

  1. まず、床にうつ伏せの体勢になります。
  2. 次に、頭と両腕、両足を浮かせて、お腹だけが床についている状態にします。
  3. その体勢をキープさせたまま、「はっ、はっ」と息を吐きながら声を10回ほど出します。
  4. 一旦両手や両足を下ろして少し休憩させたら、再び両手、両足を上げて、「はっ、はっ」と息を吐きながら声を10回ほど出します。
  5. この流れを5セットほど繰り返します。

毎日朝晩、またはどちらかだけでも行うようにすれば、腹式呼吸が身につき、張りのある声を出せるようになります。

うつ伏せの体勢がキツイという人は、仰向けでのレッスン法を取り入れてみてください。

  1. まず、床に仰向けの体勢になります。
  2. 次に息をゆっくり吐きながらお腹を目一杯引っ込めます。
  3. 次は息をゆっくり吸いながら、お腹を大きく膨らませます。
  4. 息を吸ったり吐いたりしながらお腹を動かす動きを10回ほど行い、それを3セット繰り返します。

低い声だと通らない!表情筋を動かして声を通りやすくしてみよう

「低い声だと通らない!」表情筋を動かして声を通りやすくしてみましょう。

滑舌良く話すと、低い声でもよく通る声になりますが、そのためには口の筋肉をよく動かす必要があります。
しかし、口の筋肉を動かしただけでは、本当によく通る声にはならないのです。

眠い目をしていたら、眠そうなモゴモゴした声になります。そのように、目の周りの筋肉も重要になってくるのです。
ですので、みんなの前で発表する前に、顔をよく動かしてウォーミングアップしてから声を出すようにすると、いつもよりよく通る声が出るようになります。

家でも、鏡を見ながら自分の顔をよく動かして、筋肉をほぐしておくと、発表の時だけではなく、普段の会話もハキハキと話すことが出来るようになります。

声が通らないときは意識しながら話をしてみよう

声が通らないときはこういった事を意識しながら話をしてみましょう。

遠くに声を送るイメージで声を出す

緊張していると、手に持っている原稿や手前の人に向かって話してしまうかと思います。
そこはグッと奥の方を見て、奥の人に声を届けるようなイメージで声を出すと、遠くの人にも声が届きやすくなります。
ただ大きな声を出すよりも喉が開いて通る声が出せるようになります。
これを常にすることで、こもりがちな声も聞こえやすくなります。

声が低い人は早口にならないようにする

伝えたいことを早く言おうとしたり、緊張して焦ると早口になることが多いと思います。
しかし、アナウンサーなどのように滑舌が良い人ではない限りは、早口になると聞き取りづらい言葉になってしまい。
声自体は聞きやすいものでも、何を言っているのかわからなくなってしまいます。そうならないように、人前でも落ち着いてゆっくり話すことを意識しましょう。