声が低いお悩みを解決!通らない低い声を通るようにする対処法

声が低いのが原因で、自分の声が通らないというお悩みを抱えている男性もいますよね。人混みの中や会議中などに自分の声が通らないと、相手に自分の意志を伝えにくくなってしまいます。

では、声が低くて通らない人は、一体どのようにすれば通る声にすることができるのでしょうか。聞き取りやすい声で話をする方法をチェックしてみましょう。

そこで今回は、低くて通らない声を改善する方法と、声を通りやすくする方法についてお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

米の保存場所・冷蔵庫以外で保存するときのポイントと注意点

「お米を冷蔵庫で保存すると良い」と聞いたことがある人もいますよね。ですが、冷蔵庫の中にたくさん食材が...

歌う時の声質を変えたい人が意識すべきポイントとは

カラオケで上手に歌うために、思い切って声質を変えたいと感じる人は多いようです。しかし、声質と...

主婦とニートの違いについて。主婦はニートではありません

主婦はニートと一緒だ!こんなふうに言われてしまいますが、違いは歴然。違いはたくさんありますが...

ポリカーボネートの屋根の掃除方法を理解して長持ちさせよう

カーポートの屋根などによく使われているポリカーボネートですが、気がつくとかなり汚れていることもありま...

彼氏が嫉妬深いことに疲れると感じた女性のための対処法

彼氏から嫉妬されるのは女性としては嬉しいことですが、嫉妬深いとなると疲れると感じてしまうこともあるで...

雑草のトゲが刺さって痛い。トゲが刺さったり激痛がする物の正体

暖かくなってくると、庭の雑草がぐんぐんと伸びてしまい景観も悪くなってしまいますね。そこで雑草...

ラップが電子レンジで溶ける事態に。対処法とラップの使い分け方

食品の乾燥を防ぐ、レンジで温める時などラップは毎日の生活に欠かせない物ですね。ですが、電子レ...

包丁の研ぎ方は簡単!はじめてでもできる手順やポイントを紹介

包丁の研ぎ方が簡単にできるようになれば、いつでも切れ味の良い包丁を保つことができます。包丁を研いだこ...

メガネの調整は他店でもしてもらえる?料金や頻度について

メガネの調整を他店でしてもらう事はできるのでしょうか?買ったお店になかなか行けないときには、他店で調...

眼鏡の鼻あてが痛い!痛みを感じる原因と対処法について

 眼鏡の鼻あてが痛い原因を知れば、必ずこの不快感は解消されます。  視界を良くするための眼鏡...

木材の種類の見分け方!加工状態と色々な木材の特徴・用途を解説

世の中には色々な木材の種類があります。知識のない人は、木を見ただけで何の木なのか見分けることが難しい...

値上げ告知用文書の書き方や注意点について解説【飲食店編】

物価や食材の値上げは一般家庭にとっても痛いものですが、飲食店となると客離れの可能性もあるため、文書を...

田舎と都会の違いとは?生活や意識の違いを紹介します

田舎と都会の違いにはどんなものがあるのでしょうか?田舎は遊ぶところがない…都会はお金がかかる…とマイ...

万年筆を保管する時はペン先の向きに注意!万年筆を長く使うコツ

万年筆をずっと長く使い続けるためには、正しい保管が絶対条件。特に万年筆を置く時のペン先の向き...

ヘルメットの髪型対策に崩れるのを防ぐコツや元に戻す方法

ヘルメットを被った後の髪型対策にお困りな人は必見です。ヘルメットで髪型が崩れるのを防ぐには、...

スポンサーリンク

声が低いから通らないという悩みは男性に多い

声が低いから通らないという悩みは男性に多いそうです。

会議や朝礼で大きな声を出しているのに、みんなにその声が届かない事ってよくありますよね。
「元々の声質だから」と諦めるのはまだ早いですよ。ちょっとした習慣を取り入れることで、遠くまで届くような声に変えることも出来るのです。

「声を高めにする」ことを意識する

楽器などの音でも、低い音より高い音の方が遠くまで届きます。
声が遠くまで通らないと悩んでいる方の多くは、声が低い人でので、気持ち少し高くすることで遠くまで声が通るようになります。

声が通りづらい人は「口をよく動かす」

声は低くないのに、声が通らないという人は、口をあまり動かさずにモゴモゴ話している事があります。
自分ではよく動かしているつもりでも、その動きが足りないこともあります。鏡で自分の口の動きを確認しながら、大きく「あいうえお」と言ってみる事もやってみましょう。

声が低いから通らないときは声のトーンを意識して

声が低いから通らないときは声のトーンを意識してみましょう。

アナウンサーや、声優などの声の仕事をしている人は、収録の時は地声で話すことはあまりありません。
状況にもよりますが、声を張って、トーンも少し高くして話します。そうすることで、聞き取りやすい声になります。
声が低くて通らないと思っている人は、そういったアナウンサーなどの声の出し方を意識して話してみてはいかがでしょうか。

他の例で言いますと、電話の時は少し声を高くして話すことが多いですよね。
そうすることで、電話での声が相手に伝わりやすくなるからですが、それを通常の話す時にも取り入れるのです。
それをすれば、会議室では通らなかった声も、後ろの人まで届くようになるはずです。

通らない低い声を改善するレッスン方法

通らない低い声を改善するレッスン方法をご紹介します。

  1. まず、床にうつ伏せの体勢になります。
  2. 次に、頭と両腕、両足を浮かせて、お腹だけが床についている状態にします。
  3. その体勢をキープさせたまま、「はっ、はっ」と息を吐きながら声を10回ほど出します。
  4. 一旦両手や両足を下ろして少し休憩させたら、再び両手、両足を上げて、「はっ、はっ」と息を吐きながら声を10回ほど出します。
  5. この流れを5セットほど繰り返します。

毎日朝晩、またはどちらかだけでも行うようにすれば、腹式呼吸が身につき、張りのある声を出せるようになります。

うつ伏せの体勢がキツイという人は、仰向けでのレッスン法を取り入れてみてください。

  1. まず、床に仰向けの体勢になります。
  2. 次に息をゆっくり吐きながらお腹を目一杯引っ込めます。
  3. 次は息をゆっくり吸いながら、お腹を大きく膨らませます。
  4. 息を吸ったり吐いたりしながらお腹を動かす動きを10回ほど行い、それを3セット繰り返します。

低い声だと通らない!表情筋を動かして声を通りやすくしてみよう

「低い声だと通らない!」表情筋を動かして声を通りやすくしてみましょう。

滑舌良く話すと、低い声でもよく通る声になりますが、そのためには口の筋肉をよく動かす必要があります。
しかし、口の筋肉を動かしただけでは、本当によく通る声にはならないのです。

眠い目をしていたら、眠そうなモゴモゴした声になります。そのように、目の周りの筋肉も重要になってくるのです。
ですので、みんなの前で発表する前に、顔をよく動かしてウォーミングアップしてから声を出すようにすると、いつもよりよく通る声が出るようになります。

家でも、鏡を見ながら自分の顔をよく動かして、筋肉をほぐしておくと、発表の時だけではなく、普段の会話もハキハキと話すことが出来るようになります。

声が通らないときは意識しながら話をしてみよう

声が通らないときはこういった事を意識しながら話をしてみましょう。

遠くに声を送るイメージで声を出す

緊張していると、手に持っている原稿や手前の人に向かって話してしまうかと思います。
そこはグッと奥の方を見て、奥の人に声を届けるようなイメージで声を出すと、遠くの人にも声が届きやすくなります。
ただ大きな声を出すよりも喉が開いて通る声が出せるようになります。
これを常にすることで、こもりがちな声も聞こえやすくなります。

声が低い人は早口にならないようにする

伝えたいことを早く言おうとしたり、緊張して焦ると早口になることが多いと思います。
しかし、アナウンサーなどのように滑舌が良い人ではない限りは、早口になると聞き取りづらい言葉になってしまい。
声自体は聞きやすいものでも、何を言っているのかわからなくなってしまいます。そうならないように、人前でも落ち着いてゆっくり話すことを意識しましょう。