声が低いお悩みを解決!通らない低い声を通るようにする対処法

声が低いのが原因で、自分の声が通らないというお悩みを抱えている男性もいますよね。人混みの中や会議中などに自分の声が通らないと、相手に自分の意志を伝えにくくなってしまいます。

では、声が低くて通らない人は、一体どのようにすれば通る声にすることができるのでしょうか。聞き取りやすい声で話をする方法をチェックしてみましょう。

そこで今回は、低くて通らない声を改善する方法と、声を通りやすくする方法についてお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

一人暮らしの男性の食事の節約術!自炊を続けるためのポイント

一人暮らしの男性は仕事が忙しいと、つい食事は外食で済ませてしまうという人も多いでしょう。しかし、そん...

台風の速度が変わるのはナゼ?台風の速度が変化する理由とは

台風の速度がいつも変わる理由にはどのようなものがあるのでしょうか?できれば、来ないでほしい、...

畳の上にフローリングカーペットを敷くとダニのもと?ダニ対策

畳の部屋をリメイクしたいと考え、フローリングカーペットを敷いて部屋を洋風な印象に仕上げたいと考えてい...

田舎と都会の違いとは?生活や意識の違いを紹介します

田舎と都会の違いにはどんなものがあるのでしょうか?田舎は遊ぶところがない…都会はお金がかかる…とマイ...

革の手袋の手入れの手順と必要な物。長く使う為の手入れや使い方

革の手袋をお使いになっていて、汚れが気になってきたり雨や汗で濡れてしまったなどお手入れをしたいと思っ...

白点病治療のために鷹の爪を使用する期間と注意点について解説

金魚などがなりやすい病気の一つである「白点病」。その代表的な治療方法は塩浴ですが、鷹の爪を使った治療...

本棚のDIYにすのこが便利!DIY初心者向けすのこ本棚の作り方

すのこはDIYに欠かせない道具のひとつです。手軽に材料が揃い、さまざまなものにリメイクすることができ...

一人暮らしの食事・外食でコスパを良くする食事のコツを解説

一人暮らしをしていると、なかなか自炊をする時間がなくて毎日の食事を外食で済ませている人もいるのではな...

本音と建前は逆?わかりにくい女性の本音を紹介します

女性の本音と建前ほど難しいものはありませんよね。どうして本音と建前が逆になってしまうことがあるのでし...

車のガラスが簡単には割れないと言われる理由を詳しく解説します

車のガラスは簡単には割れないと言われていますが、中でもフロントガラスにはかなり強いガラスが使われてい...

窓の結露で部屋の湿度が下がる?結露の仕組みと湿度対策

窓に結露がつくと部屋の湿度は高くなっていると思いませんか?しかし実際はその逆!結露がついているのに、...

【免許証の住所変更】住民票そのままで住所を変更する方法

免許証の住所変更は住民票を必ず移す必要があるのでしょうか?住民票そのままにしておきたい場合はどうした...

蛇口シャワーの掃除方法とは?定期的に洗いましょう

蛇口のシャワーの掃除はどのように行えばいのでしょうか?この蛇口シャワーの部分は驚くほど汚れているんで...

駐車場をコンクリートにするには養生期間が必要!注意点や費用

駐車場をコンクリートにするためには養生期間というコンクリートが完全に固まるまでの期間が必要になります...

本の保管をダンボールでしてはいけない訳と正しい保管方法

小説、単行本、雑誌など本好きの人ならいつの間にかたくさんの本に囲まれてしまっていませんか。本...

スポンサーリンク

声が低いから通らないという悩みは男性に多い

声が低いから通らないという悩みは男性に多いそうです。

会議や朝礼で大きな声を出しているのに、みんなにその声が届かない事ってよくありますよね。
「元々の声質だから」と諦めるのはまだ早いですよ。ちょっとした習慣を取り入れることで、遠くまで届くような声に変えることも出来るのです。

「声を高めにする」ことを意識する

楽器などの音でも、低い音より高い音の方が遠くまで届きます。
声が遠くまで通らないと悩んでいる方の多くは、声が低い人でので、気持ち少し高くすることで遠くまで声が通るようになります。

声が通りづらい人は「口をよく動かす」

声は低くないのに、声が通らないという人は、口をあまり動かさずにモゴモゴ話している事があります。
自分ではよく動かしているつもりでも、その動きが足りないこともあります。鏡で自分の口の動きを確認しながら、大きく「あいうえお」と言ってみる事もやってみましょう。

声が低いから通らないときは声のトーンを意識して

声が低いから通らないときは声のトーンを意識してみましょう。

アナウンサーや、声優などの声の仕事をしている人は、収録の時は地声で話すことはあまりありません。
状況にもよりますが、声を張って、トーンも少し高くして話します。そうすることで、聞き取りやすい声になります。
声が低くて通らないと思っている人は、そういったアナウンサーなどの声の出し方を意識して話してみてはいかがでしょうか。

他の例で言いますと、電話の時は少し声を高くして話すことが多いですよね。
そうすることで、電話での声が相手に伝わりやすくなるからですが、それを通常の話す時にも取り入れるのです。
それをすれば、会議室では通らなかった声も、後ろの人まで届くようになるはずです。

通らない低い声を改善するレッスン方法

通らない低い声を改善するレッスン方法をご紹介します。

  1. まず、床にうつ伏せの体勢になります。
  2. 次に、頭と両腕、両足を浮かせて、お腹だけが床についている状態にします。
  3. その体勢をキープさせたまま、「はっ、はっ」と息を吐きながら声を10回ほど出します。
  4. 一旦両手や両足を下ろして少し休憩させたら、再び両手、両足を上げて、「はっ、はっ」と息を吐きながら声を10回ほど出します。
  5. この流れを5セットほど繰り返します。

毎日朝晩、またはどちらかだけでも行うようにすれば、腹式呼吸が身につき、張りのある声を出せるようになります。

うつ伏せの体勢がキツイという人は、仰向けでのレッスン法を取り入れてみてください。

  1. まず、床に仰向けの体勢になります。
  2. 次に息をゆっくり吐きながらお腹を目一杯引っ込めます。
  3. 次は息をゆっくり吸いながら、お腹を大きく膨らませます。
  4. 息を吸ったり吐いたりしながらお腹を動かす動きを10回ほど行い、それを3セット繰り返します。

低い声だと通らない!表情筋を動かして声を通りやすくしてみよう

「低い声だと通らない!」表情筋を動かして声を通りやすくしてみましょう。

滑舌良く話すと、低い声でもよく通る声になりますが、そのためには口の筋肉をよく動かす必要があります。
しかし、口の筋肉を動かしただけでは、本当によく通る声にはならないのです。

眠い目をしていたら、眠そうなモゴモゴした声になります。そのように、目の周りの筋肉も重要になってくるのです。
ですので、みんなの前で発表する前に、顔をよく動かしてウォーミングアップしてから声を出すようにすると、いつもよりよく通る声が出るようになります。

家でも、鏡を見ながら自分の顔をよく動かして、筋肉をほぐしておくと、発表の時だけではなく、普段の会話もハキハキと話すことが出来るようになります。

声が通らないときは意識しながら話をしてみよう

声が通らないときはこういった事を意識しながら話をしてみましょう。

遠くに声を送るイメージで声を出す

緊張していると、手に持っている原稿や手前の人に向かって話してしまうかと思います。
そこはグッと奥の方を見て、奥の人に声を届けるようなイメージで声を出すと、遠くの人にも声が届きやすくなります。
ただ大きな声を出すよりも喉が開いて通る声が出せるようになります。
これを常にすることで、こもりがちな声も聞こえやすくなります。

声が低い人は早口にならないようにする

伝えたいことを早く言おうとしたり、緊張して焦ると早口になることが多いと思います。
しかし、アナウンサーなどのように滑舌が良い人ではない限りは、早口になると聞き取りづらい言葉になってしまい。
声自体は聞きやすいものでも、何を言っているのかわからなくなってしまいます。そうならないように、人前でも落ち着いてゆっくり話すことを意識しましょう。