免許返納後の再取得は可能?免許返納後の再取得やメリットを解説

年齢が高くなり、運転免許証を返納したほうが良いのではないかと考えている人もいるのではないでしょうか。家族にもそう促されているという人もいることだと思います。

ここで気になるのが、運転免許証返納後の再取得についてです。返納した免許は、再び再取得することはできるのでしょうか。

ここでは、運転免許証返納後の再取得や、返納のメリット・手続き内容についてお伝えします。

免許の返納を考えている人は、これからご紹介する内容を参考に、自分に一番良い方法を選択肢ましょう。

家族の気持ちも理解して、運転免許証について考えてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

眼鏡の鼻あてが痛い!痛みを感じる原因と対処法について

 眼鏡の鼻あてが痛い原因を知れば、必ずこの不快感は解消されます。  視界を良くするための眼鏡...

砂浜にいるカニの捕まえ方!逃げ足の速いスナガニの捕獲方法

砂浜にいる小さなカニの捕まえ方について知りたいという人もいますよね。砂浜にいるカニはスナガニという名...

本音と建前は逆?わかりにくい女性の本音を紹介します

女性の本音と建前ほど難しいものはありませんよね。どうして本音と建前が逆になってしまうことがあるのでし...

ポリカーボネートの屋根の掃除方法を理解して長持ちさせよう

カーポートの屋根などによく使われているポリカーボネートですが、気がつくとかなり汚れていることもありま...

テレビの購入で注意する事とは?テレビの選び方を紹介

テレビを購入するときにはどのようなことに注意したらいいのでしょうか?決して安い買い物ではないテレビ、...

石油ストーブにやかんを乗せる場合は空焚き注意!自己責任です

石油ストーブのいいところは、部屋を早く温めることが出来る、価格や安いことなどが挙げられますね。...

コンセント増設に必要な資格とは?資格取得の種類や試験について

コンセントの増設は資格がないと行えません。「電気工事士」という資格が必要なのですが、電気工事士に...

ミルクの温度の確かめ方!赤ちゃんのミルクを最適温度にする方法

いつもはママが赤ちゃんのミルクを作っていても、いざ自分が作るとなると温度の確かめ方がいまいちよくわか...

ガソリンスタンドが閉店する理由とは?その実態を解説します

自分の住んでいる街の中を車で走っていると、ガソリンスタンドの数が減っていることに気づかされますよね。...

蛇口シャワーの掃除方法とは?定期的に洗いましょう

蛇口のシャワーの掃除はどのように行えばいのでしょうか?この蛇口シャワーの部分は驚くほど汚れているんで...

本棚のDIYにすのこが便利!DIY初心者向けすのこ本棚の作り方

すのこはDIYに欠かせない道具のひとつです。手軽に材料が揃い、さまざまなものにリメイクすることができ...

水草についたコケは木酢液で退治!でもデメリットもあります

水槽の中の水草についてコケって厄介ですよね。アクアリストの天敵と言えるかもしれません。それを...

窓の結露で部屋の湿度が下がる?結露の仕組みと湿度対策

窓に結露がつくと部屋の湿度は高くなっていると思いませんか?しかし実際はその逆!結露がついているのに、...

駐車場の無断駐車はレッカー移動できる?無断駐車をさせない方法

駐車場に無断駐車をされてしまうと駐車場の持ち主の方はとても腹が立ちますよね。レッカー移動をさせて無断...

メガネとサングラスを兼用するいくつかの方法をご紹介

メガネをかけている方、サングラスはどうしていますか?サングラスをつける時はコンタクトを使用する?その...

スポンサーリンク

運転免許証を返納したあとの再取得について

年齢を重ねると自然と考えるようになる「運転免許証の返納」。
特に親孝行のお子さんが居るという方は、子供に心配されて尚更運転免許証の返納を考えるのではないでしょうか。
しかし、その一方で交通アクセスにあまり良くない所に住んでいると車はあった方が良いのでは…?と考える方も少なくないと思います。

運転免許は基本的に返納後でも再取得することが可能です

一度返納したからと言って、二度と取得できなくなるということはありません。

ただ、再取得する場合でも「優遇措置」のようなものはありません。
基本的には、最初運転免許を取得した時と同じように学科、実技の両方を受けて合格する必要があります。
一度運転免許を取得したから学科が免除になる、免許取得費用が安くなる等のことはありませんので、注意して下さいね。

運転免許証返納後の再取得は難しいことも

前述したように運転免許証の返納後に再取得する場合、基本的には自動車学校に通い学科と実技を一から勉強する必要があります。

また、自動車学校に入校するためには、一定の条件が設けられていることが殆どです。一定の条件とは主に身体要件(視力や聴力、運動神経等)のことを言います。

一定の条件に問題がなければ、いざ入校です。

運転免許再取得までの流れ

  1. 第1学科と技能試験に合格します。
  2. 合格できれば、仮免許証交付されます。
  3. 次に、第2学科と卒業検定に合格します。
  4. 合格できれば、卒業証明証の交付を受けます。
  5. 最後は、運転免許試験場で学科と適正試験を受けます。
  6. 見事合格できれば、免許取得となります。

このように運転免許の再取得までには様々な試験に合格する必要があり、その分拘束時間も長くなります。
また、免許再取得までにかかる費用は30万円ほどにもなり、高額なお金を用意しなければいけないのです。

運転免許を返納したら「運転経歴証明書」の申請ができる

一方で運転免許証は身分証明証の代表的なもののひとつですよね。
そのため、免許の返納後は身分証明をする際に、「どうしようか…」という悩みが出てくる場合もあるかもしれません。

返納後は「運転経歴証明証」を身分証明書の代わりとして使うことができます

運転経歴証明証は免許の返納手続きを行う際に一緒に手続きを行うのがオススメです。
また、この運転経歴証明証を持っていると、タクシー料金やバス乗車料金の優遇などの割引を受けられることがあります。

ただ、運転経歴証明証の交付を受ける場合には様々な条件や手続きが必要となりますので、手続きをする際には事前に自治体の免許センターや警察署で手続きについて確認するようにしましょう。

運転免許を返納するときの手続きについて

運転免許を返納する際の手続きについてご紹介します。

返納手続きを行える場所

  • 警察署
  • 運転免許試験場
  • 免許更新センター

必要な持ち物

  • 運転免許証
  • 印鑑(地域によって異なります)
  • 運転免許取消申請書
    ※基本的には窓口に用意されていますので自分で用意する必要はありません。

受付時間

基本的には「平日のみ」の受付です。
ただ地域によっては日曜日の受付を行っている場合もあるようです。
また時間は8時45分~16時または17時の場合が多いですが、こちらも地域によっては異なる場合がありますので、詳しい時間は事前に確認するようにしましょう。

返納手続きを行える条件

  • 免許の取消や停止等の処分を受けている場合
  • 免許の有効期限が切れている場合
  • 初心者講習対象の場合

代理による返納は可能なのか

怪我や病気を患っている場合や窓口に行くことが難しい場合(施設に入所している等)など、「やむを得ない事情」がある場合に限り代理申請が可能です。
ただ、代理申請の場合には必要な持ち物も変わってきますので、事前に手続きを行う場所へ確認するようにしましょう。

また、上記でご紹介した「運転経歴証明証」の申請は、免許返納手続きを行う際に一緒に手続きを済ませておくのがオススメです。
運転経歴証明証を申請するために再度免許センター等に足を運ばなければならないなど二度手間とならないように、事前に必要なものや手続きの方法を確認しておくようにしましょう。

運転免許を返納すると再取得は大変!でもメリットもある

運転免許返納後に再度免許を取りたい場合には、改めて一から始める必要がありますからとても大変な思いをします。
ただ、免許の返納には様々なメリットがあるのをご存知ですか?

免許の返納によって得られる最大のメリットは、やっぱり「事故のリスクが減ること」だと思います。
車を運転するということは、便利である反面常に事故等の危険なリスクが伴います。
特に高齢者に多い「アクセルとブレーキの踏み間違い」や「ハンドルの誤操作」による事故は、時として命に関わるような重大な事故になってしまうことも少なくなく、免許の返納はこうしたことから距離を置くことにも繋がるのです。

一方で、免許の返納後は一定の条件をクリアすれば「返納特典」を受けることができる場合があり、これも免許の返納によるメリットの一つと言えるでしょう。
主な特典としては、タクシー料金やバス料金の割引などがあり、車に乗れなくなっても安心して暮らせるような特典となっています。

また、特典の内容は地域によっても異なりますので、もし免許の返納を検討しているのであれば一度確認した上で、再度検討するのも一つの方法です。