車のカーテンは100均アイテムで自作可能!作り方やコツを解説

車中泊をする際に必要な物、それがカーテンです。市販されている物は高いですし、100均アイテムで作れたら節約にもなります。
では、どんなアイテムを使ってカーテンを作ることができるのでしょうか。その作り方とは?
制作時間も費用も抑えた自作カーテンをご紹介します。
ただ車中泊でより遮光性を高めたい場合は、100均アイテム+αで考えた方がいいかもしれません。
ぜひお試しを!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

車のオーバードライブの使い方とは?その使いみちと燃費との関係

車の機能の一つにオーバードライブがあります。AT車限定の機能なのですが、名前はもちろん、その使い...

車のブレーキから音が鳴るのは危険!原因と早めの対応のススメ

車のブレーキから音が鳴るのに気がついたら焦ってしまう運転手もいるでしょう。これは、もしかしたら大きな...

車のブレーキランプの交換は自分できる!気になる費用や確認方法

車のブレーキランプの交換は意外と簡単に自分でできます。車のブレーキランプが切れたまま走行するのは、と...

車のブレーキパッドがサビても問題ないが残量のチェックは必要

車のブレーキパッドがサビていると、なにか不具合が出るのでは…と不安に感じる方も多いのではないでしょう...

車の盗難対策のためにGPSを設置するメリットと費用を解説

万が一の時のために、車の盗難対策としてgpsを設置する人が増えていると言われています。しかし...

ノーマルタイヤで雪道を走行する場合はチェーンが絶対必要です

雪が降らない地域から降る地域への転勤となると、雪道での車の運転が心配になる人も多いでしょう。...

バイクのカバーは台風の時は外すべきかどうか対策を考えよう

台風が通過する機会の多い日本。特に9月あたりは、台風によってバイクが倒れないようにするためにどうすれ...

車についてしまうホコリや砂の取り方と洗車の方法を紹介します

車体のホコリはどのようにして落としたらいいのでしょうか?ホコリの取り方を間違えてしまうと、傷をつけて...

自動車のシートの洗浄を自分で行う方法とコツについて解説

自動車に子どもを乗せてドライブに行くと、どうしてもシートは汚れてしまいます。しかし、洗浄しな...

車のリアガラスの交換費用と交換にかかる時間について解説します

車のリアガラスを修理ではなく交換するとなると、費用がどのくらいかかるのか気になる人の方が多いのではな...

車のタイヤのパンク修理後、タイヤの寿命は?パンク修理について

車のタイヤがパンクすると焦ってしまいますよね。新品に交換が必要?その費用についても気になります。...

車を綺麗にシャンプーしよう!水垢の原因を知って愛車を綺麗に

丁寧に車にシャンプーをしても、時間が経つと水垢が付着していることがあります。愛車をいつも綺麗な状態に...

車はあったほうがいい?東京で生活する時の車の必要性について

これから東京での生活をスタートさせる人の中には、車が必要かどうか知りたい人もいるのではないでしょうか...

ラジエーターの冷却水量が足りない場合は要注意!すぐに点検を

ラジエーターは車の前方に設置されているものですが、冷却水の量を気にしたことありますか?普段か...

車のエンジンかからない!キュルキュル音がする原因と対処法

「車のエンジンをかけようと思ったらエンジンかからない」このような状況になってしまったら、本当に困って...

スポンサーリンク

車のカーテンは100均で揃え自作できる

車のカーテンは、100均にある材料で簡単に作ることができます。
まずは作成のイメージを掴んで頂くために、材料と作り方を簡単にご紹介しますね。
【材料】

  • 遮光用の布(なるべく厚手で、遮光率の高いもの)
  • カーテンを吊り下げる丸ゴムやワイヤー
  • ハトメ(ワイヤーなどに通すためにカーテンにあけた穴につけるリング状の金具)

【作り方】

  1. 布を、カーテンを取り付けたい車の窓の大きさに適したサイズに裁断します。
  2. 裁断した布の上部に穴を開けて、ハトメを取り付けます。
  3. 丸ゴムやワイヤーを取り付ける窓の幅に合せてカットします。
  4. 3でカットした丸ゴムやワイヤーにカーテンを通して、車に取り付けて完成です。

車のカーテンを100均アイテムで自作する方法

ここでは100均で購入できるワイヤーと日よけカーテンを使って、作る方法をご紹介します。
ピラー(窓柱。フロントガラスとサイドガラス、リアガラスの間にある車体下部と天井部をつなぐ部分)にクリップを挟んでカーテンを取り付けます。
【用意するもの】

  • ワイヤー(丸く巻い状態で販売されています。太さ3mm程度のもの)
  • 日よけカーテン(日よけカーテンとして販売されているものを購入)
  • クリップ(ピラーに留めてワイヤーを通すので、厚みがなくてワイヤーをかけられる部分があるもの。今回は、事務用によく使う、黒色で取っ手が針金で出来ていて下げられるタイプのクリップを使用します。サイズは色々ありますが、強度を考えて幅3cm程度のものを選びました。)
  • ペンチ、ワイヤーカッターなど(ワイヤーを切るのに使います)

【作成手順】

  1. ワイヤーにカーテンを通して、ワイヤーを取り付ける場所よりも長めに切ります。端はカーテンが取れないように軽く曲げておきます。
  2. クリップを、カーテンを取り付けたい場所のピラーに挟みます。ピラーと天井部の間で、天井部を押すと隙間ができますので、天井部を押しながら取り付けます。
    車種によって、ピラーが窓の上部よりも下に位置している場合もありますが、ワイヤーを手で曲げて、窓の上部を沿うように取り付けられますので、とにかく挟めるところにクリップを取り付けます。
  3. クリップの取っ手の針金部分にワイヤーを差込み固定します。
    ワイヤーの形を窓の形に合せて、手で整えます。これで完成しました!クリップにワイヤーを掛けるだけなので、簡単に取り外しもできます。

安価な材料で出来ますので、是非試してみて下さいね!

車のカーテンが材料費千円以下で制作時間も1分!100均で作った簡単カーテンはおすすめ

ピラーがどうしても適した形状になっていない…、ピラーの隙間にクリップを挟むのはちょっと…と思われる方には、吸盤で取り付けるカーテンをご紹介します。
こちらも100均で揃えられる材料で作ることができますよ!
【準備するもの】

  • 遮光ができる厚手の布(取り付けたい窓の大きさにあわせて準備して下さい)
  • 車用の吸盤クリップ(吸盤に、布を挟めるクリップの付いたものです。窓一箇所につきクリップ2個用意します。)

【製作手順】

  1. 布を、窓が隠れるように、適度な大きさに切ります。
  2. 吸盤クリップを、取り付けたい窓の上部両端にしっかりとつけます。吸盤が剥がれないように、吸盤をつける部分の窓は汚れを取ってきれいにふいておきましょう。
  3. 吸盤のクリップに布を挟みます。

どうですか?たったのこれだけで完成です!
わざわざ車専用のカーテンなどを購入しなくても、数百円で出来上がりました。

カーテンを取り付ける時の注意点

前項でご紹介しました吸盤で取り付けるカーテンは、取り付けはとても簡単ですが、吸盤が剥がれやすいという難点もあります。しっかりと吸着しそうな適度な大きさの吸盤を見定め、吸着面に油分や汚れが付かないように注意して取り付けましょう。頻繁に取り外ししても取れやすくなってしまいます。

車中泊などをする際に、フロントガラスや運転席と助手席部分にカーテンを引いてしまうと、停車場所からちょっと移動したい場合等に、いちいちまたカーテンを開けないといけません。また、駐車中の防犯予防で車内の目隠しのためにカーテンを引きたい、そのような場合にも、フロントガラスと運転席、助手席の窓のカーテンを引くのはちょっと手間になりますね。
そんな場合には、フロントガラスや運転席と助手席部分には取り付けないで、車内の前部と後部座席との間にカーテンを取り付けるのもお勧めです。
車内の形状によっては、簡単に突っ張り棒で取り付けられる場合もあります。

車中泊で完全防備したい場合

カーテンでは明さや隙間が心配という方のために、銀マットで完全防備する方法をご紹介します。
【準備するもの】

  • 銀マット
  • ハトメ
  • 強力磁石フック
  • カラビナ
  • ロープ
  • 磁石クリップ

【製作手順】

  1. 窓ガラスのサイズを測り、窓ガラスのサイズよりも少し大きめに銀マットを切る。曲線部分はハサミ、直線部分はカッターを使うと切りやすいです。
  2. 銀マットの上部両端に穴を開けて、ハトメを取り付けます。フロントガラスとリアガラスは大きいので、必要に応じてもう1~2箇所取り付けましょう。
  3. カーテンを取り付けるのに適当な場所、エアコンの吸入口などにロープを通して輪にして結びます。そこへ、カーテンのハトメにカラビナを通して引っ掛けます。

取り付けたい場所にロープを引っ掛ける場所がない場合は、カーテンの取り付け位置に強力磁石フックを取り付けます。そのフックにハトメを引っ掛けてカーテンを取り付けます。
カーテンの下部に磁石クリップを取り付けて、裾を固定します。
これで、銀マットで完全防備完了です!
今回紹介した取り付け方法の他に、窓の形に合せて型紙を作り、銀マットを窓の大きさよりも若干大きめに切り取って、窓枠にはめるだけの方法もあります。
銀マットは車内の保温や防音効果も期待できますので、是非試してみて下さい。