スキーのエッジのサビ取り方法!滑った後のメンテナンスが重要

スキーのエッジのサビ取りに困っていませんか?
スキーは金属で出来てる部分が多いため、エッジ部分にサビができてしまうことがよくあります。

エッジにサビができた状態のままだと滑りは悪くなりますので、手に負えないサビになってしまう前に早めに取り除かなくてはなりません。

では、どのようにしてサビを取ることができるのでしょうか。
内部まで入り込む前に、すぐに対処しましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

スキーのターンの切り替え方とは?意識するべきポイント

難易度の高いスキーのターン、切り替えはどのように行えばいいのでしょうか?切り替える時のポイントやコツ...

幼稚園の子供にサッカーを教える時の教え方!コツとポイント

まだ小学校に入学前の幼稚園の子供にサッカーを教える時は、一体どんな教え方をすれば良いのでしょうか。テ...

剣道の突きは危険!突きをするのは基礎が固まった高校生から

剣道の技で「突き」がありますが、小中学生で突きをやっているところを最近見かけなくなりました。それは危...

ハーフマラソンで目標1時間40分!その練習方法を徹底解説

ハーフマラソンを2時間以内で走ることができれば、次に目標となるのは「1時間40分」を切ることという人...

バレーのサーブが上手くなりたい!練習方法やポイントをご紹介

バレーが好きだと言う方も多いですよね。昔は女性がやっているというイメージも強かったかもしれません...

野球の正しい投げ方を子供に教える場合のポイントを解説します

休日に子供と野球のキャッチボールをするお父さんも多いと思いますが、投げ方を教えようと思っても大人と違...

サッカーの練習に取り入れたい練習メニュー【ジュニア編】

ジュニア時代のサッカーの練習にはどんな練習を取り入れると良いのか、子供のサッカー技術向上やチームの勝...

バットの重さはどのくらい?プロのバットの重さについてを調査

プロ野球を見ていて「重いバットだからあんなに飛ぶのかな?」と思ったことはありませんか?プロ野...

サッカーの練習方法は?小学校の子供に教えたいサッカーの基礎

サッカーを始めたばかりの小学校のお子さんは、まだサッカーの基礎が身に付いておらずなかなかサッカーが上...

スポーツをする時にかけるサングラスは偏光レンズがおすすめ

屋外でスポーツをする際にサングラスをかける方はよくいますが、購入の際は見た目や値段だけで決めているの...

ダイビングの機材の重さは合計何kg?飛行機に乗る時は要注意

ダイビングを始めてその楽しさがわかってくると、外国の海に潜ってみたくなりますよね。しかし、そ...

ドライバーが上がらないのはナゼ?初心者によくある原因とは

ドライバーが上がらないのは初心者だから?ドライバーが上がらない原因にはどんなものがあるのでしょうか?...

ミニバスの練習方法とは?低学年はわかりやすく楽しくが基本

低学年にミニバスの練習をするときには、どのようなものを行ったらいいのでしょうか?低学年には、...

長距離の走り方を子供に教えるときのコツやポイントとは

子供と一緒に長距離の練習をするときにはどのように教えてあげたらいいのでしょうか?走り方のコツ...

富士山の溶岩の持ち帰りはNGになる事を知っておきましょう

富士山への登頂は、国内からの人気はもちろん海外旅行者からの人気もとても高く多くの登山客が訪れています...

スポンサーリンク

スキーのエッジのサビ取り方法、まずはきめが細かい紙やすりを試してみよう

スキーのエッジはお手入れを忘れると、すぐにサビが生じてしまいます。

シーズン中にエッジのサビに気がついた場合は、表面だけにサビが出ている可能性が高いので自分で対処できますよ。紙やすりを使用してサビ取りに挑戦してみましょう。

まずは紙やすりを購入します。ホームセンターや100均で手に入れることが可能です。

実際に紙やすりを購入しに行くと、紙やすりの種類の多さにびっくりして、どれを選んでよいのか困ってしまうはずです。

紙やすりは番号で管理されていて、番号が大きくなればなるほど目が細かくなっていきます。

目が細かいということは傷が大きくないメリットがありますが、それだけ削れていないということにもなります。通常目の細かい紙やすりは、削りの仕上げに使用されますが、サビ取りなどにも使用できるので、エッジのサビ取りにも1000番以上の目の細かい紙やすり(耐水ペーパー)を使用しましょう。

紙やすりは使いやすい大きさにカットして、サビ部分をこすります。この方法でサビが取れない場合は、エッジの中までサビが及んでいる可能性があります。

紙やすりで取れない場合の、深いサビについては後ほど対処方法をご紹介いたしますね。

スキーのエッジのサビ取りで紙やすりを使用する場合のポイント

スキーのエッジについた軽いサビは紙やすりを使用して、簡単に落とすことが可能だとお話をしましたが、紙やすりを使う際のポイントについてもご紹介をしていきます。

まずは先述したように、細かな紙やすりを使用することです。大きな傷をつけてしまうと、またそこからサビが入り込みやすくなってしまいます。細かな紙やすり、耐水ペーパーを使用してください。

また細かい紙やすりだと言って、適当に扱うのもNGです。

エッジに紙やすりを当てる場合はエッジ面に水平にあてて使用し、余分なところを削り落とさないようにしましょう。

その他にも耐水ペーパーと書かれている紙やすりは、水研ぎ用の物が一般的で少しだけ水をつけて使用します。

紙やすりを使用した後、水分が残ってしまうとサビの原因となってしまうので、サビ取りをした後はしっかりと水分を拭き取りましょう。

エッジ以外の場所をこすらないように、注意をしながらサビ取りを行ってください。

スキーのエッジのサビが強い場合は、チューンナップに出してサビ取りしてもらう方が賢い選択

軽いサビ取りについてお話をしてきましたが、紙やすりを使用してもサビが取り切れない場合、すでに中までサビが及んでしまっている可能性が高いです。

無理に紙やすりでこすり続けると、エッジを丸くしてしまう危険性もあり、エッジがまるまるとスキーも思うように滑れなくなってしまいます。無理をせずにスキーショップなどでチューンナップに出すことをおすすめします。

ワンシーズン過ぎてしまって、いざスキーを使おうと思った時に気がついたサビは、奥までサビが入り込んでいる事が多く、中々サビを取ることが出来ない場合が多いものです。
チューンナップというと高くついてしまう印象がありますが、安いコースなら思ったよりも金額がかからずにすむ場合も。

紙やすりがダメでさび取り消しゴム、というように市販品をいくつか購入するよりも、チューンナップにだすと、サビが取れるだけでなくワックスまでかけてくれます。

しっかりとプロがスキー板を手入れしてくれるので、かえってお得感を感じることも少なくはありません。

サビが深い!そう感じたらプロのお手入れを考えてみてください。

スキーのエッジがサビる前にサビ止めを塗ろう

スキーのエッジは意外にあっという間にサビます。泊まりでスキーに行っていた際には一日たっただけなのに、お手入れをサボるとサビが発生していることも。

そしてサビるとやっぱり、いくら簡単でもお手入れは面倒です。

そこでエッジをサビさせない様にする方法をご紹介致します。

その方法とは単純にサビ止めを塗ることです。スキーから帰ってきたら面倒でも疲れていても一手間を怠らないこと。サビ止めを塗ってスキー板を収納することが大切です。

この一手間が後々、重要となることは間違いありません。

ちなみにサビ止めを塗る前にもメンテナンスが必要です。メンテナンスと言っても難しいことはありません。スキーを滑り終えた後、サビ止めを塗る前に一緒に行ってくださいね。

メンテナンスの仕方については次でご紹介をしていきますので、参考にしてください。

スキーを滑り終わった後のメンテナンスが大切

スキーのエッジをサビさせないためには、滑り終わった後のメンテナンスも重要です。

まずは車に入れる前にしっかりと雪を落とすことを忘れないでください。雪山は寒くて一刻も早く車に乗り込みたくなってしまいますが、板についている雪こそがサビの原因!サビ落としが面倒だと感じる方は特に、この点に注意をしましょう。

またスキー場には雪落とし用のブラシがおいている場合が多いので、それを利用すると便利です。最後に布で水分をしっかりと拭き取って車に入れます。エッジの雪を取るときには手を切らないように注意をしながら行いましょう。

車にスキー板を乗せるとき、私はカバーをかけずにそのまま積み込みます。

車が古いこともあり、スキー板があたっても気にしません。車にスキー板を乗せて家につく頃には水分も乾燥しているので、サビ止めやワックスを塗ってメンテナンス終了です。

しかし車の内装に傷がつくのは嫌だという方は、スキー板を乾燥させてからカバーを付けるか、板が車に当たらないように充分に注意をして、車に積み込んでくださいね。

とにかく錆びる原因は水分です。スキーの使用後は水分を残さない点をポイントにしてメンテナンスを行いましょう。