コップの収納をキッチンの引き出しに!良い点と注意点をご紹介

コップや食器の収納場所は、見た目だけでなく取り出しやすい場所にあるかも、重要なポイントとなります。

キッチンシンクの引き出しを活用すると、料理を作ったあと、すぐに食器を取り出すことができて便利ですよね。またコップを洗ったあとの片付けもスムーズに行えます。

そこで引出し収納する際のポイント、注意点についてご紹介をいたします。便利な引出し収納も、注意をしなければ食器を台無しにしてしまう恐れがあるので、記事を参考にして収納をしてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

木材に塗装する場合のスプレーの使い方と綺麗に仕上げるコツ

家の修繕をしたり、簡単な家具を作ったりDIYをする人は増えています。最近は道具も充実してホームセ...

専業主婦とニートの違いって?大きく定義が違います!

専業主婦への風当たりが強い世の中ですが、ニートと並べられるのは、ちょっと違うと思います。職に...

髭の剃り残しをなくす剃り方!T字カミソリで剃る方法とポイント

髭を剃ったとき、うっかり髭を剃り残してしまうことがあります。剃り残しがあると、見た目もよくありません...

フローリングの補修【キズ対策】簡単にできる方法と守る工夫

フローリングの補修やキズについてお悩みの方は必見です。フローリングは木の暖かさや木目のオシャレな雰囲...

一人暮らしの食事・外食でコスパを良くする食事のコツを解説

一人暮らしをしていると、なかなか自炊をする時間がなくて毎日の食事を外食で済ませている人もいるのではな...

友達への誕生日プレゼント・5000円前後で女友達にプレゼント

女友達の誕生日に、どんな誕生日プレゼントを贈ればいいのか悩んでいる男性もいるのではないでしょうか。...

甲子園が満員でも入る方法と当日券の並び方や確実に入る方法とは

甲子園球場が満員になっても入る方法はあるんです。しかし、それにはやはりチケットを購入するため...

ユニットバスのコーキングをして隙間を修復!やり方と必要な物

ユニットバスと壁の隙間の部分にあるコーキングが長年の劣化でボロボロになってしまったり、黒いカビが生え...

テレビの購入で注意する事とは?テレビの選び方を紹介

テレビを購入するときにはどのようなことに注意したらいいのでしょうか?決して安い買い物ではないテレビ、...

停電の原因がブレーカー以外の場合の対処法と注意点について

突然停電が起こった場合、まず原因として考えられるのはブレーカーですが、調べてみても落ちていない場合は...

コンセント増設に必要な資格とは?資格取得の種類や試験について

コンセントの増設は資格がないと行えません。「電気工事士」という資格が必要なのですが、電気工事士に...

本の保管をダンボールでしてはいけない訳と正しい保管方法

小説、単行本、雑誌など本好きの人ならいつの間にかたくさんの本に囲まれてしまっていませんか。本...

包丁の研ぎ方のコツ。研ぐ時の角度や砥石の準備にかかせない事

毎日使う包丁は使う度に切れ味がどんどん落ちていきます。包丁を研ぐことで切れ味は驚くほどよみがえります...

歌う時の声質を変えたい人が意識すべきポイントとは

カラオケで上手に歌うために、思い切って声質を変えたいと感じる人は多いようです。しかし、声質と...

畳の上にフローリングカーペットを敷くとダニのもと?ダニ対策

畳の部屋をリメイクしたいと考え、フローリングカーペットを敷いて部屋を洋風な印象に仕上げたいと考えてい...

スポンサーリンク

コップをキッチンの引き出しに収納する良い点について

キッチンにある引き出し収納、ここにコップを収納したら取り出しやすく片付けもらくにできそうですよね。引き出し式の食器棚はその便利さから人気がありますので、コップもキッチンの引き出しに収納すると良さそうですよね。

食器類を引き出しに収納するメリット

引き出しを引っ張り出したら中に収納した食器類がひとめでわかり、奥の方に収納した食器も取り出しやすいというメリットがあります。

食器棚の場合

奥に収納した食器を取り出すには手前にある食器をいちいち動かさないといけないし、手前にある食器に隠れてしまった食器は目に入りにくくなってしまいます。また、棚の高さまで食器を積み重ねるため、取り出すときに上の食器をどかしたり、あまり高く積み重ねすぎると安定性も良くありません。これはコップにも同じことが言えます。

背の低いコップを積み重ねて収納すると、取り出すときにぶつけて割ってしまうこともありますし、奥の方のコップを取り出すのも面倒になります。

引き出しの中

コップを高く積み重ねることもなく、奥の方に収納したコップも取り出しやすいですよね。また、食器棚の場合は下の棚に収納した物を取り出すときに腰を落とさなければなりませんが、キッチンの引き出しならかかむ必要もないでしょう。

引き出しは見た目よりもたくさん収納することができます。取り出しも片付けもラクになりますので、引き出しにコップの収納はおすすめです。

コップを引き出し収納する際の注意点

コップもたくさんの数を引き出しに入れてしまうと、それなりに重たくなり、引き出しに負担がかかってしまいます。

引き出しの底の強度を確認

引き出しの底が薄い板だと重さによって割れてしまう場合も考えられます。また、重さによって引き出しのレールにも負担がかかりますので、レールの状態も確認しておきましょう。

引き出し内の安定性を確保

引き出しは引っ張り出して動かして使うため、その度に中のコップが動いてしまいます。キチンと収納しないと中でコップが移動してぐちゃぐちゃになったり、コップ同士がぶつかって割れたり傷をつけてしまいしかねません。引き出しの中でコップが動かないように安定性を持たせることと、開け閉めのときはゆっくりを心がけてください。

また、引き出しを開けたままにしておくと邪魔になりますので、コップを取り出したり片付けたらすぐに閉めるようにしましょう。

注意点を踏まえた引き出しにコップを収納するコツ

引き出しにコップを収納するときは、引き出しを引っ張り出した時にコップが動いてしまうというデメリットを考慮して工夫することが必要です。

引き出しの中にクロスやマットを敷いてからコップを収納する

引き出しの中に直接コップを入れてしまうと、中でコップが滑りやすくなってしまいます。クロスやマットの上ならコップが滑る心配はありません。

タオルや布巾を敷いて使うこともできますが、タオルや布巾ごと滑って動いてしまうことがありますので、滑り止めシートも使うなどの工夫も必要です。

滑らない食器棚クロスも便利

クロスの裏側に滑り止め加工がされていて、表面は布地なのでコップが滑ったり傷をつける心配もありません。

引き出しに深さがあっても、コップを重ねて収納するようなことは避けてください。
食器棚の場合は扉を開ける度に中に食器が動いてしまうということはありませんが、引き出しの場合は開閉の度にコップに振動を与えてしまいます。コップ同士がぶつかって欠けてしまう原因になりますので、できるだけ重ねないようにしましょう。

コップを引き出しに収納!100均グッズを使ったアイデア収納

引き出しの中にちょっと手を加えるだけでコップを収納しやすくすることができます。使う道具は100均でも手に入れることができますので、ぜひ試してみてください。

浅めの引き出しの場合

引き出しの中に突っ張り棒を使う

コップを引き出しの中に並べたら、コップの列の間に突っ張り棒を取り付けてコップが動かないようにします。突っ張り棒は細めのタイプを選び、縦でも横でも構いませんので、コップが動かないように取り付けてください。これだけで引き出しの中もスッキリしますし、開閉の度にコップが動くのを防ぐことができます。

深さがある引き出し

ファイルボックスがおすすめ

ワイングラスのような高さのあるグラスならファイルボックスの中にグラスを一度収納してから、ファイルボックスごと引き出しの中に収納します。ワイングラスのようなステムが長くて破損しやすいタイプでも安心です。

湯呑ならカゴを使うと便利

カゴの中に湯呑や急須を入れておき、カゴごと引き出しの中に収納します。使いたいときはカゴごと取り出します。

見た目もスッキリ!引き出しのコップを整理するポイント

引き出しの中でもコップを適当に収納してしまうと、ごちゃごちゃして使いにくくなり、見た目も良くありません。引き出しの中がスッキリしていると、収納してある物がわかりやすくなり、取り出しやすくすることができます。

スッキリ収納にはトレイやカゴを使うと良い

100均でもいろいろな大きさや深さのものがありますので、引き出しにぴったりのサイズが見つかるでしょう。
トレイなら縁に少し高さのあるものを選んでください。引き出しを動かしたときにトレイの中でコップが動いて崩れるのを防ぐことができます。

深さのある引き出しにはトレイではなくてボックスを使うと良い

コップの高さに合わせてボックスの深さを選んでください。たくさんコップを出したいときは、ボックスごと引き出しから出すことができるので便利です。

引き出しに収納するときは、ボックスやトレイなどを上手に利用して、仕切りを作ることがポイントです。引き出しにコップを収納するときは壊れないような工夫をすることと、使いやすくて見た目も良いスッキリ収納を目指してくださいね。