シリコンケースの黄ばみの原因と落とし方!買い替え前にチェック

シリコン製のスマホケースを使っていると、気になるのが黄ばみですよね。
使っているうちに、徐々に黄ばんで来て、購入した時の色とはかなり変わってしまいます。

この黄ばんだシリコンケースは買い換えるしかないのでしょうか?

使い慣れたケースを手放すのが惜しいと言う方には、新しいケースを買う前に、試して欲しい方法があります。
シリコンのスマホケースの黄ばみの原因と落とし方についてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

窓の断熱効果を上げるDIYの二重窓を作る方法!冷気を防ぐ内窓

寒い季節になると窓からの冷気が気になったり、結露が気になります。窓際に行くとひんやりとした空気が漂い...

庭木の手入れに必要な初心者が揃えるべき道具リスト

庭木の手入れをするにはいろいろな道具が必要になります。しかし、庭木のお手入れ初心者にとっては、どんな...

本音と建前は逆?わかりにくい女性の本音を紹介します

女性の本音と建前ほど難しいものはありませんよね。どうして本音と建前が逆になってしまうことがあるのでし...

一人暮らしは自炊で健康維持!食事の栄養バランスを考えた食生活

一人暮らしをしていると、食事を外食やコンビニのお弁当で済ませてしまうことも多くなります。健康的な食生...

電波時計の受信時間は何時間かかる?受信環境に注意しよう

電波時計は標準電波を自動的に受信し、その時刻情報によって時刻が修正されるのですが、受信時間や受信まで...

【アイロンのかけ方】ズボンの正しいアイロン掛けの手順と注意点

一人暮らしの男性が苦手な家事の一つにアイロン掛けがあります。自分でアイロンをかけるという時には、どの...

礼服のときの靴のマナーとは?紐の結び方や葬儀に履ける靴

礼服に合った靴とはどんなものなのでしょうか?紐のある靴を履くときはこのような靴を選びましょう。靴紐の...

専業主婦とニートの違いって?大きく定義が違います!

専業主婦への風当たりが強い世の中ですが、ニートと並べられるのは、ちょっと違うと思います。職に...

高校の卒業証明書はいつもらえる?卒業証明書の入手方法

高校の卒業証明書はいつから発行してもらえるのでしょうか?また、発行してもらうまでの日数や請求の方法と...

木のまな板は削り直ししよう。セルフと業者に依頼した結果

食材を切る時に必要なまな板ですが、どんなタイプを使っていますか?最近はプラスチックのタイプも...

水槽のソイルの掃除頻度や掃除タイミング!こまめな水換えが大切

水草水槽に欠かせない底床といえばソイルですが、とにかく掃除がしにくいのが難点でもあります。一見汚...

駐車場の無断駐車はレッカー移動できる?無断駐車をさせない方法

駐車場に無断駐車をされてしまうと駐車場の持ち主の方はとても腹が立ちますよね。レッカー移動をさせて無断...

一人暮らしの味噌汁はインスタントでも美味しく食べる方法

一人暮らしの食事で心配なのが栄養のバランス。野菜がなかなか摂れていないという方も多いでしょう。...

メガネの調整は他店でもしてもらえる?料金や頻度について

メガネの調整を他店でしてもらう事はできるのでしょうか?買ったお店になかなか行けないときには、他店で調...

タッパー弁当の仕切りのアイテム。定番からおしゃれアイテムまで

毎日のお弁当作りは大変ですね。お弁当箱にはどんなタイプの物を使っていますか?色々な素材や形の...

スポンサーリンク

シリコンケースに付いた黄ばみの落とし方

シリコンケースの汚れの主な種類としては黒ズミと黄ばみの二種類の原因があります。
黒ズミの場合は主に手あかによる汚れです。

黄ばみの場合は紫外線によって化学変化が起こって引き起こされる黄ばみと、素材自体が劣化したことで引きおこる黄ばみがあります。

この劣化によって黄ばみが生じた場合は黄ばみを落とすことができません。

しかし、紫外線による黄ばみの場合は落とすことができますので一度黄ばみを落とす方法を試してみてはどうでしょうか。

黄ばみの落とし方としては、酵素系の漂白剤を使います。

酵素系漂白剤を5:5で水に溶かした後、その中に黄ばみのあるシリコンケースをつけてください。

太陽光の当たるところに数日間放置したあと、黄ばみが取れてきたら水洗いしてみましょう。

その後自然乾燥させれば終了です。

この方法を行っても黄ばみが落ちない場合は、素材が劣化したことによる黄ばみであるので黄ばみを落とすのは難しいでしょう。

黄ばみが気になるシリコンケースを着色する方法

黄ばみがきになるシリコンケースは上記の方法で黄ばみを落とすこともできますが、着色することで長く使用することもできます。

シリコンケースが黄ばむたびに新しいケースに買えるのは少しもったいない感じもしますし、色に飽きてしまって新しい物を購入するという手間も省くことができます。

そのため、自分でシリコンケースに色をつけてみる事をおすすします。

方法としては、医療や繊維用の塗料を使って染めてみましょう。
どういった染料がいいのかしっかり調べて実践してみてください。

染める手順としては、染めるためのシリコンケースをまずしっかり中性洗剤などで油分などの汚れを除去することが大切です。

その後、汚れてもよいケースを準備し、その中に染料と塩を混ぜて熱湯で溶かしましょう。

その中に染めたいシリコンケースを投入し、20分ほど待ってみて色がついているのを確認してみてください。

このひと手間で黄ばんでいたシリコンケースも自分の好きな色に染色することができます。

黄ばみが出やすいシリコンケースの汚れを取る方法

他にもシリコンケースの汚れを取る方法をいくつかお伝えします。
シリコンケースの汚れを取る場合、あまり強い洗剤を使ってしまうと柄の描かれているものは柄の色が薄くなってしまったり、シリコンケースが変形してしまう場合があります。
このことを防ぐためにも以下の方法は有効ですのでご紹介していきます。

  • セロテープでとる方法
    ホコリなどの隙間汚れはセロテープでぺたぺたと貼って剥がしてとる方法が無難です。
  • 石鹸や歯磨き粉でとる方法
    セロテープで落ちない汚れの場合は石鹸や歯磨き粉を使って取りましょう。
    この時強く擦りすぎると傷をつけてしまうのであくまで優しく擦る事を心がけてください。
    歯磨き粉も研磨剤の入っていないものを選びましょう。
  • 木工用ボンドでとる方法
    木工用ボンドを固めて剥がすときに一緒に汚れも取る事ができるのでお勧めです。
    あまり薄く塗ってしまうとボンドが取れずに余計汚くなってしまうので少し厚めに塗りましょう。

シリコンケースのベタベタ汚れを落とすには

シリコンケースは基盤実だけでなく、使っていると徐々にベタベタしてきますよね。

このベタベタを取るには石鹸や洗剤だと難しいです。

より効果的なのは無水エタノールを使って掃除することです。
無水エタノールはホームセンサーやドラッグストアで比較的簡単に手に入れやすいのでぜひ試してみてください。

そしてシリコンケースだけでなく、スマホ側についてしまったベタベタの除去することができます。

方法としては、無水エタノールを雑巾などの布に染み込ませ、直接シリコンケースなどのベタベタする場所を拭いてみましょう。

そうすれば徐々にべたつきはなくなり、買った当初を同じような手触りに戻すことができるのです。

スマホケースに使われる材質の特徴

スマホケースには様々な材質のものがありますので、自分の好みに合ったものを使用するとよいでしょう。

  • ソフトな材質のスマホケース
    手触りが柔らかくて手から滑りにくいのが特徴です。
  • シリコン製スマホケース
    弾力性があり柔らかいのでスマホを落とした時の衝撃を吸収してくれます。
  • TPU製スマホケース
    シリコンケースよりも少し固めでホコリが気持ちつきにくいです。
    シリコン製のものよりも伸びにくいです。
  • ABS樹脂製スマホケース
    工事現場でのヘルメットの素材に使われるもので、熱に強く、軽くて丈夫です。
  • ポリカーボネート製スマホケース
    ポリカーボネートはスーツケースなどの素材に使われるもので、硬くて丈夫です。
    衝撃や熱にも強く、カラーバリエーションも豊富です。