シリコンケースの黄ばみの原因と落とし方!買い替え前にチェック

シリコン製のスマホケースを使っていると、気になるのが黄ばみですよね。
使っているうちに、徐々に黄ばんで来て、購入した時の色とはかなり変わってしまいます。

この黄ばんだシリコンケースは買い換えるしかないのでしょうか?

使い慣れたケースを手放すのが惜しいと言う方には、新しいケースを買う前に、試して欲しい方法があります。
シリコンのスマホケースの黄ばみの原因と落とし方についてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

リビングのエアコンサイズの判断基準!家の造りが重要ポイント

リビングにエアコンを取り付けようと考えた時、まずどのくらいのサイズが必要なのかを考えます。店...

素敵な誕生日の過ごし方。夫婦ならこう過ごす

誕生日の過ごし方にはさまざまなものがあります。友達を呼んでワイワイ騒いだり、家族が一堂に会してお...

革財布のクリーニング方法!長く愛用して味のある革財布にしよう

革製品のお財布を使用している人の中には、財布の黒ずみ汚れが気になっている人もいますよね。汚れを綺麗に...

包丁の研ぎ方は簡単!はじめてでもできる手順やポイントを紹介

包丁の研ぎ方が簡単にできるようになれば、いつでも切れ味の良い包丁を保つことができます。包丁を研いだこ...

木材の種類の見分け方!加工状態と色々な木材の特徴・用途を解説

世の中には色々な木材の種類があります。知識のない人は、木を見ただけで何の木なのか見分けることが難しい...

専業主婦とニートの違いって?大きく定義が違います!

専業主婦への風当たりが強い世の中ですが、ニートと並べられるのは、ちょっと違うと思います。職に...

バッテリー充電はアイドリングでも可能だが走行した方がベスト

何らかの原因で車のバッテリーがあがってしまうことがありますが、バッテリーの充電はアイドリング状態でも...

一人暮らし必見!エアコン暖房の設定温度と電気代節約方法

一人暮らしを始めると今までは気にも留めなかった、エアコン暖房の設定温度が気になる事があります。...

台風の速度が変わるのはナゼ?台風の速度が変化する理由とは

台風の速度がいつも変わる理由にはどのようなものがあるのでしょうか?できれば、来ないでほしい、...

窓の断熱効果を上げるDIYの二重窓を作る方法!冷気を防ぐ内窓

寒い季節になると窓からの冷気が気になったり、結露が気になります。窓際に行くとひんやりとした空気が漂い...

男性が眉毛を書く時に失敗しないためにやるべきこととは

男性が眉毛を書くことは今では身だしなみの一つとなっていますが、いざ自分がやろうと思ってもどんな道具が...

眼鏡の鼻あてが痛い!痛みを感じる原因と対処法について

 眼鏡の鼻あてが痛い原因を知れば、必ずこの不快感は解消されます。  視界を良くするための眼鏡...

窓の結露で部屋の湿度が下がる?結露の仕組みと湿度対策

窓に結露がつくと部屋の湿度は高くなっていると思いませんか?しかし実際はその逆!結露がついているのに、...

本棚のDIYにすのこが便利!DIY初心者向けすのこ本棚の作り方

すのこはDIYに欠かせない道具のひとつです。手軽に材料が揃い、さまざまなものにリメイクすることができ...

発泡スチロールブロックの強度とは?特徴や使い方を紹介します

発泡スチロールブロックの強度はどのくらいなのでしょうか?素材が発泡スチロールだからそこまで強度がない...

スポンサーリンク

シリコンケースに付いた黄ばみの落とし方

シリコンケースの汚れの主な種類としては黒ズミと黄ばみの二種類の原因があります。
黒ズミの場合は主に手あかによる汚れです。

黄ばみの場合は紫外線によって化学変化が起こって引き起こされる黄ばみと、素材自体が劣化したことで引きおこる黄ばみがあります。

この劣化によって黄ばみが生じた場合は黄ばみを落とすことができません。

しかし、紫外線による黄ばみの場合は落とすことができますので一度黄ばみを落とす方法を試してみてはどうでしょうか。

黄ばみの落とし方としては、酵素系の漂白剤を使います。

酵素系漂白剤を5:5で水に溶かした後、その中に黄ばみのあるシリコンケースをつけてください。

太陽光の当たるところに数日間放置したあと、黄ばみが取れてきたら水洗いしてみましょう。

その後自然乾燥させれば終了です。

この方法を行っても黄ばみが落ちない場合は、素材が劣化したことによる黄ばみであるので黄ばみを落とすのは難しいでしょう。

黄ばみが気になるシリコンケースを着色する方法

黄ばみがきになるシリコンケースは上記の方法で黄ばみを落とすこともできますが、着色することで長く使用することもできます。

シリコンケースが黄ばむたびに新しいケースに買えるのは少しもったいない感じもしますし、色に飽きてしまって新しい物を購入するという手間も省くことができます。

そのため、自分でシリコンケースに色をつけてみる事をおすすします。

方法としては、医療や繊維用の塗料を使って染めてみましょう。
どういった染料がいいのかしっかり調べて実践してみてください。

染める手順としては、染めるためのシリコンケースをまずしっかり中性洗剤などで油分などの汚れを除去することが大切です。

その後、汚れてもよいケースを準備し、その中に染料と塩を混ぜて熱湯で溶かしましょう。

その中に染めたいシリコンケースを投入し、20分ほど待ってみて色がついているのを確認してみてください。

このひと手間で黄ばんでいたシリコンケースも自分の好きな色に染色することができます。

黄ばみが出やすいシリコンケースの汚れを取る方法

他にもシリコンケースの汚れを取る方法をいくつかお伝えします。
シリコンケースの汚れを取る場合、あまり強い洗剤を使ってしまうと柄の描かれているものは柄の色が薄くなってしまったり、シリコンケースが変形してしまう場合があります。
このことを防ぐためにも以下の方法は有効ですのでご紹介していきます。

  • セロテープでとる方法
    ホコリなどの隙間汚れはセロテープでぺたぺたと貼って剥がしてとる方法が無難です。
  • 石鹸や歯磨き粉でとる方法
    セロテープで落ちない汚れの場合は石鹸や歯磨き粉を使って取りましょう。
    この時強く擦りすぎると傷をつけてしまうのであくまで優しく擦る事を心がけてください。
    歯磨き粉も研磨剤の入っていないものを選びましょう。
  • 木工用ボンドでとる方法
    木工用ボンドを固めて剥がすときに一緒に汚れも取る事ができるのでお勧めです。
    あまり薄く塗ってしまうとボンドが取れずに余計汚くなってしまうので少し厚めに塗りましょう。

シリコンケースのベタベタ汚れを落とすには

シリコンケースは基盤実だけでなく、使っていると徐々にベタベタしてきますよね。

このベタベタを取るには石鹸や洗剤だと難しいです。

より効果的なのは無水エタノールを使って掃除することです。
無水エタノールはホームセンサーやドラッグストアで比較的簡単に手に入れやすいのでぜひ試してみてください。

そしてシリコンケースだけでなく、スマホ側についてしまったベタベタの除去することができます。

方法としては、無水エタノールを雑巾などの布に染み込ませ、直接シリコンケースなどのベタベタする場所を拭いてみましょう。

そうすれば徐々にべたつきはなくなり、買った当初を同じような手触りに戻すことができるのです。

スマホケースに使われる材質の特徴

スマホケースには様々な材質のものがありますので、自分の好みに合ったものを使用するとよいでしょう。

  • ソフトな材質のスマホケース
    手触りが柔らかくて手から滑りにくいのが特徴です。
  • シリコン製スマホケース
    弾力性があり柔らかいのでスマホを落とした時の衝撃を吸収してくれます。
  • TPU製スマホケース
    シリコンケースよりも少し固めでホコリが気持ちつきにくいです。
    シリコン製のものよりも伸びにくいです。
  • ABS樹脂製スマホケース
    工事現場でのヘルメットの素材に使われるもので、熱に強く、軽くて丈夫です。
  • ポリカーボネート製スマホケース
    ポリカーボネートはスーツケースなどの素材に使われるもので、硬くて丈夫です。
    衝撃や熱にも強く、カラーバリエーションも豊富です。