ナイロン素材は季節の変わり目に大活躍!洗濯や保管も簡単

ナイロン素材は季節の変わり目など長い期間着ることができるので便利です。ナイロン素材のウインドブレーカーなど持っているという人も多いのではないでしょうか。

そこで、ナイロン素材を着るタイミングや着るのに最適な季節などナイロン素材の活用法や洗濯方法、さらに正しい保管方法についてお伝えしていきましょう。

ナイロン素材のものは薄いけどいつ着たらいいのかと気になっていた人も、これで着るのに最適なタイミングや季節がわかります。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

一人暮らしのご飯は冷凍保存が便利!保存の方法を紹介します

一人暮らしに欠かせないのがご飯、白米ですよね。しかし、毎日ご飯を炊くのは大変です。そんなときに役立つ...

【アイロンのかけ方】ズボンの正しいアイロン掛けの手順と注意点

一人暮らしの男性が苦手な家事の一つにアイロン掛けがあります。自分でアイロンをかけるという時には、どの...

メガネとサングラスを兼用するいくつかの方法をご紹介

メガネをかけている方、サングラスはどうしていますか?サングラスをつける時はコンタクトを使用する?その...

電波時計の受信時間は何時間かかる?受信環境に注意しよう

電波時計は標準電波を自動的に受信し、その時刻情報によって時刻が修正されるのですが、受信時間や受信まで...

電車で距離が近い人の心理と寄りかかりの対処法とは

電車の中で距離の近い人が気になるときがありませんか?それほど混んでいるわけではないのに、すごく近くに...

発泡スチロールブロックの強度とは?特徴や使い方を紹介します

発泡スチロールブロックの強度はどのくらいなのでしょうか?素材が発泡スチロールだからそこまで強度がない...

シリコンケースの黄ばみの原因と落とし方!買い替え前にチェック

シリコン製のスマホケースを使っていると、気になるのが黄ばみですよね。使っているうちに、徐々に黄ば...

部屋で焼く焼肉。プレートの選び方と焼き肉の時の準備や対策

焼き肉が大好きという人は、家でも焼肉が食べたいと思いますね。家で焼肉をしようと思った時に気になるのが...

家の外壁を掃除したい!高圧洗浄機で洗うときの注意点

一軒家に住み始めて5年、なんだか外壁の汚れが気になるなぁ、とはいっても外壁の掃除の方法なんて聞いたこ...

落ち葉の掃除、砂利の上の場合のおすすめな道具と掃除のポイント

庭に木がある場合は、秋頃になると落ち葉が気になってきます。隣の敷地に飛んでいってしまわないうちに...

窓の断熱効果を上げるDIYの二重窓を作る方法!冷気を防ぐ内窓

寒い季節になると窓からの冷気が気になったり、結露が気になります。窓際に行くとひんやりとした空気が漂い...

石油ストーブにやかんを乗せる場合は空焚き注意!自己責任です

石油ストーブのいいところは、部屋を早く温めることが出来る、価格や安いことなどが挙げられますね。...

免許返納後の再取得は可能?免許返納後の再取得やメリットを解説

年齢が高くなり、運転免許証を返納したほうが良いのではないかと考えている人もいるのではないでしょうか。...

駐車場の無断駐車はレッカー移動できる?無断駐車をさせない方法

駐車場に無断駐車をされてしまうと駐車場の持ち主の方はとても腹が立ちますよね。レッカー移動をさせて無断...

台風の速度が変わるのはナゼ?台風の速度が変化する理由とは

台風の速度がいつも変わる理由にはどのようなものがあるのでしょうか?できれば、来ないでほしい、...

スポンサーリンク

ナイロン素材は季節や温度で着るタイミングが変わる

ナイロン素材の服といってまず最初に浮かぶのは、ウインドブレーカーではないでしょうか?その名の通り、寒さだけでなく風や雨を塞いでくれる頼もしい存在として、とくにアウトドアのお出かけの際には非常に重宝するアイテムですよね。薄くてかさばらないため、使わない時はバッグにしまっておける手軽さもあり、お出かけの際にはいつも持参しているという方もいらっしゃるでしょう。

それ以外にも、ナイロン素材を使ったアイテムはたくさんありますが、ウインドブレーカーのような薄手のタイプであれば、それ1枚で使える季節は限られてきます。暖かくなってきた春先や、朝晩とくに肌寒くなってきた9月の下旬頃から冬の始まりくらいまでの時期であれば、ウインドブレーカーの出番も多いかと思います。

同じナイロン素材でも、寒さの厳しい季節に活躍するのがダウンジャケットです。気温に合わせて本格的な防寒用として使用できる厚手のタイプから、少し肌寒い時期に使用できる薄手のタイプまで、こちらも着るタイミングに合わせて使いわけることが可能です。

ナイロン素材を着るのに最適な季節とは

ナイロン素材のジャケットやジャンパーの中には、ウインドブレーカーのようにしっかりと雨風を防いでくれるような頑丈な作りではなく、裏地や中綿のないペラペラな作りのものもありますよね。こちらは防寒目的というよりも、おしゃれなアイテムとしてファッションに取り入れている方も多いことでしょう。

このタイプのアウターの良いところは、コンパクトにたたんでもシワにならないことや、洗濯してもすぐに乾くことの他にも、カラーバリエーションが豊富なことも挙げられます。ナイロン素材のアウターを羽織ると、自然とスポーツテイスト感が出るので、若い方だけでなく年配の方も若々しい印象を与えることができます。

このようにファッション性の高いナイロン素材のジャケットですが、通気性や防寒性はほとんどありませんので、一枚で着られる季節はある程度限られてきます。もちろん、中に厚手のトップスを着れば、地域によっては真冬の手前くらいまでは着られるかもしれませんが、あまりにもペラペラ素材だと、なんだか寒々しくて季節感のない印象を与えてしまいますのでご注意を。

ナイロン素材は軽くて季節の変わり目にもオススメ

ナイロン素材のジャケットは、季節の変わり目などにはとくに重宝するアイテムです。

春先や秋口などは、天候によって気温が変化しやすいため、少し肌寒いと感じた時にササッと羽織れるうえに、急な雨にも対応できるというメリットもあります。

なにより、やはりバッグに入れて持ち歩いても邪魔にならないうえに、シワにもなりにくいため、普段の通勤や通学はもちろん、旅行バッグに1枚忍ばせるのにも困らないというのも嬉しい点でしょう。

真冬に着るナイロン素材のアウターといえば、ダウンや中綿入りのジャケットが主流ですが、この季節にはあまり出番がないウインドブレーカーも、実は雪国においては真冬でも着る機会があるのです。それは、雪国の冬の季節の日常風景である雪かきを行う時です。
雪が降るほど寒い時期には、さすがに外出時にウインドブレーカー1枚だけというわけにはいきません。ですが、雪かきはかなりの重労働ですので、スコップなどを使って手作業で雪かきをする際に、普段の外出と同じようにしっかりと防寒をしていては、すぐに汗だくになってしまうのです。

私の住んでいる地域は、毎日雪かきが必要なほどは降りませんが、それでも12月から3月の初めあたりまでは、一晩のうちに20~30センチほどの雪が積もることも度々ありますので、朝から雪かきに追われることも珍しくはありません。私が雪かきをする際には、パーカーやスエットの上にウインドブレーカーの上下を着て、足元には膝まである長靴という、完全武装スタイルで挑みます。

このように、雪国では季節の変わり目以外でも、ウインドブレーカーを着る機会がたくさんあるのです。

ナイロン素材は簡単に洗濯もしやすい

ナイロン素材の服は、汚れが付いても洗えば簡単に取れやすいという利点があります。

洗濯してもシワになりにくく、短時間で乾きやすい反面、吸湿性が低くて汗を吸い込まないため、夏場に着るのは不向きです。

洗濯する際は、他の衣類と同様に洗濯ネットなどに入れて洗うこともできますが、洗濯表示を十分に確認したうえで行ってください。色落ちが気になる場合は、個別に手洗いすることをオススメします。

ナイロン素材は熱に弱いため、乾燥機で乾かすのではなく、なるべく日陰で自然乾燥しましょう。直射日光に長時間当たってしまうと、変色する恐れがありますのでご注意ください。

ナイロンの洋服は湿気に注意して正しく保管しましょう

アウター類をハンガーにかけてクローゼットなどに収納する際に、上から市販の防虫用カバーをかけるという方も多いかと思いますが、ナイロン素材の洋服に関しては、こちらは必要ありません。それどころか、場合によっては変色してしまう恐れもありますので、保管方法には注意が必要です。

スーツやコートなどを風通しの悪い場所に収納していると、虫に食われたりカビたりすることがあります。防虫用カバーをかけておけば、虫やカビの予防だけでなく、衣類にホコリがつくのも防ぐことができますが、この防虫用カバーに使われている酸化防止剤の成分が、ナイロン素材と触れることによって、黄ばみが発生してしまうケースがあるのです。

ナイロン素材の洋服は、カバーをかけずに収納していても虫に食われる心配はありませんので、あとは除湿剤などを上手に利用して、湿気対策だけしておけばOKです。

ナイロン素材の洋服は、他の素材のものと比べて取扱いがラクで傷みにくいため、長く使うことを想定して、色やデザインがベーシックなものを選ぶのもオススメです。購入される際の参考になさってみてはいかがでしょうか?