一人暮らしの男性の食事の節約術!自炊を続けるためのポイント

一人暮らしの男性は仕事が忙しいと、つい食事は外食で済ませてしまうという人も多いでしょう。しかし、そんな外食を続けていると気がつけば食費にばかりお金をかけてしまいます。一人暮らしの男性が食費の節約を考えるなら、一番は自分で食事を作ることです。

そこで、一人暮らしの男性の食事の節約術について、食費の節約の意識や食材を安く手に入れるポイント、食事を簡単に作りやすくするコツやすぐにできる定番料理などお伝えしていきましょう。

これを読めば、これまで自炊が面倒で続けられなかった人でも意外と簡単に自炊を続けられるようになるでしょう。節約はもちろん大切ですが、時には友達と外食を楽しむのも忘れずに。ぜひ無理なく自炊を続けましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

トイレの壁紙の黄ばみの正体とは?黄ばみの掃除方法もご紹介

トイレの壁紙に黄ばみがありませんか?うっすらと見えるその黄ばみの正体を知ったら、トイレの用の足し方を...

窓の結露で部屋の湿度が下がる?結露の仕組みと湿度対策

窓に結露がつくと部屋の湿度は高くなっていると思いませんか?しかし実際はその逆!結露がついているのに、...

カエルは縁起が良いといわれる理由!カエルで幸運に遭遇しよう

カエルと聞くと気持ち悪いと思ってしまう女性は多いのではないでしょうか。ある雨の日にカエルを遭遇し...

水槽の濾過器の音が気になるときの対処方法について

水槽の濾過器音が気になるときにはどうしたらいいのでしょうか?今までは気にならなかったけれど、だんだん...

髭の剃り残しをなくす剃り方!T字カミソリで剃る方法とポイント

髭を剃ったとき、うっかり髭を剃り残してしまうことがあります。剃り残しがあると、見た目もよくありません...

質問の答えが違う人に対して会話を成立させるための対処法

質問とは答えが違う人と会話をしていると頭を悩ませることがあるでしょう。このような会話が成立しないタイ...

新聞紙に乗るゲーム。じゃんけんで負けるとこうなる。遊び方とは

新聞紙があれば簡単に出来て、盛り上がるじゃんけんゲームを知っていますか。用意するのは新聞紙だ...

コンセント増設に必要な資格とは?資格取得の種類や試験について

コンセントの増設は資格がないと行えません。「電気工事士」という資格が必要なのですが、電気工事士に...

【免許証の住所変更】住民票そのままで住所を変更する方法

免許証の住所変更は住民票を必ず移す必要があるのでしょうか?住民票そのままにしておきたい場合はどうした...

水槽のソイルの掃除頻度や掃除タイミング!こまめな水換えが大切

水草水槽に欠かせない底床といえばソイルですが、とにかく掃除がしにくいのが難点でもあります。一見汚...

タイの入国審査が厳しい理由と気をつけたいポイントとは

最近ではタイの入国審査が厳しいと言われていますが、それはどんな理由によって厳しくなっているのでしょう...

住民票のコピーが無効となるのは?住民票について

住民票のコピーは無効なのでしょうか?写しとあるのはコピーでもよいということではありません。言...

田舎と都会の違いとは?生活や意識の違いを紹介します

田舎と都会の違いにはどんなものがあるのでしょうか?田舎は遊ぶところがない…都会はお金がかかる…とマイ...

革財布のクリーニング方法!長く愛用して味のある革財布にしよう

革製品のお財布を使用している人の中には、財布の黒ずみ汚れが気になっている人もいますよね。汚れを綺麗に...

コップの収納をキッチンの引き出しに!良い点と注意点をご紹介

コップや食器の収納場所は、見た目だけでなく取り出しやすい場所にあるかも、重要なポイントとなります。...

スポンサーリンク

一人暮らしの男性は食事を自分で作れば節約できる

一人暮らしをしていると、仕事から帰ってくると疲れてしまって、つい料理をしようという意欲が薄れてしまいます。
特に男性の一人暮らしは、外食や惣菜に頼っているというケースが多いようです。

外食や惣菜は一人暮らしにとって強い味方でもありますが、その分どうしても食費はかさんでしまいます。

少しでも食費を節約したいのであれば、やはり自炊を意識することです。

同じ食事でも外食と自炊ではかなり金額が変わる

例えばパスタを自炊した時と外食した時を比較した場合

外食をすると、パスタは1000円ほどします。
確かに味も本格的ですし、自分で調理や片付けをする手間がいらないということも魅力です。

では自炊をすると、どのくらいの金額になるのでしょう?

自炊では300円ほどです。

市販されているパスタの麺を使うと、一人分である100gの値段は約50円前後です。
そこに調味料や肉、野菜を加えても300円くらいのコストで抑えることが出来ます。

この場合だと、外食と比較してみると3分の1ほどの金額で済むという計算になります。これが毎日となると…外食をすると食費が増える理由は理解出来ましたね。

一人暮らしの男性が節約するには安い食材で食事を作ること

食費を節約するために自炊をするには、まずは食材の買い出しをすることから始まります。

今まであまり料理経験のない男性だと、食材一つ一つの平均的な値段も把握出来ていないものです。
高いのか安いのかもわからずに買い出しをしていては、結局無駄な出費をしてしまいます。

コスパの良い食材

主食

米や麺は満腹感もあり、値段も安い食材です。
生麺よりも乾麺の方が日持ちするので、常にストックしておくなら乾麺の方が保存しやすいでしょう。

パンは日持ちしないので、すぐに食べない場合は冷凍保存をしましょう。

小麦粉も安いので、お好み焼きなどにアレンジして調理すると満足感のある食事が出来ます。

鶏肉

肉の中では、鶏の胸肉が断然安いです。豚肉を買う場合は小間切れ肉が安いです。肉は部位によって値段が全然違うので、比較してみて下さい。

卵は値段も安く、タンパク質が豊富に含まれています。アレンジもしやすいので、冷蔵庫に常備しておくと料理のレパートリーも広がります。

大豆製品

豆腐や納豆も安く栄養もあるので、活用しやすい食材の一つです。

一人暮らしの男性にオススメな食事を作りやすくするコツ

一人暮らし男性には、無理なく自炊をしてもらえるよう作りやすいコツを知ることがポイントです。

簡単にできる料理を覚える

手間も時間もかかる料理では、仕事終わりに作ろうという気にはとてもなれません。
自炊をするメニューは、決して手の込んだ難しいものでなくて構いません。

麺や丼なら一気に作ることが出来るので、手間も時間も短縮出来ます。

手間を省略することもコツ

一から料理をするとなると、野菜の皮を剥き、食べやすくカットして、火を通して味付けと何段階も工程があります。

しかし、スーパーに行くと皮が剥かれてカットされている野菜や、水煮されていてあとは味付けをするだけに下ごしらえされているものがあります。

この一手間が省略出来るだけでも、料理の面倒はグンと軽減されます。下ごしらえされている食材も、上手に活用しましょう。

一人暮らしは作りおきを活用する

簡単なメニューでも、どうしても作るのが面倒という日もあります。

そんなときのために、休日のうちに少し作りおきして冷凍庫にストックしておきましょう。

一度に少し多めにおかずを作り、あとは冷蔵や冷凍で保存しておけば、あとは加熱してすぐに食べることが出来ます。

これなら疲れた日でも外食に頼らずに済むので、休日の時間を少し料理に使ってみて下さい。

簡単なコツで無理なく自炊を続けられるように工夫しましょう。

簡単に作れる定番料理があれば自炊も継続できる

料理が得意ではない男性でも、簡単に作れる定番料理があれば自炊を継続出来る大きなポイントになります。

カレーライス

早い、簡単、美味しいと言えばカレーライスを想像する人も多いかと思います。

本当にその通りで、手軽なのに美味しい最高の料理です。カレーライスを作ったことのない方でも、箱に作り方が説明されているので参考にして作ると失敗知らずです。
カレーライスのレシピを探す必要もありません。

使用する具材も自分の好みでいくらでもアレンジ出来るので、冷蔵庫にあるものでパパっと作ることは出来ます。

チャーハン

チャーハンも一人暮らしをしていて手軽に食べたいとき、サッと作りやすい料理です。
ですがこだわると奥が深い料理でもあるので、慣れてきたら自分好みの味付けや具材を見つけてみるといいですよ。
毎回違った味のチャーハンが楽しめるようになります。

材料

  • ご飯    200~250g(冷やご飯でも可)
  • ネギ    4分の1~3分の1本
  • 卵     1個
  • 塩こしょう 適量
  • 鶏ガラ粉末 小さじ半分
  • しょうゆ  小さじ1
  • ごま油   大さじ1

作り方

  1. ネギを切ります。(好みで薄切りやみじん切り)
  2. 卵はあらかじめ溶いておきます。
  3. フライパンにごま油を熱し、細かく切ったネギの香りを出すように炒めます。
  4. ネギに火が通ったら、次に溶き卵を手早く炒めます。
  5. 溶き卵に火が通り始めたら、ご飯を加えて一気に炒めます。
  6. 最後に塩こしょう・鶏ガラ粉末・しょうゆで味を整えたら完成です。

明太子パスタ

ピリッと明太子がアクセントになるパスタのレシピです。

材料

  • パスタ麺  100g
  • 塩     パスタを茹でる際に使用
  • 明太子   1房
  • バター   10~15g
  • 麺つゆ   小さじ1~大さじ半分
  • 刻み海苔  適量

作り方

  1. まずはパスタを茹でます。塩を加えたお湯にパスタ麺を入れて、記載通りの時間茹でます。
  2. 明太子は薄皮を取り、中身だけを取り出します。
  3. 明太子・バター・麺つゆを混ぜます。
  4. パスタが茹で上がったら、3にパスタの茹で汁を大さじ1加えます。
  5. パスタと4が全体的に絡むように和えます。
  6. 仕上げに刻み海苔を乗せたら完成です。

節約をしながらも時には外食も楽しんでストレス発散も大切

いくら節約のためとは言え、毎日自炊を継続することはなかなか大変です。
自炊をするということが義務になり、苦痛になってしまっては本末転倒です。

普段は自炊を中心にしますが、たまの息抜きとして外食をすることは大賛成です。

自炊をしているからこそ、外食の味や時間をより楽しむことが出来ますし、外食をして心も体も満たされるとまた自炊を頑張ろうという意欲にも繋がると思います。自炊を外食のバランスを考えて、上手に外食というストレス発散を加えることも大切です。