男性の靴は何足必要?最低限揃えたい靴の数、理想とする靴の数

社会人男性はトータルで何足靴が必要なのでしょうか。
職種にもよりますが、サラリーマンでスーツの着用が多い場合、ビジネス用の革靴は必須ですし、休日に履く靴、デートの時などおしゃれをしたい時に履く靴など、TPOに合わせて靴を選ぶ機会も増えてきます。
そこで、社会人男性が最低限揃えたい靴の数、理想とする靴の数についてご紹介します。一度にたくさん揃えるのは大変なので、一足ずつ徐々に増やしていくといいでしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

検索の方法。意外と知らない検索方法とそのコツについて

検索の方法って30パターン位あるのをご存知ですか?知りたいことを知るのに便利なインターネット...

鉛筆をカッターを使う時の削り方のコツと最適な芯の長さとは

最近は鉛筆を使う機会も減っていると思いますが、美術のデッサンの場合は鉛筆を使うこともありますね。...

石油ストーブにやかんを乗せる場合は空焚き注意!自己責任です

石油ストーブのいいところは、部屋を早く温めることが出来る、価格や安いことなどが挙げられますね。...

車のガラスが簡単には割れないと言われる理由を詳しく解説します

車のガラスは簡単には割れないと言われていますが、中でもフロントガラスにはかなり強いガラスが使われてい...

桃の育て方とは?剪定の時期や道具方法などを紹介します

桃を元気に育てるときに必要となるのが剪定です。桃の剪定はどのように行えばいいのでしょうか?剪...

【アイロンのかけ方】ズボンの正しいアイロン掛けの手順と注意点

一人暮らしの男性が苦手な家事の一つにアイロン掛けがあります。自分でアイロンをかけるという時には、どの...

畳の上にフローリングカーペットを敷くとダニのもと?ダニ対策

畳の部屋をリメイクしたいと考え、フローリングカーペットを敷いて部屋を洋風な印象に仕上げたいと考えてい...

引き戸のレールの音が気になる場合の対処法と戸車の交換方法

引き戸を開け閉めした時に聞こえるレールからの音。中でも賃貸物件に住んでいると、隣に住んでいる人に聞こ...

マスクでメガネが曇るときの曇り止め方法!使える裏技を大公開

メガネをしている人の悩みといえば、マスクをしたときにメガネが曇ってしまうことではないでしょうか。何か...

雑草のトゲが刺さって痛い。トゲが刺さったり激痛がする物の正体

暖かくなってくると、庭の雑草がぐんぐんと伸びてしまい景観も悪くなってしまいますね。そこで雑草...

窓の結露防止に効果的な100均グッズと日常生活で心がけること

冬になるとどうしても窓にできてしまう結露。結露が発生するたびに拭き掃除をしても、永遠に終わらないかも...

【標本の作り方】夏休みに採ったカブトムシを思い出として残そう

子供と一緒に昆虫採集に出かけてゲットしたカブトムシ。大切な夏休みの思い出として標本にしておきたいです...

新聞紙に乗るゲーム。じゃんけんで負けるとこうなる。遊び方とは

新聞紙があれば簡単に出来て、盛り上がるじゃんけんゲームを知っていますか。用意するのは新聞紙だ...

トイレの壁紙の黄ばみの正体とは?黄ばみの掃除方法もご紹介

トイレの壁紙に黄ばみがありませんか?うっすらと見えるその黄ばみの正体を知ったら、トイレの用の足し方を...

友達への誕生日プレゼント・5000円前後で女友達にプレゼント

女友達の誕生日に、どんな誕生日プレゼントを贈ればいいのか悩んでいる男性もいるのではないでしょうか。...

スポンサーリンク

男性が持つべき靴の数、最低でもトータルで何足必要か

シャツやデニム、アウターなど洋服の枚数は意識しても、靴についてはあまり気にかけたことがないのでしょうか。

仕事用とプライベート用で分けることはあっても、いつも同じ靴を履いているという人も少なくないでしょう。特に男性は女性と比べるとファッションに合わせて靴を選ぶ機会も少ないようです。

中にはスニーカーが大好きで何足もコレクションしていたり、革靴を大切に手入れしながら履いているという男性もいると思います。靴を気にかけたことがない男性だと、靴は何足を持っていたら良いのか、その理想の数自体がわからないですよね。

靴はローテーションで履くことが望ましいので、最低3足は必要

靴は1日履いたら1日休ませた方が良いという話を聞いたことがあると思います。

1日履いた靴は両足で約200mlの汗を吸い込んでいると言われている

この汗の量は一晩だけでは乾ききらないので、翌日も同じ靴を履くと更に水分を含んでしまうことになるのです。これでは靴がどんどん傷んでしまい、汗で嫌な臭いが発生することにもなりかねません。
靴は1日履いたら2日休ませるようにしてください。そのためには3足が必要になってきます。

男性のビジネス靴の理想は何足か

仕事でスーツを着る人なら、ビジネス用の靴も必要になってきます。仕事で一日何時間も履き続け、営業職なら一日に革靴で何キロも歩くという人もいるでしょう。ビジネス靴も1足だけではもちろん足りません。

ビジネス靴の場合だと理想は10足

ですが、この数はなかなか難しいのではないでしょうか。玄関が靴だらけになってしまいますよね。収納も大変です。

できるなら5足がオススメ

週5日勤務と考えて、1週間に1足を履くというローテーションです。これなら靴を十分に休ませることができます。

せめて3足は用意したい

3足あると、1日履いたら2日休ませるということができます。

ビジネス用の革靴は、スニーカーに比べると通気性も悪い

革は手入れをしないと固くなったり傷みが早くなってしまいます。仕事で履く靴なので、スーツ姿にも相応しいように靴の状態を良く保つことも必要です。

履いたら必ず汚れを落として靴ブラシを掛け、こまめに手入れをするようにしてください。

男性がよく履く革靴は、何足か用意してローテーションで履くのがベスト

靴を良い状態で長持ちさせるためには、仕事用とプライベート用でそれぞれ何足か用意してください。そしてローテーションで履くようにします。

1日履き続けた靴の汗が乾くまでは2日が必要

汗が乾ききらないうちに履いてしまうと、更に水分を吸い込み、靴が湿った状態になってしまいます。

湿気った靴の放置は、吸い込んだ汗に細菌が付着して嫌な臭いを発生させる

布製の靴なら丸洗いができるものが多いですが、革製の靴なら洗うことができないですよね。

一度付着した臭いは取ることが難しくなってしまいます。

靴が湿った状態だとカビが発生する

靴の表面はきれいでも、靴の中にカビが生えて、さらに嫌な臭いをさせたり中敷きがひどく汚れてしまいます。

そのためにも、特に革靴は同じ靴を履き続けることはしないで、1日履いたら最低でも2日は休ませてください。ローテーションで履くためにも何足か用意しておきましょう。

男性が休日によく履く靴、スニーカーは何足必要で何色を用意すべきか

プライベートで履く靴なら、スニーカーが多いのではないでしょうか。スニーカーは履いていてラクで歩きやすく、プライベートの服装にも合わせやすいですよね。スニーカーが好きで何足も持っているという男性もいることでしょう。

プライベート用のスニーカーなら2足持っていると良い

スニーカーは洗うことができるので、汚れたら洗ってきれいにすることができます。布製のスニーカーなら通気性も良いので、革靴ほど湿気がこもりやすくありません。

スニーカーを用意するのなら、まずは活躍する白いスニーカーがおすすめ

夏なら爽やかなイメージになりますし、デニムやチノパンといったファッションにもぴったりです。

ただし白は汚れが目立ちやすい色でもあるため、もう1足は違う色を用意しておきましょう。雨上がりや土の上を歩く場合は白のスニーカーは避けて、濃い色のスニーカーを履くのがおすすめです。

汚れたら洗うこともできますが、完全に乾くまでは数日かかる場合があります。その時のためにも2足、理想は3足あると便利です。

ビジネス用の革靴、プライベートで履くオシャレ靴、その他で使う靴を考えても、何足か揃える必要はあるかも

ビジネス用の革靴とプライベートで履くスニーカーをそれぞれ何足か用意したら、今度はオシャレな靴を選んでみてはいかがでしょうか。ファッションに合わせて靴のオシャレも楽しんでみてください。

シャツにデニムといったシンプルな服装でも、ちょっとオシャレな靴を合わせるだけで全体的なイメージが変わってきます。

ビジネススーツに合わせる靴のおしゃれ

いつも黒ばかり履いているのなら茶にしてみたり形を変えたり、今持っている色やデザインとは違う靴を選んでみてください。足元は意外と見られているものです。オシャレな靴でいつもとは違う雰囲気を楽しむのも良いでしょう。

あまりたくさんの靴を持っていても全てを履きこなすのは難しい

結局は箱の中に入れたままということもあります。また、収納するところがなくて、玄関にあふれてしまうのも良くありません。靴はローテーションが必要なので何足か用意するのが理想ですが、必要以上に増やさないようにしておきましょう。傷んで買い換える時に新しい靴を選ぶことを楽しんでください。