男性の靴は何足必要?最低限揃えたい靴の数、理想とする靴の数

社会人男性はトータルで何足靴が必要なのでしょうか。
職種にもよりますが、サラリーマンでスーツの着用が多い場合、ビジネス用の革靴は必須ですし、休日に履く靴、デートの時などおしゃれをしたい時に履く靴など、TPOに合わせて靴を選ぶ機会も増えてきます。
そこで、社会人男性が最低限揃えたい靴の数、理想とする靴の数についてご紹介します。一度にたくさん揃えるのは大変なので、一足ずつ徐々に増やしていくといいでしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

新聞紙に乗るゲーム。じゃんけんで負けるとこうなる。遊び方とは

新聞紙があれば簡単に出来て、盛り上がるじゃんけんゲームを知っていますか。用意するのは新聞紙だ...

足の臭いが取れない時の対処法!足を清潔にして臭いを解消しよう

足の臭いが取れない事に頭を抱えている人もいるのではないでしょうか。特に女性の場合は、靴を脱ぐ場面がや...

タッパー弁当の仕切りのアイテム。定番からおしゃれアイテムまで

毎日のお弁当作りは大変ですね。お弁当箱にはどんなタイプの物を使っていますか?色々な素材や形の...

革靴のヒビ割れを自分で直す方法!履き慣れた靴の直し方

履き慣れたお気に入りの革靴は履く頻度も高くなり、履いているうちにヒビ割れが起こってしまう場合もありま...

素敵な誕生日の過ごし方。夫婦ならこう過ごす

誕生日の過ごし方にはさまざまなものがあります。友達を呼んでワイワイ騒いだり、家族が一堂に会してお...

マスクでメガネが曇るときの曇り止め方法!使える裏技を大公開

メガネをしている人の悩みといえば、マスクをしたときにメガネが曇ってしまうことではないでしょうか。何か...

リビングのエアコンサイズの判断基準!家の造りが重要ポイント

リビングにエアコンを取り付けようと考えた時、まずどのくらいのサイズが必要なのかを考えます。店...

包丁の研ぎ方のコツ。研ぐ時の角度や砥石の準備にかかせない事

毎日使う包丁は使う度に切れ味がどんどん落ちていきます。包丁を研ぐことで切れ味は驚くほどよみがえります...

鉛筆をカッターを使う時の削り方のコツと最適な芯の長さとは

最近は鉛筆を使う機会も減っていると思いますが、美術のデッサンの場合は鉛筆を使うこともありますね。...

カエルは縁起が良いといわれる理由!カエルで幸運に遭遇しよう

カエルと聞くと気持ち悪いと思ってしまう女性は多いのではないでしょうか。ある雨の日にカエルを遭遇し...

窓口で引き出しをするときは印鑑が必要?準備するものについて

窓口でお金を引き出しするときには印鑑もいるのでしょうか?普段、利用しているATMであればキャ...

革財布のクリーニング方法!長く愛用して味のある革財布にしよう

革製品のお財布を使用している人の中には、財布の黒ずみ汚れが気になっている人もいますよね。汚れを綺麗に...

自炊を簡単に安い値段で!一人暮らしの栄養を考えた自炊のコツ

一人暮らしをしている人の中には、自分の健康面を考えて自炊をしようと考えている人もいるのではないでしょ...

一人暮らしは自炊で健康維持!食事の栄養バランスを考えた食生活

一人暮らしをしていると、食事を外食やコンビニのお弁当で済ませてしまうことも多くなります。健康的な食生...

田舎と都会の違いとは?生活や意識の違いを紹介します

田舎と都会の違いにはどんなものがあるのでしょうか?田舎は遊ぶところがない…都会はお金がかかる…とマイ...

スポンサーリンク

男性が持つべき靴の数、最低でもトータルで何足必要か

シャツやデニム、アウターなど洋服の枚数は意識しても、靴についてはあまり気にかけたことがないのでしょうか。

仕事用とプライベート用で分けることはあっても、いつも同じ靴を履いているという人も少なくないでしょう。特に男性は女性と比べるとファッションに合わせて靴を選ぶ機会も少ないようです。

中にはスニーカーが大好きで何足もコレクションしていたり、革靴を大切に手入れしながら履いているという男性もいると思います。靴を気にかけたことがない男性だと、靴は何足を持っていたら良いのか、その理想の数自体がわからないですよね。

靴はローテーションで履くことが望ましいので、最低3足は必要

靴は1日履いたら1日休ませた方が良いという話を聞いたことがあると思います。

1日履いた靴は両足で約200mlの汗を吸い込んでいると言われている

この汗の量は一晩だけでは乾ききらないので、翌日も同じ靴を履くと更に水分を含んでしまうことになるのです。これでは靴がどんどん傷んでしまい、汗で嫌な臭いが発生することにもなりかねません。
靴は1日履いたら2日休ませるようにしてください。そのためには3足が必要になってきます。

男性のビジネス靴の理想は何足か

仕事でスーツを着る人なら、ビジネス用の靴も必要になってきます。仕事で一日何時間も履き続け、営業職なら一日に革靴で何キロも歩くという人もいるでしょう。ビジネス靴も1足だけではもちろん足りません。

ビジネス靴の場合だと理想は10足

ですが、この数はなかなか難しいのではないでしょうか。玄関が靴だらけになってしまいますよね。収納も大変です。

できるなら5足がオススメ

週5日勤務と考えて、1週間に1足を履くというローテーションです。これなら靴を十分に休ませることができます。

せめて3足は用意したい

3足あると、1日履いたら2日休ませるということができます。

ビジネス用の革靴は、スニーカーに比べると通気性も悪い

革は手入れをしないと固くなったり傷みが早くなってしまいます。仕事で履く靴なので、スーツ姿にも相応しいように靴の状態を良く保つことも必要です。

履いたら必ず汚れを落として靴ブラシを掛け、こまめに手入れをするようにしてください。

男性がよく履く革靴は、何足か用意してローテーションで履くのがベスト

靴を良い状態で長持ちさせるためには、仕事用とプライベート用でそれぞれ何足か用意してください。そしてローテーションで履くようにします。

1日履き続けた靴の汗が乾くまでは2日が必要

汗が乾ききらないうちに履いてしまうと、更に水分を吸い込み、靴が湿った状態になってしまいます。

湿気った靴の放置は、吸い込んだ汗に細菌が付着して嫌な臭いを発生させる

布製の靴なら丸洗いができるものが多いですが、革製の靴なら洗うことができないですよね。

一度付着した臭いは取ることが難しくなってしまいます。

靴が湿った状態だとカビが発生する

靴の表面はきれいでも、靴の中にカビが生えて、さらに嫌な臭いをさせたり中敷きがひどく汚れてしまいます。

そのためにも、特に革靴は同じ靴を履き続けることはしないで、1日履いたら最低でも2日は休ませてください。ローテーションで履くためにも何足か用意しておきましょう。

男性が休日によく履く靴、スニーカーは何足必要で何色を用意すべきか

プライベートで履く靴なら、スニーカーが多いのではないでしょうか。スニーカーは履いていてラクで歩きやすく、プライベートの服装にも合わせやすいですよね。スニーカーが好きで何足も持っているという男性もいることでしょう。

プライベート用のスニーカーなら2足持っていると良い

スニーカーは洗うことができるので、汚れたら洗ってきれいにすることができます。布製のスニーカーなら通気性も良いので、革靴ほど湿気がこもりやすくありません。

スニーカーを用意するのなら、まずは活躍する白いスニーカーがおすすめ

夏なら爽やかなイメージになりますし、デニムやチノパンといったファッションにもぴったりです。

ただし白は汚れが目立ちやすい色でもあるため、もう1足は違う色を用意しておきましょう。雨上がりや土の上を歩く場合は白のスニーカーは避けて、濃い色のスニーカーを履くのがおすすめです。

汚れたら洗うこともできますが、完全に乾くまでは数日かかる場合があります。その時のためにも2足、理想は3足あると便利です。

ビジネス用の革靴、プライベートで履くオシャレ靴、その他で使う靴を考えても、何足か揃える必要はあるかも

ビジネス用の革靴とプライベートで履くスニーカーをそれぞれ何足か用意したら、今度はオシャレな靴を選んでみてはいかがでしょうか。ファッションに合わせて靴のオシャレも楽しんでみてください。

シャツにデニムといったシンプルな服装でも、ちょっとオシャレな靴を合わせるだけで全体的なイメージが変わってきます。

ビジネススーツに合わせる靴のおしゃれ

いつも黒ばかり履いているのなら茶にしてみたり形を変えたり、今持っている色やデザインとは違う靴を選んでみてください。足元は意外と見られているものです。オシャレな靴でいつもとは違う雰囲気を楽しむのも良いでしょう。

あまりたくさんの靴を持っていても全てを履きこなすのは難しい

結局は箱の中に入れたままということもあります。また、収納するところがなくて、玄関にあふれてしまうのも良くありません。靴はローテーションが必要なので何足か用意するのが理想ですが、必要以上に増やさないようにしておきましょう。傷んで買い換える時に新しい靴を選ぶことを楽しんでください。