男性の靴は何足必要?最低限揃えたい靴の数、理想とする靴の数

社会人男性はトータルで何足靴が必要なのでしょうか。
職種にもよりますが、サラリーマンでスーツの着用が多い場合、ビジネス用の革靴は必須ですし、休日に履く靴、デートの時などおしゃれをしたい時に履く靴など、TPOに合わせて靴を選ぶ機会も増えてきます。
そこで、社会人男性が最低限揃えたい靴の数、理想とする靴の数についてご紹介します。一度にたくさん揃えるのは大変なので、一足ずつ徐々に増やしていくといいでしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メガネの調整は他店でもしてもらえる?料金や頻度について

メガネの調整を他店でしてもらう事はできるのでしょうか?買ったお店になかなか行けないときには、他店で調...

万年筆を保管する時はペン先の向きに注意!万年筆を長く使うコツ

万年筆をずっと長く使い続けるためには、正しい保管が絶対条件。特に万年筆を置く時のペン先の向き...

彼氏が嫉妬深いことに疲れると感じた女性のための対処法

彼氏から嫉妬されるのは女性としては嬉しいことですが、嫉妬深いとなると疲れると感じてしまうこともあるで...

大学の卒業式の持ち物!実際にあってよかった持ち物を厳選

大学の卒業式に向けて必要な持ち物を色々準備していきますが、「〇〇があればよかったのに…」と後悔だけは...

コンセント増設に必要な資格とは?資格取得の種類や試験について

コンセントの増設は資格がないと行えません。「電気工事士」という資格が必要なのですが、電気工事士に...

蛇口シャワーの掃除方法とは?定期的に洗いましょう

蛇口のシャワーの掃除はどのように行えばいのでしょうか?この蛇口シャワーの部分は驚くほど汚れているんで...

専業主婦とニートの違いって?大きく定義が違います!

専業主婦への風当たりが強い世の中ですが、ニートと並べられるのは、ちょっと違うと思います。職に...

桃の育て方とは?剪定の時期や道具方法などを紹介します

桃を元気に育てるときに必要となるのが剪定です。桃の剪定はどのように行えばいいのでしょうか?剪...

一人暮らしのご飯は冷凍保存が便利!保存の方法を紹介します

一人暮らしに欠かせないのがご飯、白米ですよね。しかし、毎日ご飯を炊くのは大変です。そんなときに役立つ...

駐車場をコンクリートにするには養生期間が必要!注意点や費用

駐車場をコンクリートにするためには養生期間というコンクリートが完全に固まるまでの期間が必要になります...

ポリカーボネートの屋根の掃除方法を理解して長持ちさせよう

カーポートの屋根などによく使われているポリカーボネートですが、気がつくとかなり汚れていることもありま...

質問の答えが違う人に対して会話を成立させるための対処法

質問とは答えが違う人と会話をしていると頭を悩ませることがあるでしょう。このような会話が成立しないタイ...

傘、壊れた?閉じれない傘に焦った時の対処法と修理方法

傘が壊れた?電車に乗ろうとして傘が閉じれないと、本当に焦りますよね?空いている電車内で傘を広...

駐車場の無断駐車はレッカー移動できる?無断駐車をさせない方法

駐車場に無断駐車をされてしまうと駐車場の持ち主の方はとても腹が立ちますよね。レッカー移動をさせて無断...

砂浜にいるカニの捕まえ方とは?この方法でカニを捕まえちゃおう

砂浜のカニの捕まえるのは難しい?砂浜にいるカニの捕まえ方のコツやポイントとは?道具がなくても...

スポンサーリンク

男性が持つべき靴の数、最低でもトータルで何足必要か

シャツやデニム、アウターなど洋服の枚数は意識しても、靴についてはあまり気にかけたことがないのでしょうか。

仕事用とプライベート用で分けることはあっても、いつも同じ靴を履いているという人も少なくないでしょう。特に男性は女性と比べるとファッションに合わせて靴を選ぶ機会も少ないようです。

中にはスニーカーが大好きで何足もコレクションしていたり、革靴を大切に手入れしながら履いているという男性もいると思います。靴を気にかけたことがない男性だと、靴は何足を持っていたら良いのか、その理想の数自体がわからないですよね。

靴はローテーションで履くことが望ましいので、最低3足は必要

靴は1日履いたら1日休ませた方が良いという話を聞いたことがあると思います。

1日履いた靴は両足で約200mlの汗を吸い込んでいると言われている

この汗の量は一晩だけでは乾ききらないので、翌日も同じ靴を履くと更に水分を含んでしまうことになるのです。これでは靴がどんどん傷んでしまい、汗で嫌な臭いが発生することにもなりかねません。
靴は1日履いたら2日休ませるようにしてください。そのためには3足が必要になってきます。

男性のビジネス靴の理想は何足か

仕事でスーツを着る人なら、ビジネス用の靴も必要になってきます。仕事で一日何時間も履き続け、営業職なら一日に革靴で何キロも歩くという人もいるでしょう。ビジネス靴も1足だけではもちろん足りません。

ビジネス靴の場合だと理想は10足

ですが、この数はなかなか難しいのではないでしょうか。玄関が靴だらけになってしまいますよね。収納も大変です。

できるなら5足がオススメ

週5日勤務と考えて、1週間に1足を履くというローテーションです。これなら靴を十分に休ませることができます。

せめて3足は用意したい

3足あると、1日履いたら2日休ませるということができます。

ビジネス用の革靴は、スニーカーに比べると通気性も悪い

革は手入れをしないと固くなったり傷みが早くなってしまいます。仕事で履く靴なので、スーツ姿にも相応しいように靴の状態を良く保つことも必要です。

履いたら必ず汚れを落として靴ブラシを掛け、こまめに手入れをするようにしてください。

男性がよく履く革靴は、何足か用意してローテーションで履くのがベスト

靴を良い状態で長持ちさせるためには、仕事用とプライベート用でそれぞれ何足か用意してください。そしてローテーションで履くようにします。

1日履き続けた靴の汗が乾くまでは2日が必要

汗が乾ききらないうちに履いてしまうと、更に水分を吸い込み、靴が湿った状態になってしまいます。

湿気った靴の放置は、吸い込んだ汗に細菌が付着して嫌な臭いを発生させる

布製の靴なら丸洗いができるものが多いですが、革製の靴なら洗うことができないですよね。

一度付着した臭いは取ることが難しくなってしまいます。

靴が湿った状態だとカビが発生する

靴の表面はきれいでも、靴の中にカビが生えて、さらに嫌な臭いをさせたり中敷きがひどく汚れてしまいます。

そのためにも、特に革靴は同じ靴を履き続けることはしないで、1日履いたら最低でも2日は休ませてください。ローテーションで履くためにも何足か用意しておきましょう。

男性が休日によく履く靴、スニーカーは何足必要で何色を用意すべきか

プライベートで履く靴なら、スニーカーが多いのではないでしょうか。スニーカーは履いていてラクで歩きやすく、プライベートの服装にも合わせやすいですよね。スニーカーが好きで何足も持っているという男性もいることでしょう。

プライベート用のスニーカーなら2足持っていると良い

スニーカーは洗うことができるので、汚れたら洗ってきれいにすることができます。布製のスニーカーなら通気性も良いので、革靴ほど湿気がこもりやすくありません。

スニーカーを用意するのなら、まずは活躍する白いスニーカーがおすすめ

夏なら爽やかなイメージになりますし、デニムやチノパンといったファッションにもぴったりです。

ただし白は汚れが目立ちやすい色でもあるため、もう1足は違う色を用意しておきましょう。雨上がりや土の上を歩く場合は白のスニーカーは避けて、濃い色のスニーカーを履くのがおすすめです。

汚れたら洗うこともできますが、完全に乾くまでは数日かかる場合があります。その時のためにも2足、理想は3足あると便利です。

ビジネス用の革靴、プライベートで履くオシャレ靴、その他で使う靴を考えても、何足か揃える必要はあるかも

ビジネス用の革靴とプライベートで履くスニーカーをそれぞれ何足か用意したら、今度はオシャレな靴を選んでみてはいかがでしょうか。ファッションに合わせて靴のオシャレも楽しんでみてください。

シャツにデニムといったシンプルな服装でも、ちょっとオシャレな靴を合わせるだけで全体的なイメージが変わってきます。

ビジネススーツに合わせる靴のおしゃれ

いつも黒ばかり履いているのなら茶にしてみたり形を変えたり、今持っている色やデザインとは違う靴を選んでみてください。足元は意外と見られているものです。オシャレな靴でいつもとは違う雰囲気を楽しむのも良いでしょう。

あまりたくさんの靴を持っていても全てを履きこなすのは難しい

結局は箱の中に入れたままということもあります。また、収納するところがなくて、玄関にあふれてしまうのも良くありません。靴はローテーションが必要なので何足か用意するのが理想ですが、必要以上に増やさないようにしておきましょう。傷んで買い換える時に新しい靴を選ぶことを楽しんでください。