水槽の地震対策はフランジが一番?そのメリット・デメリットとは

いつ大きな地震が起こってもおかしくない現代…。そんな時のために大切な水槽の地震対策をしっかりと行っておきたいですよね。

水槽の地震対策の方法はいろいろありますが、フランジが付いていた方が良いといわれる理由は何なのでしょうか?付けた場合のデメリットとは?

もしもの時のために水槽の地震対策について真剣に考えてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

熱帯魚の水温管理!冬は最低気温に注意して飼育しよう

熱帯魚はその文字通り熱帯地方の魚なので、季節によって気温が違う日本で飼育する場合は水槽の水温管理をし...

金魚の産卵の兆候を確認する方法や産卵のために準備するもの

金魚が産卵をするときにはどのような兆候があるのでしょうか?金魚が産卵をするときには、この部分を確認し...

インコの保温には湯たんぽが使える。ビニールで保温効果アップ

インコが寒そうにしていたり、体調が悪そうな時はインコを温かい環境においてあげたいものです。イ...

セキセイインコのおもちゃの作り方。材料や手順や人気のおもちゃ

セキセイインコが今のおもちゃに飽きた様子はみられませんか?そんな時はおもちゃを手作りをしてみまし...

金魚にヒーターが必要なメリットや正しい使い方について紹介

金魚にヒーターが必要かどうかは、金魚を育てる環境にもよります。基本的には金魚はヒーターがなくても飼育...

金魚にウオジラミが寄生する原因と正しい治療方法について

大切に飼育している金魚にウオジラミが寄生しているかもしれないとわかった場合、どのように治療したらいい...

カブトムシの幼虫が出てくる原因が土の中のガスだった時の対処法

カブトムシの幼虫を育てていて、ふと見ると幼虫が土から出ていることがあります。土から出てくる原...

水槽に白い虫発生!小さいものなら害なし?その正体を明かします

熱帯魚などを飼っていると、水槽に小さい白い虫がついていることがありますよね。その気持ち悪さに...

イトトンボのヤゴを飼う時に与えるエサと注意点について解説!

イトトンボの幼虫であるヤゴを飼いたいと考えた場合、あの細い体にどんなエサを与えればいいのか迷ってしま...

文鳥が餌を食べにくそうにしている?餌入れの底上げをしてみよう

文鳥のケージについてきた餌入れを使用していると、深さがあるため文鳥が食べにくそうに感じる場合がありま...

金魚の稚魚の育て方!水槽の水換え方法と注意点を解説

「金魚の稚魚を飼育しているけど、水換え方法がいまいちよくわからない」「成魚と同じ水換え方法でもいいか...

【チャボの飼育方法】室内で飼う場合に注意するポイントとは

日本の天然記念物となっているチャボ。ペットとして飼っている人も多く、ニワトリよりも小さいので飼育しや...

金魚の薬浴期間はどのくらい?薬浴の手順と飼育方法を解説

金魚が病気になってしまい、薬浴をさせて元気な状態に戻してあげたいと考えている飼い主さんもいますよね。...

ハムスターの砂浴びする時間帯と必要な理由や掃除頻度とは

ハムスターには砂浴びをする時間が必要なので、ハムスターを飼育するときは砂遊び場を用意してあげましょう...

コオロギを飼育するときに水は必要?コオロギの飼い方

コオロギを飼育するときに水はどのように与えたらいいのでしょうか?霧吹きで水を与えてしまうとコオロギの...

スポンサーリンク

地震対策のためには、フランジ付き水槽の方が良いと言われる理由は?

現代はいつ大きな地震がきてもおかしくないですよね。
水槽の地震対策としてフランジ付きの水槽の方が良いと言われる理由についてお伝えします。

まず、水槽にはアクリルとガラスの水槽があります。
そして水槽の仕様も、フランジがあるタイプと、ないタイプがあります。

このフランジですが、役目は四方八方に広がろうとする力が働く水を、できるだけ水槽の本体にかけないようにする事です。
ガラスの水槽にはフランジがないタイプが多く、反対にアクリルの水槽にはフランジがあるタイプが多いです。

また、フランジは地震対策の役目もあります。
地震で横揺れになった場合、フランジがない水槽は水がこぼれますが、フランジがある水槽はあまりこぼれないのです。水槽にふたをしていると、ほとんどこぼれませんよ!

地震で水槽の水が部屋にこぼれてしまわないようにしてくれるので、フランジ付きの水槽の方が良いと言われるのです。

地震対策のために水槽に後からフランジを付けることもできる?

「地震対策をしなくては!」と思ったあなた。
家にある水槽がフランジがないタイプの場合はどうしたらいいのかと悩んでいませんか?
水槽にふたをしたら少しは水漏れしにくいかなと思っても、フランジがない水槽の場合は、加工しないとそのふたもつける事ができないでしょう。

器用な人はそれでも自分でふたを作るという人もいますが、そんなに器用じゃない人は、オーダーメイドで頼むしかないでしょう。

しかし、この方法ではとても費用がかかってしまいますよね。

なので、私は最初からフランジがついた水槽を購入する事をオススメします。
フランジというほどではなくても、水槽の上部にふちがあると、水漏れの対策にはなりますし、その上のふたをする事もできます。

フランジを後付けするより、地震対策としてフランジ付きの水槽を最初から購入した方がいいですよ。

地震対策のために水槽にフランジをつけた場合のデメリットは?

地震対策のために水槽にフランジをつけた場合、メリットはもちろんありますよね!

メリットは、地震がきても水槽の水が漏れにくいという事、そして、魚がジャンプしてもふたを付ける事で水槽の外に飛び出ないという事でしょう。

しかし、デメリットもあるようです。
業者に頼んで、安い材料でフランジを後付した人は、掃除がしにくくなるというデメリットがあると言っていました。
また、取り外しができてもリアクタの給水などを取り付けると、取り外しが簡単にできなくなってしまう事、そして水槽の強度の補強にはならなく、水槽枠に取り付ける器具なども取り付けられなくなるという事です。

このように、地震対策のために後付したフランジでは水がこぼれないというメリットがありますが、その他は掃除がしにくくなったりなどのデメリットもありますよ。

地震対策をしていない水槽は地震が起こるとどうなる?

水槽にフランジなどの地震対策をしていなかった場合、地震が起こるとどうなってしまうのでしょうか?

地震が起こると、水槽の内側から割れてしまう事もあります。
水槽内に入れてあるライブロックが、地震の揺れで水槽の内側に転がって当たり、その衝撃で割れるのです。

また、水槽だけではなく、水槽台が崩れてしまう事もあります。
あなたは水槽台にどんな物を使用していますか?
ステンレスを組み上げる台の場合、その台のつなぎ目に大きな力が掛かって傾く事で、水槽もすべり落ちてしまう事がありますよ。

また、ガラスのふたが乗っている場合でも、揺れた水がふたを持ち上げて水槽の水が漏れてしまう事もあります。

このようにならない為に、水槽の地震対策をしておきましょうね。

地震の時に水槽が転倒しないようにすることも大切です

地震時に水槽の水がもれないように対策することも大切ですが、水槽が転倒しないようにする事も大事ですよね!
水槽が転倒してしまうと、水漏れ対策をしていても無駄になってしまいますよ。

では、水槽の転倒対策について紹介します。

先程も紹介したように、水槽台が傾いてしまうと水槽がすべり落ちてしまうので、水槽を台ではなくて直接床に置いてみてはいかがでしょう。

また、水槽台を壁に固定することで、水槽が転倒しないように対策しているという人もいます。これに対しては、水槽台を固定しない方が揺れを吸収するので転倒を防げる事ができるという意見もあるようです。

そして、水槽の下にゴム製や、波形状のポリエステル製のシートなどを敷いて転倒を防いでいるという人もいますよ。
また、ジェルマットを水槽の下に敷いて地震による揺れを吸収させる対策をしても良いでしょう。

このような対策で、地震がきても水槽が転倒しないようにしましょうね。

地震はいつ起こるかわかりません。
「そのうち地震対策をしようかな」なんてのんきに考えているのではなく、いつ地震がきても大丈夫なように対策は早めにしましょうね。