犬の外飼いはかわいそう?できれば犬は室内で飼いましょう

犬の外飼いはかわいそうなのでは?最近は外で犬を飼っているお宅を見なくなりました。

外飼いに向いている犬であっても、室内で飼うことをすすめる理由にはどのようなものがるのでしょうか?

犬のことが好きだからこそ、外で飼わないということがよくわかります。これから犬を飼おうと思っているのならぜひ室内で一緒に過ごしてあげてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ソイルを使った水槽の立ち上げ方法と魚を飼育するまでの管理方法

ソイルを使って水槽の立ち上げをしようと考えている人もいるのではないでしょうか。でも、実際の方法が分か...

グッピーのメスが動かない原因は?出産の兆候と対処法を解説

飼育しているグッピーのメスが水槽の中で動かないとき、一体どんなことが原因で動かないのか心配になってし...

天敵ヤゴからメダカを守るための駆除方法と予防策

屋外でメダカを飼育しているなら特に注意したい天敵、それがヤゴです。ヤゴを駆除しなければ、メダカはすぐ...

コリドラスの水槽は掃除しやすい工夫が必要!飼育方法とポイント

他の熱帯魚に比べ地味ながらもファンが多いコリドラス。コリドラスを飼育する際は、掃除がしやすい水槽...

ライオンとトラの交配によって生まれた動物たちを紹介します

ライオンとトラはどちらもネコ科ですが、実は交配させて生まれたハイブリッドな動物がいると言われています...

カナヘビを飼育する際には冬場のお世話が最重要!

カナヘビはヘビ科トカゲ。 漢字では愛蛇と書き、その名前の由来とも言われるほど可愛いトカゲでペットとし...

カナヘビの卵がへこんでいるのは無精卵の可能性が!卵の見分け方

カナヘビの卵を育てている時、他の卵と様子が違う卵があった場合は無精卵の可能性があります。なかなか卵が...

メダカの越冬の準備・屋外飼育の稚魚の越冬のポイントと注意点

メダカを飼育している人の中には、はじめて稚魚を越冬させようと思っている人もいることだと思います。...

グッピーの稚魚の性別判断は難しい。成魚の判断方法を確認

グッピーのオスメスの性別は見分けることが出来ますが、稚魚の時点で性別を見分けることは出来るのでしょう...

硝酸塩が発生する理由と水槽内の濃度を下げる方法

水槽内の硝酸塩が増えすぎると注意が必要です。アンモニアほどではありませんが、多過ぎる硝酸塩は、サンゴ...

コオロギの飼育方法とは?冬に気をつけたいのは温度や湿度

冬にコオロギの飼育をするときには、どのようなことに注意したらいいのでしょうか?飼育の方法を間...

グッピーの稚魚は親や成魚に食べられる!稚魚を増やす方法

グッピーの稚魚は自分の親や成魚に食べられるという話を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。「...

カブトムシの幼虫が出てくる原因が土の中のガスだった時の対処法

カブトムシの幼虫を育てていて、ふと見ると幼虫が土から出ていることがあります。土から出てくる原...

オオクワガタの産卵を成功させるポイントとペアリングの時のコツ

オオクワガタを飼育している人の中には、飼育だけでなくブリードに挑戦してみたいという人もいますよね。オ...

レオパが脱皮前後に食欲がなくなる原因とその対処法

レオパ(ヒョウモントカゲモドキ)は脱皮をする生き物ですが、脱皮前後に食欲がなく餌を食べなくなってしま...

スポンサーリンク

犬の外飼いがかわいそうなのはほとんど外で過ごすため

子供の頃は、外飼いをされている犬をよく見かけたものです。あの頃はそれが普通でしたし、実際に私の実家でも途中までは外にある犬小屋で飼っていました。両親が共働きだった我が家では、誰もいない日中は犬を外で過ごさせ、家族が帰ってきたら玄関に入れるという生活をしていましたが、散歩などをメインでしてくれていた母がケガをして、仕事を長期間休むことになったタイミングで、それまでの半外飼いの状態から、完全に室内で飼うスタイルに変わりました。

犬を新たに迎えるにあたっては、その存在はもはやペットではなく自分の家族、子供だという認識で飼っている方が大半でしょう。一緒に生活をともにする家族だという認識なのであればなおさら、室内で飼うことを前提にするのもうなずけますよね。

一方、外飼いされている犬に関しては、ほとんどの時間を家族とは離れて過ごすことになるため、犬と人間がコミュニケーションを取る時間が限られてしまいます。室内で飼われている犬と比べて、外飼いの犬がかわいそうだと思われてしまう原因は、やはりここにあるのではないでしょうか?

かわいそう?犬の外飼いの特徴

外飼いの犬がかわいそうだという声がある一方で、犬を外飼いすることのメリットもあります。ここでは、犬を外飼いする際のメリットやデメリットを見ていきましょう。

外飼いのメリット

  • 家の中が汚れない
  • 部屋の中が臭わない
  • 犬のイタズラ対策をしなくてもよい
  • 散歩の後などの汚れを気にしなくてよい

外飼いの一番のメリットとしては、やはり家の中に犬の毛や汚れを持ち込まなくて済むという点でしょう。室内飼いだと犬の毛がいたるところに落ちていて、毎日の掃除が欠かせないという話も耳にしますが、その点の心配はせずに済むでしょう。室内で犬を飼うと、当然臭いが気になるものです。その点、外飼いであれば臭いの心配はいりませんよね。

また、室内飼いのように犬がゴミ箱やティッシュをイタズラしたり、床に落ちている物を誤って飲み込んでしまったりする心配もありません。

外飼いのデメリット

  • 室内飼いよりも寿命が短くなるケースが多い
  • 体が汚れやすい
  • 吠えてご近所の迷惑になる
  • 脱走する可能性がある
  • イタズラの対象になりやすい

犬を外飼いすることにより、飼い主の目が届きにくくなり、体調の変化に気付きにくかったりウイルス感染などの危険性が高まることで、結果的に寿命が短くなってしまう可能性があるということが、かわいそうだとも言えるでしょう。
また外で飼っている分だけ体が汚れやすくなるため、健康を保つためにもなるべくこまめに体を洗って清潔に保つ必要があります。

犬は何かのきっかけで急に吠えることがありますが、外飼いの場合は吠える声がうるさいことで、ご近所トラブルに発展するケースもあるようです。

外飼いの犬がすべてかわいそうというワケではありません

すべての犬を室内で飼ったほうが良いのかと言えば、けっしてそうとは限りません。犬の種類によっては、かえって外飼いの方が向いていることもあるのです。

犬の外飼いを検討している場合は、外飼いに向いている犬種を選ぶ必要があります。

日本犬

秋田犬や柴犬を代表とする日本犬の多くは、日本の飼育環境に適していると言われています。夏の暑さ冬の寒さにも順応性があり、外飼いをするのにも向いているようです。また、日本犬にはもともと自立心がタイプが多く、1頭で外飼いされたとしても寂しさを感じにくいのだとか。

ダブルコートの犬種

オーバーコートというかための毛と、アンダーコートという柔らかめの毛が二重になって生えていることを、ダブルコートと呼びます。柔らかいアンダーコートは夏場の暑い時期に抜け落ちるため、暑い夏も外で過ごすことができます。

犬に対してのかわいそうを間違えないで

外飼いの犬だけに限らず、人間が犬に対してかわいそうだと思うことの中には、必ずしも犬にとってかわいそうなことだとは限りません。中には、犬がかわいそうだと思って人間側が勝手にやっていることで、かえって犬にとっては迷惑となることもあるのです。

例えば、人間が美味しそうな物を食べている時に、犬がかわいそうだからと自分が食べているものをそのまま与えてしまったり、犬が欲しがるたびについついオヤツをたくさん与えてしまったり。

一見すると「犬のため」にしている行為でも、その事によって犬が体調を崩したり、太りやすくなるといったことにつながるのです。

犬の体調管理は飼い主の当然の役目です。そこはきちんと線を引いて、人間と同様に考えるのはやめましょう。

また、長時間歩くのがかわいそうだからと、散歩の途中で抱っこしたり、外は寒いからと冬場に散歩をさせないといったことも、人間のエゴでしかないと言えるでしょう。

犬を外飼いするなら環境を整えてあげましょう

犬を外飼いする際には、それに適した環境を整えてあげることも重要です。

外飼の注意点

毎日の散歩を欠かさない

いくらある程度の広いスペースで飼われていたとしても、リードに繋がれて一日中同じ場所で過ごすだけでは、犬もストレスが溜まってしまいますので、室内犬と同じように毎日の散歩は欠かさないようにしましょう。

適切なリードの長さにする

短すぎるリードだと行動を制限しすぎるため、これも犬のストレスにつながります。反対にリードが長すぎると、遊んでいるうちに首に絡まってしまう危険性があるため、適切なリードの長さにする必要があります。

犬を外飼いする際には、まずは外飼いに向いている犬種かどうかも含め、犬が快適に暮らすことができるように、最大限に配慮してあげたいものですね。