公務員のボーナスはなぜ貰えるのか理由と一般企業との違いとは

公務員にはボーナスがなぜ支給されるのかと疑問に思う人もいるでしょう。

さらに、公務員のボーナスに対して批判をする人も多いのは事実です。

しかし、公務員のボーナスはなぜ貰えるのかきちんとした理由があるからなんです。

そこで、大変な職業である公務員のボーナスは貰える理由と一般企業との違いなどについてご紹介致します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

雑誌の付録でメンズ向けのものは何があるのか

雑誌の付録と言えば、子供向けのものから、大人の女性向けのものまでありますが、メンズ向けのものはないと...

原付の書類を紛失!再発行可能?手順と必要なもの・費用について

原付の書類が必要になって探しても見つからない!書類を紛失してしまった時、再発行ができるのか気になりま...

メガネの調整。あの小さなネジを締めるドライバーについて

メガネの調整を自分でしたい!そんな時に必要なのが『ドライバー』肉眼で見るのが難しいほどの...

同棲をするのに良いタイミングって?新社会人ならいつが良いのか

お付き合いをしているカップルが同棲をするのは珍しいことではありませんが、それを始めるのに良いタイミン...

一人暮らしの食事は自炊しよう!男性におすすめの簡単料理

一人暮らしをしている男性の食事は、外食がメインになっているのではないでしょうか。しかし、その生活...

手が小さい男性の特徴とコンプレックスをプラスに変える魅力

手の小さい男性は自分の手が小さいことに対してコンプレックスに感じているかもしれません。確かに見た目で...

腕立て伏せの負荷は体重の何%?間違ったフォームでは効果なし

胸や腕の筋肉を鍛えるために、自宅で腕立て伏せをしている人も多いでしょう。でも自分の体重の何%...

スッポン【飼育について】水槽の大きさや水量と温度などの注意点

スッポンを飼育するには水槽を用意しなければなりません。初心者だとどのくらいの大きさの水槽を用意したら...

平成生まれが驚く!昭和の知らない常識とあるあるネタ

あなたは平成生まれですか?それとも昭和生まれ?昭和では当たり前だったことも、今となっては通じない...

ラッシュガードとは?子供への着せ方と選び方を理解しましょう

ラッシュガードとは、マリンスポーツをしている人たちが着ているものでしたが、今では日焼け止めのために子...

離婚後、子供の運動会などの行事に参加したいと思うのは我儘か

離婚後、子供とはどのように接してよいのか悩むところですよね。元妻とは他人になっても、子供とは...

在家と出家の違いについて。在家と出家では同じ修行はできません

在家と出家の違いについては、一言で説明することが難しいのですが、俗世から離れないとある意味本当に『捨...

【一人暮らしのダイエット】男は食事を自炊することから始めよう

一人暮らしの男性は、ダイエットしたいと思っても食事内容をどう減らせばいいのかわからない人の方が多いの...

庭をタイル張りにする手順。DIY初心者でもできるタイル張り

庭の一部におしゃれなタイルがあると、お庭の雰囲気も大きく変わります。庭のタイル張りと言うと業者に頼む...

【脇腹の筋肉の鍛え方】脂肪を取りたい男性はこうやって鍛えよう

脇腹についた脂肪が気になり始めて、脇腹の筋肉を鍛えよう!と決意したものの、その方法がわからないという...

スポンサーリンク

公務員はなぜボーナスが貰えるのか?その理由とは

皆が憧れる、安定性のある公務員ですが、なぜボーナスが貰えるのか、疑問に思う人もいると思います。

公務員のボーナスが貰えるには理由があります。その理由をここで紹介していきたいと思います。

民間起業の給与モデルを参考にしている

そのままのボーナスになっている訳ではありませんが、公務員がちゃんと生活をしていけること、辞めない程度の金額を支給していることが理由として考えられます。

民間が払っているから、公務員も払っている、それが理由だと思います。

では、どうして民間が払っているのか。それは、それだけの利益があったので、その分を社員に還元しているのです。

特別な利益があったから、それがボーナスとして支払われている、そのシステムを公務員も導入しているのでしょう。

なぜ公務員のボーナスに対して批判が多いのか

公務員がなぜボーナスを貰えるのか、それは民間がボーナスを支払っていることであったり、公務員が辞めないようにしていることが理由であることを、上記ではみてきました。
その公務員は、ボーナスを支払われることに関して、批判が多いようです。どうして批判されるのでしょうか。

国の財政が厳しいのに、どうして公務員にはお金が払われるんだ。そういった批判があります。ボーナスを払うイコール、公務員にはそれだけの仕事をしているのか?という意味もあるのではないでしょうか。

しかし現実をみると、公務員もそれ程貰っている訳ではありません。その為、ボーナスがないと生活が厳しいという状況に有る人もいると思います。

民間の給料が低すぎたり、生活保護の問題があったりするので、世の中には批判の材料は沢山あります。世の中で問題になっていることですが、一つ一つ解決していったらどうでしょうか。

公務員はボーナスがなぜ支給される?月給として受け取るべきお金?

公務員がボーナスが出ることが批判される、その理由を上記では把握してきました。

次に、公務員のボーナスがなぜ支給されるのか、その金額は月給として受け取るべきなのでは?という点をみていきたいと思います。

ボーナスは、定期的な時期に支給するのではなく、月給として受け取る事もできます。それが公務員に適用されることも考えられます。

でも、そうするとあまり給料が良くない民間企業が怒り出す可能性が考えられます。結局の所、一つの問題を解決するために、ある解決策を生み出したとしても、何か別の批判がある、それがこの世の中なのかもしれませんね。

批判というものは、誰かに嫉妬していたり、自分の状況に満足できないから出てくるものだと思います。公務員に対して何か不服があるのであれば、逆に公務員になってみて、公務員なりの待遇を経験してみるのも良いのではないでしょうか。

公務員と一般企業のボーナス支給額の違い

公務員のボーナスが支給されることに問題があるのであれば、月給として支払うことも手ではあるが、解決策を提示しても、いつでも批判が発生することが考えられることを上記では把握してきました。

次に、公務員と一般企業のボーナス支給額の違いについてみていきたいと思います。

まず、時期についてですが、ほぼ同じ時期なようです。次に、金額の差についてみていきたいと思います。

2014年の夏のボーナスの平均ですが、一般企業が60万を切る位に対して、公務員は60万強だったようです。となると、あまり大差はないようにみえますね。

一般企業のボーナスの平均ですが、約40万円という数字がでていますから、その数字を考えると、公務員の方が優遇されている印象が見えてきます。一般企業の方からみたら「いいなぁ」という風に思われているのではないでしょうか。

安定性のある公務員、ボーナスの金額にも差があります。少し批判が出ても、仕方ないのかもしれませんね。

公務員のボーナスは支給日も定められている

公務員と一般企業のボーナスの差、また一般企業に比べて、公務員のボーナスはやはり高めであることが上記の説明でわかりました。

最後に、公務員のボーナスは、支給日が決まっている、その事について触れていきたいと思います。

規定によりますと、支給日は夏が6月30日、冬が12月10日からと固定されているようです。

支給日が決まっているとなると、仕事にもハリができますし、やりがいも出てきますよね。

年に2回必ず出るボーナス、そしてリストラもされないし、勤務年数によって昇給してくることを考えると、公務員は最適な仕事だということがわかると思います。

公務員になったからといって、必ず自分にあった仕事だということはありませんが、就職活動をしている方は、安定性のある公務員を考慮してみてはいかがでしょうか。