一人暮らしの生活費は10万で抑えのを可能にするコツと節約術

一人暮らしをしているとどうしても生活するためのお金がかかります。
そんな生活費をもっと抑えることができたらと考える人も多いのではないでしょうか。例えば、生活費を月10万円に抑えることができたら貯蓄だってできるし、余裕をもった生活が可能になります。

そこで、一人暮らしの生活費を月10万に抑えるためにできる工夫や節約のポイントについて、生活費を月10万に抑えるための家賃の目安や食費を抑えるコツ、光熱費を節約する方法や通信費の見直しなどお伝えしていきましょう。

もちろん収入が少ない場合は、月10万円よりも生活費をもっと抑える必要があるかもしれません。今の給料で月10万に生活費を抑えることができれば、暮らしにも気持ちにも余裕ができるはずです。まずは、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

住民票のコピーが無効となるのは?住民票について

住民票のコピーは無効なのでしょうか?写しとあるのはコピーでもよいということではありません。言...

バーベキューコンロの掃除を簡単にしたい方必見のテクニック

楽しいバーベキューの後に待っているのが、バーベキューコンロの掃除や後片付けです。バーベキューコン...

窓口で引き出しをするときは印鑑が必要?準備するものについて

窓口でお金を引き出しするときには印鑑もいるのでしょうか?普段、利用しているATMであればキャ...

免許返納後の再取得は可能?免許返納後の再取得やメリットを解説

年齢が高くなり、運転免許証を返納したほうが良いのではないかと考えている人もいるのではないでしょうか。...

【アイロンのかけ方】ズボンの正しいアイロン掛けの手順と注意点

一人暮らしの男性が苦手な家事の一つにアイロン掛けがあります。自分でアイロンをかけるという時には、どの...

部屋で焼く焼肉。プレートの選び方と焼き肉の時の準備や対策

焼き肉が大好きという人は、家でも焼肉が食べたいと思いますね。家で焼肉をしようと思った時に気になるのが...

本の保管をダンボールでしてはいけない訳と正しい保管方法

小説、単行本、雑誌など本好きの人ならいつの間にかたくさんの本に囲まれてしまっていませんか。本...

左手小指の指輪の意味!未婚・既婚女性の指輪の意味を解説

左手小指に指輪をしている女性を見かけたら、その指輪には一体どんな意味があるのか知りたくなることもあり...

砂浜にいるカニの捕まえ方とは?この方法でカニを捕まえちゃおう

砂浜のカニの捕まえるのは難しい?砂浜にいるカニの捕まえ方のコツやポイントとは?道具がなくても...

革の手袋の手入れの手順と必要な物。長く使う為の手入れや使い方

革の手袋をお使いになっていて、汚れが気になってきたり雨や汗で濡れてしまったなどお手入れをしたいと思っ...

質問の答えが違う人に対して会話を成立させるための対処法

質問とは答えが違う人と会話をしていると頭を悩ませることがあるでしょう。このような会話が成立しないタイ...

電車で距離が近い人の心理と寄りかかりの対処法とは

電車の中で距離の近い人が気になるときがありませんか?それほど混んでいるわけではないのに、すごく近くに...

ヘルメットの髪型対策に崩れるのを防ぐコツや元に戻す方法

ヘルメットを被った後の髪型対策にお困りな人は必見です。ヘルメットで髪型が崩れるのを防ぐには、...

男性の靴は何足必要?最低限揃えたい靴の数、理想とする靴の数

社会人男性はトータルで何足靴が必要なのでしょうか。職種にもよりますが、サラリーマンでスーツの着用...

友達への誕生日プレゼント・5000円前後で女友達にプレゼント

女友達の誕生日に、どんな誕生日プレゼントを贈ればいいのか悩んでいる男性もいるのではないでしょうか。...

スポンサーリンク

一人暮らしの生活費を月10万に抑えると余裕がもてる

一人暮らしをすると生活費を始めとして色々な場面でお金が必要になってきますよね。
社会人になったのを機に一人暮らしを始めたものの現実では思っている以上にきつく、中には転職を考えているという方もいると思います。
しかし、転職をするとなるとある程度の貯蓄が無ければ難しいですし、そう簡単に決断できるものでもありませんよね。

一人暮らしの生活「余裕」を持たせるコツ

「生活費を10万円以下に抑える」ことがポイント

生活費を抑えることができれば、たとえ転職で収入が少なくなったとしても生活をすることができ、親に迷惑をかける心配もありません。

また、生活費を10万円以下に抑えることができれば、余った分を貯蓄にまわすこともできますし万が一の時のために備えておくこともできるのです。

一人暮らしの生活費は家賃抜きなら10万円で生活は可能

では、実際にどのようなことすれば一人暮らしの生活費を10万円以下に抑えることができるのか?ですが、まずは「家賃」を見直してみましょう。

一人暮らしをする場合には当然ながら家が必要ですよね。生活費の大半はこの家の「家賃」で占められています。
家賃を抑えることができれば自然と生活費を抑えることにも繋がるのです。

生活費を10万円以下に抑えたい場合の家賃の目安は「4万円」

高くても5万円には届かない程度の金額で考えるようにしましょう。

また家賃は基本的に家の立地や間取り、日当たりの良さなどから金額が変わってきます。「立地は駅の近くで間取りは2LDK以上で!」など、自分の要望を全て叶えようとすれば、それだけ家賃も高くなるのが一般的です。

そのため、今の住んでいる家の家賃が高くて家賃を見直そうか考えている場合には、「妥協できないことを1つだけ」決めて物件を探すようにしてみましょう。

一人暮らしの生活費を月10万円以下にする食費のコツ

人間が生きていく上では毎日の食事が欠かせませんが、一人暮らしをしている上ではこの「食費」をいかに抑えられるかが節約のひとつの境目となります。

一人暮らしは「自分で料理を作ること」が節約になる

つまり自炊をすれば生活費を10万円以下に抑えることが可能なのです。

1ヶ月にかける食費の目安としては「約2~2万5千円」、1日にかけられる目安としては「約600~800円」

そのため、基本的には1週間に一度スーパーに買出しに行く日を決めて、その日に1週間分の食材をまとめて購入するようにすると良いでしょう。

一方で、風邪を引いて体調を崩した場合などには自炊が難しい日もでてくるかもしれませんので、そうした時のために「非常食」を備えておくことも大切です。
気軽に食べられるカップラーメンや冷凍食品なども合わせて用意しておくようにしましょう。

光熱費の節約も生活費を抑える重要なポイント

一人暮らしをしている中では水道や電気、ガスなども使用します。
そこでかかってくるのが「光熱費」です。

一人暮らしの光熱費は日々の使い方が節約のポイント

実際に行う節約の方法としては以下の通りです。

電気編

こまめに消す

電気のつけっぱなしはもちろんのこと、コンセントのさしっぱなし等も電気を少量ながら消費していることになります。
コンセントの使用後は抜くように意識しましょう。

契約内容を考え直す

電気の契約プランには様々なものがあり中には一人暮らしに適したようなお得なプランもあるかもしれません。
一度電気会社に足を運ぶかホームページ等で確認してみると良いでしょう。

ガス編

お湯の使い方を考える

お湯をたくさん使えば比例してガス代は高くなってしまいます。
そのため湯船に毎日浸かっているという方は、湯船に浸かる日数を少なくしてシャワーに切り替えるだけでも大きな節約に繋がります。

料理の方法を見直す

節約の1つである自炊をする上ではガスが欠かせませんが、ガスを長く使う料理はガス代が高くなる原因です。
基本は炒め物を中心として、ガスを長く使う煮物などの料理をする場合には、電子レンジを上手く活用するようにしましょう。

水道編

洗濯物は湯船の残り湯で代用する

洗濯物では大量の水を消費するためその水を抑えることができれば水道代の節約に繋がります。そこでオススメなのが湯船の残り湯を洗濯物に使う方法です。
週に1、2回湯船に浸かった際には、合わせて洗濯機を回すようにすると良いでしょう。

洗い物の仕方を工夫する

洗い物をする際に水は出しっぱなしにしていないでしょうか。

水の出しっぱなしは節約をする上でNG行為の1つです。
洗う時は一気に全て洗ってしまい、その後でまとめてすすぐようにしましょう。
生活費を10万円以下に抑えるための光熱費の目安は「約1万円以下」です。
光熱費は地域や季節によっても変動があるため難しい場合もあるかもしれませんが、極力は1万円以下を目指して頑張ってみましょう。

生活費を抑えるなら通信費の見直しもすること

現代では殆ど人が携帯電話を持っていますが携帯電話を持っているとかかってくるのが「通信費」です。

生活費の通信費を抑えるためには「契約の内容を見直す」ことが最も重要

使っていない月額有料サイトは解約したり、契約の基本プランを見直してみるようにしましょう。

CMでも流れているように今では様々なプランが販売されています。中には今のプランよりも安く済ませられるプランもあるかもしれません。
プランが合っていないことが原因で無駄な出費になっている状態は勿体無いですよね。

時間に余裕がある時に一度携帯ショップに行って契約内容の見直しを相談するのが良いでしょう。