一人暮らしの生活費は10万で抑えのを可能にするコツと節約術

一人暮らしをしているとどうしても生活するためのお金がかかります。
そんな生活費をもっと抑えることができたらと考える人も多いのではないでしょうか。例えば、生活費を月10万円に抑えることができたら貯蓄だってできるし、余裕をもった生活が可能になります。

そこで、一人暮らしの生活費を月10万に抑えるためにできる工夫や節約のポイントについて、生活費を月10万に抑えるための家賃の目安や食費を抑えるコツ、光熱費を節約する方法や通信費の見直しなどお伝えしていきましょう。

もちろん収入が少ない場合は、月10万円よりも生活費をもっと抑える必要があるかもしれません。今の給料で月10万に生活費を抑えることができれば、暮らしにも気持ちにも余裕ができるはずです。まずは、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

車のシートを自分で洗浄する方法!気になる汚れと臭いを除去

小さなお子様がいると車のシートも汚れがちです。お菓子のカスやジュースのシミ、靴の泥汚れが付いてしまう...

マスクでメガネが曇るときの曇り止め方法!使える裏技を大公開

メガネをしている人の悩みといえば、マスクをしたときにメガネが曇ってしまうことではないでしょうか。何か...

田舎と都会の違いとは?生活や意識の違いを紹介します

田舎と都会の違いにはどんなものがあるのでしょうか?田舎は遊ぶところがない…都会はお金がかかる…とマイ...

一人暮らしは自炊で健康維持!食事の栄養バランスを考えた食生活

一人暮らしをしていると、食事を外食やコンビニのお弁当で済ませてしまうことも多くなります。健康的な食生...

住民票のコピーが無効となるのは?住民票について

住民票のコピーは無効なのでしょうか?写しとあるのはコピーでもよいということではありません。言...

木材に塗装する場合のスプレーの使い方と綺麗に仕上げるコツ

家の修繕をしたり、簡単な家具を作ったりDIYをする人は増えています。最近は道具も充実してホームセ...

桃の育て方とは?剪定の時期や道具方法などを紹介します

桃を元気に育てるときに必要となるのが剪定です。桃の剪定はどのように行えばいいのでしょうか?剪...

ペンの持ち方が悪いと痛い原因に?正しくペンを持ちましょう

ペンの持ち方にクセがあり、ペンだこが当たって痛い…、またとてつもなく力を入れてペンを握ってしまってい...

銭湯に行った時はサウナとお風呂の順番を間違えないようにしよう

スーパー銭湯の流行もあり、サウナがあれば必ず入るという人も多いでしょう。しかし、入る時の正し...

メガネをかけた時のマスクの曇り止め対策!曇りを予防する方法

メガネをかけている方にとって、困ることの一つがマスクをした時のメガネの曇りです。特に冬場などには眼の...

眼鏡を初めて作るときには眼科へ。眼鏡はあくまでも医療器具です

 眼鏡を初めて作るときには眼科を受診しましょう。 眼鏡の販売店でも、視力検査を行っていただけ...

髭の剃り残しをなくす剃り方!T字カミソリで剃る方法とポイント

髭を剃ったとき、うっかり髭を剃り残してしまうことがあります。剃り残しがあると、見た目もよくありません...

窓の断熱シートの貼り方!上手に貼るコツと選び方のポイント

寒い季節に、窓からひんやりと流れる冷気にお困りの方はいませんか?窓の近くに行くと、どこからともなく冷...

メキシコ人女性が太い理由とは?日本人も好きな炭酸飲料問題

メキシコ人女性は顔のパーツが1つ1つ大きく美人揃いですが、太い女性が多いのもメキシコ人女性の特徴です...

シリコンケースの黄ばみの原因と落とし方!買い替え前にチェック

シリコン製のスマホケースを使っていると、気になるのが黄ばみですよね。使っているうちに、徐々に黄ば...

スポンサーリンク

一人暮らしの生活費を月10万に抑えると余裕がもてる

一人暮らしをすると生活費を始めとして色々な場面でお金が必要になってきますよね。
社会人になったのを機に一人暮らしを始めたものの現実では思っている以上にきつく、中には転職を考えているという方もいると思います。
しかし、転職をするとなるとある程度の貯蓄が無ければ難しいですし、そう簡単に決断できるものでもありませんよね。

一人暮らしの生活「余裕」を持たせるコツ

「生活費を10万円以下に抑える」ことがポイント

生活費を抑えることができれば、たとえ転職で収入が少なくなったとしても生活をすることができ、親に迷惑をかける心配もありません。

また、生活費を10万円以下に抑えることができれば、余った分を貯蓄にまわすこともできますし万が一の時のために備えておくこともできるのです。

一人暮らしの生活費は家賃抜きなら10万円で生活は可能

では、実際にどのようなことすれば一人暮らしの生活費を10万円以下に抑えることができるのか?ですが、まずは「家賃」を見直してみましょう。

一人暮らしをする場合には当然ながら家が必要ですよね。生活費の大半はこの家の「家賃」で占められています。
家賃を抑えることができれば自然と生活費を抑えることにも繋がるのです。

生活費を10万円以下に抑えたい場合の家賃の目安は「4万円」

高くても5万円には届かない程度の金額で考えるようにしましょう。

また家賃は基本的に家の立地や間取り、日当たりの良さなどから金額が変わってきます。「立地は駅の近くで間取りは2LDK以上で!」など、自分の要望を全て叶えようとすれば、それだけ家賃も高くなるのが一般的です。

そのため、今の住んでいる家の家賃が高くて家賃を見直そうか考えている場合には、「妥協できないことを1つだけ」決めて物件を探すようにしてみましょう。

一人暮らしの生活費を月10万円以下にする食費のコツ

人間が生きていく上では毎日の食事が欠かせませんが、一人暮らしをしている上ではこの「食費」をいかに抑えられるかが節約のひとつの境目となります。

一人暮らしは「自分で料理を作ること」が節約になる

つまり自炊をすれば生活費を10万円以下に抑えることが可能なのです。

1ヶ月にかける食費の目安としては「約2~2万5千円」、1日にかけられる目安としては「約600~800円」

そのため、基本的には1週間に一度スーパーに買出しに行く日を決めて、その日に1週間分の食材をまとめて購入するようにすると良いでしょう。

一方で、風邪を引いて体調を崩した場合などには自炊が難しい日もでてくるかもしれませんので、そうした時のために「非常食」を備えておくことも大切です。
気軽に食べられるカップラーメンや冷凍食品なども合わせて用意しておくようにしましょう。

光熱費の節約も生活費を抑える重要なポイント

一人暮らしをしている中では水道や電気、ガスなども使用します。
そこでかかってくるのが「光熱費」です。

一人暮らしの光熱費は日々の使い方が節約のポイント

実際に行う節約の方法としては以下の通りです。

電気編

こまめに消す

電気のつけっぱなしはもちろんのこと、コンセントのさしっぱなし等も電気を少量ながら消費していることになります。
コンセントの使用後は抜くように意識しましょう。

契約内容を考え直す

電気の契約プランには様々なものがあり中には一人暮らしに適したようなお得なプランもあるかもしれません。
一度電気会社に足を運ぶかホームページ等で確認してみると良いでしょう。

ガス編

お湯の使い方を考える

お湯をたくさん使えば比例してガス代は高くなってしまいます。
そのため湯船に毎日浸かっているという方は、湯船に浸かる日数を少なくしてシャワーに切り替えるだけでも大きな節約に繋がります。

料理の方法を見直す

節約の1つである自炊をする上ではガスが欠かせませんが、ガスを長く使う料理はガス代が高くなる原因です。
基本は炒め物を中心として、ガスを長く使う煮物などの料理をする場合には、電子レンジを上手く活用するようにしましょう。

水道編

洗濯物は湯船の残り湯で代用する

洗濯物では大量の水を消費するためその水を抑えることができれば水道代の節約に繋がります。そこでオススメなのが湯船の残り湯を洗濯物に使う方法です。
週に1、2回湯船に浸かった際には、合わせて洗濯機を回すようにすると良いでしょう。

洗い物の仕方を工夫する

洗い物をする際に水は出しっぱなしにしていないでしょうか。

水の出しっぱなしは節約をする上でNG行為の1つです。
洗う時は一気に全て洗ってしまい、その後でまとめてすすぐようにしましょう。
生活費を10万円以下に抑えるための光熱費の目安は「約1万円以下」です。
光熱費は地域や季節によっても変動があるため難しい場合もあるかもしれませんが、極力は1万円以下を目指して頑張ってみましょう。

生活費を抑えるなら通信費の見直しもすること

現代では殆ど人が携帯電話を持っていますが携帯電話を持っているとかかってくるのが「通信費」です。

生活費の通信費を抑えるためには「契約の内容を見直す」ことが最も重要

使っていない月額有料サイトは解約したり、契約の基本プランを見直してみるようにしましょう。

CMでも流れているように今では様々なプランが販売されています。中には今のプランよりも安く済ませられるプランもあるかもしれません。
プランが合っていないことが原因で無駄な出費になっている状態は勿体無いですよね。

時間に余裕がある時に一度携帯ショップに行って契約内容の見直しを相談するのが良いでしょう。