発泡スチロールブロックの強度とは?特徴や使い方を紹介します

発泡スチロールブロックの強度はどのくらいなのでしょうか?素材が発泡スチロールだからそこまで強度がないように思いますが、実はかなり強いんです!?

発泡スチロールブロックによって対荷重は違うので、きちんと確認することが大切です。
硬い素材のブロックだと床や壁を傷つけてしまう恐れがありますが、発泡スチロールブロックなら安心ですよね。発泡スチロールブロックの特徴や使い方を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

母親が一人暮らしで心配!離れて暮らす高齢の母を見守る方法

高齢の母親が自分と離れた地域で一人暮らしをしていることが心配でたまらないというご家族もいますよね。...

車の割り込み事故による過失割合と事故を未然に防ぐ方法

車の割り込み事故は多く、車間距離がちょっとでもあると強引に割り込んできて接触してしまうということがあ...

砂浜にいるカニの捕まえ方!逃げ足の速いスナガニの捕獲方法

砂浜にいる小さなカニの捕まえ方について知りたいという人もいますよね。砂浜にいるカニはスナガニという名...

田舎と都会の違いとは?生活や意識の違いを紹介します

田舎と都会の違いにはどんなものがあるのでしょうか?田舎は遊ぶところがない…都会はお金がかかる…とマイ...

ペンの持ち方が悪いと痛い原因に?正しくペンを持ちましょう

ペンの持ち方にクセがあり、ペンだこが当たって痛い…、またとてつもなく力を入れてペンを握ってしまってい...

専業主婦とニートの違いって?大きく定義が違います!

専業主婦への風当たりが強い世の中ですが、ニートと並べられるのは、ちょっと違うと思います。職に...

シリコンケースの黄ばみの原因と落とし方!買い替え前にチェック

シリコン製のスマホケースを使っていると、気になるのが黄ばみですよね。使っているうちに、徐々に黄ば...

甲子園が満員でも入る方法と当日券の並び方や確実に入る方法とは

甲子園球場が満員になっても入る方法はあるんです。しかし、それにはやはりチケットを購入するため...

ラップが電子レンジで溶ける事態に。対処法とラップの使い分け方

食品の乾燥を防ぐ、レンジで温める時などラップは毎日の生活に欠かせない物ですね。ですが、電子レ...

革の手袋の手入れの手順と必要な物。長く使う為の手入れや使い方

革の手袋をお使いになっていて、汚れが気になってきたり雨や汗で濡れてしまったなどお手入れをしたいと思っ...

木材に塗装する場合のスプレーの使い方と綺麗に仕上げるコツ

家の修繕をしたり、簡単な家具を作ったりDIYをする人は増えています。最近は道具も充実してホームセ...

窓の断熱シートの貼り方!上手に貼るコツと選び方のポイント

寒い季節に、窓からひんやりと流れる冷気にお困りの方はいませんか?窓の近くに行くと、どこからともなく冷...

メガネとサングラスを兼用するいくつかの方法をご紹介

メガネをかけている方、サングラスはどうしていますか?サングラスをつける時はコンタクトを使用する?その...

フローリングの補修【キズ対策】簡単にできる方法と守る工夫

フローリングの補修やキズについてお悩みの方は必見です。フローリングは木の暖かさや木目のオシャレな雰囲...

眼鏡の鼻あてが痛い!痛みを感じる原因と対処法について

 眼鏡の鼻あてが痛い原因を知れば、必ずこの不快感は解消されます。  視界を良くするための眼鏡...

スポンサーリンク

発泡スチロールブロックの強度について

100均の発泡スチロールは色々な色やサイズがあり使い方によっては便利なアイテムですね。

どのくらいの重さのものに使えるか?

発泡スチロール対荷重の目安

点ではなく面で一定した幅での荷重の場合60キログラム~70キログラムくらいまでのものを乗せて使うことが出来ます。数を使って重さを分散させて使うともう少し重くても大丈夫でしょう。またブロックの方向でも強度が変わってくるでしょう。

大きさ色々

大きさにも種類があります。大きいものだと少し高くなります。

色も数種類あり薄く柔らかい色のものや、黒、白のモノトーンカラー、薄い茶色など部屋のイメージにあわせて使うことが出来ます。

ブロック型以外のものもある

ブロックのように穴があいているものばかりではなく、四角く長いものや、球体のもの、円柱の形のものなどがあります。また沢山の色があるため使うもののアクセントカラーや飾りとして使うことが出来ます。

発泡スチロールブロックは強度があるのに軽いのが特徴

柔らかい発泡スチロールで出来ているため形の加工が出来ます。使いたい場所にあわせたサイズにカットすることが出来ます。発泡スチロールカッターを使って熱の力でカットすると切り口も綺麗に好きなサイズに切ることが出来ます。カットするときはあらかじめサイズを測りしるしをつけてカットすることをおすすめします。

発泡スチロールは接地場所を傷つけない

床にそのまま置くときに、コンクリートのブロックを使うと少し動かしただけで床が削れたように傷が付いてしまいます。柔らかい発泡スチロールだと床や壁に傷つかずに設置することが出来ます。

購入して運ぶのが楽

発泡スチロール素材のため軽いため個数を買っても運びやすいです。買うことに構えず済みます。

ブロックはサイズが豊富

大きなものだとA4のファイルの長いほうのサイズがすっきり収まるサイズの発泡スチロールブロックがあります。ブロックを縦にして棚を作ることが出来ます。軽く柔らかい発泡スチロールで作った棚だとパソコンやテレビなどの電子機器の横に置いても傷が付く心配がなく安心して使うことが出来ます。

発泡スチロールブロックでこんなものが作れます

発泡スチロール製、ベッド横の棚

軽く強い発泡スチロールの素材で出来たブロックで作ると、おきた時にもしぶつかっても安心です。

用意する物

  • 発泡スチロールブロック 4つ
  • 工作用板 2枚
  • 強力両面テープ(厚みがあります)

板を買うときはゆがみが少ないものを選んで買いましょう。

  1. 発泡スチロールブロックを横に2つ並べます。設置スペースにあわせて縦でもいいのですが安定感を出すために横にして作ってみます。
  2. 板の幅に合わせます。板を置く場所を決め両面テープをつけます。厚みがある両面テープが落ち着くように上から体重をかけ圧をかけます。あまり強くかけると発泡スチロールが壊れてしまうので程ほどの圧にしましょう。
  3. 同じ要領で上の段も作りましょう。

数段作る場合は倒れてこないように幅を広くしたり、下の段に重いものを置いて安定させるなどして使いましょう。

発泡スチロールブロックの強度を上げる方法

ブロックに接着剤を使う

接着剤の中には発泡スチロールとの相性が悪い成分が含まれているものがあります。その接着剤を使うと発泡スチロールがとけてしまいますが、専用の接着剤やその成分が入っていないものを使うと安全に接着する事が出来ます。

ブロックに両面テープを使う

厚みのある両面テープは接着力も強く、物を接着した後にうえから少し負荷をかけることで強度がアップします。均等に負荷をかけ接着面を安定させましょう。

ブロックに乗せる場所の重さを分散させる

発泡スチロールは軽いため片方だけに重さが加わってしまうと傾いてしまう恐れがあるので、接着してからも一辺に重さをかけるのではなく、均等に物を置きましょう。

発泡スチロールブロックはインテリアとしてもGOOD

発泡スチロールを使ったインテリア

壁にしてしまう

好きな色の発泡スチロールを用意し、広く平らな面を表に向けて壁に並べましょう。色を2色使いランにダムに並べていくと、レンガ調になり違った雰囲気を味わえます。部屋の壁に穴を空けたくないときや、穴を空けられない場所に住んでいるときには発泡スチロールの壁を使って必要なものを貼ったり、飾ったりするのに便利です。

玄関に置いて使う

穴を上に向けて使います。その穴の部分に傘を立てて使うと簡易的な傘たてになります。安定感がないときは両脇に同じ発泡スチロールのブロックを横にして置きその上に靴や靴のお手入れアイテムなどを置いて安定させましょう。

使い終わった発泡スチロールの処分方法

住んでいる地域によって発泡スチロールの分別方法や受け入れてくれるサイズが変わってくるのでしっかり確認しましょう。

サイズが大きく収集してもらえない場合

カッターなどで小さくしてから、規定に沿って出しましょう。発泡スチロールをカットすると切りくずが静電気でいつまでも付いてしまうため、湿度の高い雨の日に砕いたり、お風呂場でカットすると静電気を軽減させることが出来るでしょう。