主婦とニートの違いについて。主婦はニートではありません

主婦はニートと一緒だ!
こんなふうに言われてしまいますが、違いは歴然。
違いはたくさんありますが、専業主婦とニート『賃金を得ていない』という共通点があり、どうしてもこのように言われてしまいます。

専業主婦をしていられるということは、ある意味幸せなこと。
妬みもあるのかもしれませんね。

また、日本の制度が女性は結婚したら専業主婦になるような制度を作り上げています。

時代の流れにより、専業主婦が『よくないもの』のように扱われてしまうのは残念ですね。

人にはそれぞれ役割があります。

専業主婦でもニートでも…。

専業主婦とニートの違いについてご覧ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

庭木の手入れに必要な初心者が揃えるべき道具リスト

庭木の手入れをするにはいろいろな道具が必要になります。しかし、庭木のお手入れ初心者にとっては、どんな...

メガネをかけた時のマスクの曇り止め対策!曇りを予防する方法

メガネをかけている方にとって、困ることの一つがマスクをした時のメガネの曇りです。特に冬場などには眼の...

男性の靴は何足必要?最低限揃えたい靴の数、理想とする靴の数

社会人男性はトータルで何足靴が必要なのでしょうか。職種にもよりますが、サラリーマンでスーツの着用...

電車で弁当を食べるのはマナー違反?電車内での飲食の是非を問う

電車の中で弁当を食べている人もいますが、その行為がマナー違反になるのでは?という声も聞かれます。...

田舎と都会の違いとは?生活や意識の違いを紹介します

田舎と都会の違いにはどんなものがあるのでしょうか?田舎は遊ぶところがない…都会はお金がかかる…とマイ...

電車で変な人が隣に座ったときの対処法や迷惑行為を避ける対策

電車で変な人が隣に座ってきたときは、どう対処したらいいのか悩みますよね。例えば、嫌がらせや迷惑行...

コップの収納をキッチンの引き出しに!良い点と注意点をご紹介

コップや食器の収納場所は、見た目だけでなく取り出しやすい場所にあるかも、重要なポイントとなります。...

厚生年金と国民年金の両方もらえる人とは?年金の受け取り方

厚生年金と国民年金の両方もらえるのはどのような人なのでしょうか?年金を支払っているときには気にならな...

木材の種類の見分け方!加工状態と色々な木材の特徴・用途を解説

世の中には色々な木材の種類があります。知識のない人は、木を見ただけで何の木なのか見分けることが難しい...

包丁の研ぎ方は簡単!はじめてでもできる手順やポイントを紹介

包丁の研ぎ方が簡単にできるようになれば、いつでも切れ味の良い包丁を保つことができます。包丁を研いだこ...

甲子園が満員でも入る方法と当日券の並び方や確実に入る方法とは

甲子園球場が満員になっても入る方法はあるんです。しかし、それにはやはりチケットを購入するため...

一人暮らしは自炊で健康維持!食事の栄養バランスを考えた食生活

一人暮らしをしていると、食事を外食やコンビニのお弁当で済ませてしまうことも多くなります。健康的な食生...

一人暮らし必見!エアコン暖房の設定温度と電気代節約方法

一人暮らしを始めると今までは気にも留めなかった、エアコン暖房の設定温度が気になる事があります。...

車のシートを自分で洗浄する方法!気になる汚れと臭いを除去

小さなお子様がいると車のシートも汚れがちです。お菓子のカスやジュースのシミ、靴の泥汚れが付いてしまう...

一人暮らしで使うタンスの大きさについて。

 一人暮らしを始めるにあたって、いろいろなものを用意する必要がありますよね。 その中でも、部屋の...

スポンサーリンク

主婦はニートじゃありません!違いは歴然。制度が専業主婦を認めています

時代とともに女性の社会進出は目覚ましく、仕事をしている女性も珍しくはなくなりました。
男女平等という認識が徐々に浸透している一方で、男性が仕事をすることは当然だという認識も根強く残っています。

それは結婚して、ライフスタイルが変わっても同じことです。
女性は結婚と同時に、一度は仕事を続けるか退職するかの選択が頭をよぎるでしょう。

しかし男性は結婚したからこそ、一家の大黒柱として、さらに仕事に精進しなくてはならないですよね。

このようなことがきちんと理解出来ている男性は、おそらく主婦はニートだなんてことを言わないはずです。

きっと主婦とニートを同じだと考える男性は、まず家事の大変さを理解していないということが大前提にあるでしょう。

もちろん外に働きに行って報酬を得るということは、努力や忍耐の賜物です。
しかし報酬を得るだけが労働でしょうか。

女性が家事をしているからこそ、男性は安心して外に働きに行ける、と考えたことはありませんか。

仕事から帰ってきてすぐに食事が出来たり、いつも洗濯された清潔な衣服を着ることが出来るのは、女性が家事という労働をしてくれているからです。

それに、家事には休日もないのですよ。

主婦とニートは違います!でも、共通点はあります

主婦とニートは厳密に言うと違いますが、共通している部分があることも事実です。

  • 無職
    家事という役割はしていますが、「あなたの勤務先は?」と聞かれて「家です」と答えるわけにはいきませんよね。
    企業に属していないということは、世間から見ると無職という形に分類されるのです。
    また仕事を探したりなどの就労活動を行っていない点も、共通していると言えます。
  • 無収入
    主婦は家事という労働をしています。子供がいる世帯なら、育児という役割も同時に行っています。
    しかしこの労働に対して、収入は発生しません。
    ニートも収入はないので、無収入という点も共通しています。
  • 人間関係
    一概に言い切れませんが、外に働きに出ている人と、主婦として家での労働をしている人では、人間関係にも違いはあると思います。
    企業で働いていれば、同僚や上司、部下などに囲まれています。
    しかし主婦にはこのような間柄の人はいないので、友人やママ友、家族との関係が生活のほとんどを占めるでしょう。
    ニートだとママ友はいないので、友人や家族との関係に留まることがほとんどです。

主婦がニートだと言われてしまうのはナゼ?一番の違いは『家事労働』をしていること

主婦とニートは一緒だと考えられがちですが、そもそも主婦とニートの本来の意味をきちんと理解していますか。

主婦とは、結婚をして家事や育児に専念している人のことを指します。
職には就いていませんが、日々家庭内の役割を担っています。

一方ニートは、15~34歳の健康で職に就くことが出来るにも関わらず、労働や通学をしていない人のことを指します。
この定義は政府が出しているので、価値観の違いなどで変えられることではありません。

しかし主婦とニートは無職、無収入ということで同じだと思われることが多いです。
厳密に言うと両者は全然違います。

まず主婦は、家事という労働を毎日行っています。
食事の支度や洗濯、掃除などが終わりもなくやってくるのです。

報酬を得ていないから何もしていないニートと同じと思うなら、一度主婦の仕事を経験してみるといいでしょう。
楽だなんてとても言えないはずです。

主婦に対する世間の冷たい視線

家庭の役割を担っている主婦ですが、世間から冷たい視線を受けることも事実です。

専業主婦と聞くと、自由な時間がたくさんありそうとか、社会のストレスを受けなくて羨ましいとか言われることがあります。
この意見が主婦への視線を冷たくするのでしょう。

小さな子供がいる家庭ならまだしも、子供がいない家庭や学校に行くような年齢の子供であれば、働く時間があるのに働かないのは甘えだ、なんて言われてしまうこともあります。

いくら職に就いていないとは言え、主婦の一日は予想以上にやることが多く、時間が足りないものです。

朝誰よりも早く起きて食事の用意、家族を見送ってから片付けや洗濯、掃除を終わらせて夕食の買い物、帰ってきたら洗濯物を取り込み夕食の支度、食事が終わったらまた片付けをして目まぐるしく時間が経っていくのです。

働きながら子育てや家事をしている女性もたくさんいますが、専業主婦は仕事をしていないからこそ、家庭の役割を完璧にやろうと頑張っています。

怠けているから働かないわけではない。専業主婦という名の仕事

主婦の中には、自分の意思だけではなく、働くことが出来ずにやむをえず主婦という状況の人もいます。

  • 家族の介護
  • 小さな子供の子育て
  • 子供の保育先が見つからない
  • 体調を崩している
  • 夫が働くことに協力的ではない

このような事情を抱えながら主婦をしていても、怠けているからだと言えますか。

専業主婦という選択をした人には、それぞれの価値観や事情があります。
働きたくても働くことが出来ない、それでも世間から見ると専業主婦という表面しか理解されません。

内部まで見ていくと、もしかしたら外で仕事をしている人よりも多くの役割を担っている主婦がいるかもしれません。

専業主婦という選択をするには、十人十色の事情や環境があることをわかる必要があります。