ハムスターの鳴き声・プププと鳴く時の気持ちと鳴き声別の気持ち

ハムスターが「プププ」という鳴き声で鳴いたら、一体どんな気持ちなのか知りたくなる飼い主さんもいるのではないでしょうか。

特に、まだハムスターを飼い始めたばかりの人は、ハムスターの気持ちがなかなか理解できずに模索していることだと思います。

ここでは、ハムスターがプププ鳴く時の気持ちや、鳴き声別のハムスターの気持ちについてお伝えします。

ハムスターの気持ちを知って上手にコミュニケーションを取ることで、ハムスターと仲良くなってください。

ハムスターの気持ちを理解して、愛情を持って接してあげましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

カブトムシの幼虫が出てくる原因が土の中のガスだった時の対処法

カブトムシの幼虫を育てていて、ふと見ると幼虫が土から出ていることがあります。土から出てくる原...

金魚の赤ちゃんにとって水替えはストレス?水換えの方法

金魚の赤ちゃんの水槽はいつから水替えをしていいのでしょうか?水が汚れているのが気になるからといって、...

金魚がパクパクするのはナゼ?底でパクパクする理由とは

金魚が底でパクパクするのはどうして?寝ている?それとも元気がないため?金魚が底でパクパクするときに考...

犬の散歩は台風の時はどうするべき?台風時の愛犬との過ごし方

犬には散歩が欠かせませんが、困るのが台風の時です。ニュースではむやみに外に出ないようにと忠告され...

金魚にヒーターが必要なメリットや正しい使い方について紹介

金魚にヒーターが必要かどうかは、金魚を育てる環境にもよります。基本的には金魚はヒーターがなくても飼育...

うずらの飼育は屋外飼育が可能でも、鳴き声等の注意したい事

うずらを飼ってみたいけれど、屋外でも飼育は出来るのでしょうか。結論からいいますとうずらは屋外...

ベタのヒーターはいつから入れたらいい?ベタの飼育の方法

ベタのヒーターはいつから必要でいつからいらなくなる?暖かくなるときや寒くなるとき、いくくらいからヒー...

ミナミヌマエビの水槽に入れる水草に付着した残留農薬の除去方法

ミナミヌマエビを飼育している人の中には、水槽の中に水草を入れたいと考えている人もいるのではないでしょ...

ミナミヌマエビとメダカの稚魚の混泳と混泳のメリットを解説

ミナミヌマエビとメダカを混泳させようと思っているとき、メダカの稚魚がミナミヌマエビに食べられてしまう...

グッピーの稚魚は親や成魚に食べられる!稚魚を増やす方法

グッピーの稚魚は自分の親や成魚に食べられるという話を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。「...

ベタの繁殖時期と繁殖方法は?繁殖期のオスの特徴とメスの特徴

ベタの飼育をしている人の中には、ベタの繁殖に挑戦しようと思っている人もいるのではないでしょうか。繁殖...

カナヘビの卵にカビが生えた原因と対処法!飼育方法を紹介

飼育しているカナヘビが卵を産み、その卵にカビが生えてしまったら、一体なぜそのような状況になるのか知識...

象VSライオン、一対一で闘わせるとどっちが強いのか徹底調査

草食動物である象と肉食動物であるライオン、もし闘わせたらどっちが強いのか結果が気になるところですよね...

オオクワガタの産卵を成功させるポイントとペアリングの時のコツ

オオクワガタを飼育している人の中には、飼育だけでなくブリードに挑戦してみたいという人もいますよね。オ...

ベタの平均寿命とは?老衰症状が出た場合の注意点について

若い時は元気に水槽の中を泳いているベタ。少しでも長生きしてもらってかわいい姿を見ていたいですよね。...

スポンサーリンク

ハムスターがプププと鳴き声を出す時の気持ち

普段はあまり鳴くことがなく、静かで癒し系のハムスターですが、時折鳴き声を出して感情を表現することがあります。

つい声が出てしまったのかな、と思われる方もいるかもしれませんが、鳴き声にはきちんとした意味があります。
いろいろな鳴き声の意味を理解することができれば、飼っているハムスターと仲良くなることもできます。意思疎通することも夢ではありません。

ハムスターが、「プププ」「キュキュキュ」などと高めの声で鳴くときには、気分が良い時です。
手に乗せてなでた時、大好きな食べものをもらったときなど、嬉しい時にこのような声で鳴くことがあるので、その時は撫でたり、一緒に喜んであげたりすると良いでしょう。

ハムスターの鳴き声は、「プププ」だけではありません。
いろいろな鳴き声とシチュエーションを解説していくので、コミュニケーションの参考にしてみてください。

プププの鳴き声だけじゃない!嫌がっている時のハムスターの鳴き声

「ジージー」「ジジジジ」「ギー」など、ハムスターが低い声で鳴く時には、負のイメージを持ちましょう。
感覚的に良い音ではないので、聞けば「良くないことだな…。」と誰もがわかる鳴き方だと思われます。

このような時には、ハムスターは怒っていたり、何かを嫌がっていたりします。
怒る原因はハムスターによってそれぞれ。
飼い主にいきなり持ち上げられて怒っているのかもしれませんし、ケージを掃除したあとなど、慣れない環境に苛立っているのかもしれません。

口を大きく開けたり、動きや身の構えが攻撃的になっている時は威嚇のサインです。
無理に構おうとせず、そっとしておいてあげましょう。

ハムスターを多頭飼いしている時には、喧嘩をしていたり、求愛を嫌がったメスがオスに対して怒っている場合もあります。
このような時にはケージを分けてあげるなどの対策も必要になります。

ハムスターの鳴き声にはプププ以外にこんな鳴き声も!何かを欲求している時の鳴き声

何かをして欲しい時に、要求の意味で鳴き声を出すこともあるようです。

最初に紹介した「プププ」「キュキュキュ」とも似ているのですが、「キュッ」「プッ」と高い声で鳴く時には、要求の意味を表していることが多いようです。

飼い主に甘えたい、ケージから出して欲しい、おやつが欲しいなどの要求があるのかもしれません。
このような時には、仲良くなるチャンス!ハムスターと積極的に関わり、思う存分甘やかしてあげましょう。

餌や水を要求していることもあるかもしれません。
餌と水分はハムスターの生育にとても大切なので、きらすことがないように、定期的に確認、補充を行いましょう。
栄養不足がストレスになったり、体調を崩す原因になったりもするので、気をつけましょうね。

何かを要求する様子とは違う様に見えるときには、負の感情を表していることも考えられます。
「驚いた」ときにはこのような高い声で鳴き、嫌がることもあります。

突然体に触れらたり、触られたくないお腹を触る、息を吹きかけていたずらする等すると、このように鳴くことがあります。
驚いたので「やめて」「嫌だ」というメッセージでもありますので、嫌がっている様子が見られるときには、無理に触らないようにしましょう。

ハムスターは寝言を言うこともある

「プープー」「クークー」などと聞こえる時には、たいていハムスターはハウスの中で寝ているのではないでしょうか。
これは鳴き声ではなく、いびきや寝言のようなもの。鼻からでる呼吸の音ですね。

気持ちよく眠っている証拠なので、起こさず静かに過ごしてあげましょう。
ひっくり返って眠る寝相の悪い子や、ギリギリと歯ぎしりをする子など、寝ているシチュエーションでは、ハムスターの個性が光ります。
自分の飼っているハムスターが、どのようなタイプなのか観察してみると楽しめるかもしれません。

起きている時にも同じような音や「キューキュー」「クツクツ」などの音が頻繁に出ている時には、病気が疑われる可能性もあります。
このような時にはすぐに動物病院を受診することをおすすめします。

ハムスターの鳴き声について

これまで紹介した鳴き声の他にも、ハムスターはいろいろな声を出します。

「プスプス」と鳴いている時は、運動の後で呼吸が荒くなっていたり、興奮していたりする時です。

「キーキー」「ピーピー」などと激しく鳴く時には非常事態です。
声の大きさや鳴き方からもわかるように、他のハムスターに噛みつかれていたり、体の一部がケージなどに挟まって身動きが取れなくなっていたりすることもあります。
対応が遅れると、怪我や生死に関わる問題になることもありますので、早急に救出してあげましょう。

最初にお伝えしたとおり、ハムスターは日常の生活の中ではほとんど鳴くことがありません。ごく稀に、これまで紹介したような鳴き声を出して、飼い主に喜怒哀楽を伝えることがあります。
そのため、日常的に鳴いていたり、音を出している場合には、感情表現とは別の理由を疑う必要があります。感情豊かな子だな、と安易に判断してしまうと、取り返しのつかない状況になることも考えられなくはありません。
病気や怪我など、ハムスターの体調管理も飼い主としてしっかりおこないましょう。