部屋で焼く焼肉。プレートの選び方と焼き肉の時の準備や対策

焼き肉が大好きという人は、家でも焼肉が食べたいと思いますね。家で焼肉をしようと思った時に気になるのが煙とニオイではないでしょうか。

今回は、部屋で焼肉をプレートで焼く場合におすすめなやり方を紹介します。

まずは気になる煙対策には無煙ロースターがおすすめです。

無煙ロースターには色々なタイプのものがありますが、使う場所に合わせる、味にこだわりたいなど選び方のポイントをご覧ください。

煙の他にニオイも気になりますね。マンションで焼肉をしている人はどのくらいいろのでしょう?その割合や焼肉をしない理由についてもみてみましょう。

焼肉を始める前にはやっておきたいことがあります。食べている時や食べ終わった時の対策も紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

マスクでメガネが曇るときの曇り止め方法!使える裏技を大公開

メガネをしている人の悩みといえば、マスクをしたときにメガネが曇ってしまうことではないでしょうか。何か...

花の可愛いイメージを名前に。花を使った素敵な名前の紹介

女の子が生まれた、これから生まれるという場合にどんな名前を付けようかとても悩んでしまいますね。...

メキシコ人女性が太い理由とは?日本人も好きな炭酸飲料問題

メキシコ人女性は顔のパーツが1つ1つ大きく美人揃いですが、太い女性が多いのもメキシコ人女性の特徴です...

検索の方法。意外と知らない検索方法とそのコツについて

検索の方法って30パターン位あるのをご存知ですか?知りたいことを知るのに便利なインターネット...

一人暮らしで使うタンスの大きさについて。

 一人暮らしを始めるにあたって、いろいろなものを用意する必要がありますよね。 その中でも、部屋の...

一人暮らしの生活費は10万で抑えのを可能にするコツと節約術

一人暮らしをしているとどうしても生活するためのお金がかかります。そんな生活費をもっと抑えることが...

一人暮らしで外食が続くと食費が高くなるのは事実。自炊がベスト

一人暮らしで外食が続くと、食費がどうしても気になります。生活費に余裕があるなら、食費を気にするこ...

傘、壊れた?閉じれない傘に焦った時の対処法と修理方法

傘が壊れた?電車に乗ろうとして傘が閉じれないと、本当に焦りますよね?空いている電車内で傘を広...

コンセント増設に必要な資格とは?資格取得の種類や試験について

コンセントの増設は資格がないと行えません。「電気工事士」という資格が必要なのですが、電気工事士に...

リビングのエアコンサイズの判断基準!家の造りが重要ポイント

リビングにエアコンを取り付けようと考えた時、まずどのくらいのサイズが必要なのかを考えます。店...

鉛筆をカッターを使う時の削り方のコツと最適な芯の長さとは

最近は鉛筆を使う機会も減っていると思いますが、美術のデッサンの場合は鉛筆を使うこともありますね。...

バッテリー充電はアイドリングでも可能だが走行した方がベスト

何らかの原因で車のバッテリーがあがってしまうことがありますが、バッテリーの充電はアイドリング状態でも...

家の外壁を掃除したい!高圧洗浄機で洗うときの注意点

一軒家に住み始めて5年、なんだか外壁の汚れが気になるなぁ、とはいっても外壁の掃除の方法なんて聞いたこ...

エアコン暖房の設定温度は何度がベスト?快適に過ごす工夫も!

エアコンは冷房と暖房の2つの機能がありますが、暖房の設定温度は普段何度にしているでしょうか。環境...

タッパー弁当の仕切りのアイテム。定番からおしゃれアイテムまで

毎日のお弁当作りは大変ですね。お弁当箱にはどんなタイプの物を使っていますか?色々な素材や形の...

スポンサーリンク

部屋で焼く焼肉のプレートは無煙ロースターがおすすめ

部屋で焼肉をする場合に必ず問題になるニオイと煙。
そんなニオイと煙は焼肉をする上では付き物だし「仕方ない」と諦めていないでしょうか。

焼肉の際に発生するニオイや煙は使用するプレートによって大きく変わります

中でも特にそうした問題を防ぐことができるのが「無煙ロースター」です。

無煙ロースター

その名の通り煙が出ないのが大きな特徴で、肉を焼くことによって出る煙を吸収する部品を内部に設置することで、煙が出ないようになっています。
ただ、ひとつに無煙ロースターと言っても無煙ロースターには様々な種類があり、「味」を重視するか、「煙の量」を重視するかによって、選ぶ無煙ロースターが変わってきます。

味を重視するのであれば「赤外線タイプ」のプレートがオススメ

赤外線タイプは、炭火で焼いたような味を感じることができ、通常のプレートでは味わえない本格的な焼肉を楽しむことができます。
ただ、赤外線タイプにはじっくり時間をかけて温める特徴がありますので、すぐにでも焼肉を楽しみたい!という方には、合わないかもしれません。

一方で、焼肉によって出る煙の量を極力抑えたい場合には、「ファン内臓タイプ」がオススメです。

無煙ロースターの中でも、特に煙の量を抑えることのできるファン内蔵タイプは、煙をとにかく抑えたいという場合選ぶと良いでしょう。
また、ファン内蔵タイプは焼肉によって出る煙を内蔵されているファンが吸い取ってくれますので、気になる服へのニオイ移りも軽減してくれます。

焼肉を焼くプレートやグリルの特徴を紹介

焼肉をするプレートには、前述した煙を抑えることができる無煙ロースターのほかにも、様々な種類があります。
プレートは、肉の美味しさを左右する大きなポイントにもなりますので、一緒に見ていきましょう。

焼肉のプレートの種類と特徴について

穴あき型タイプ

プレートに一定の大きさで複数の穴が空いている「穴あき型タイプ」は、肉を焼くことによって出る脂を下にある水が入った受け皿の中へ落とす作りになっています。
そのため、脂がプレート上で高温になって煙になることも少なく、煙の発生を極力抑えることができます。

波型タイプ

プレートに波のようにくぼみが入っている「波型タイプ」は、肉の余計な脂を落としてヘルシーに焼肉を楽しみたい場合にオススメのタイプです。
また、肉から出た余計な脂はその都度キッチンペーパー等で吸い取るようにすることで、気になるニオイも抑えることができます。

山型タイプ

全体が丸く中心が高くなっている「山型タイプ」は、場所によって火の強さが異なるため、肉を焦がしたくないときにオススメのタイプです。
また、山型タイプは頑丈な作りのものも多く、長く使えるものを探しているという場合にもオススメです。

マンションの部屋で焼肉をする人の割合

美味しい反面でニオイや煙が付き物の焼肉ですが、実際に部屋で焼肉をしている人の割合は「約4割」と言われています。焼肉をしていない人の多くは、やっぱり焼肉特有のニオイや煙が気になるようで、控えている人が多いようです。

また、マンションに住んでいる場合にはベランダがついていることが多いですが、ニオイや煙が気になるからといって、このベランダを使って焼肉をするのは厳禁です。
外にニオイが出るということは、左右や上下に住んでいる人の部屋にニオイが行く可能性があるということです。

夏場など、場合によっては窓を開けている可能性もあり、そんな時にニオイのきつい焼肉臭が部屋に入ってくることを不快に感じる人も少なくありませんので、注意が必要です。
ニオイが気になる場合には、外で行うのではなく煙を抑えられるプレートを使うなど、使えるものは上手く活用しニオイ対策を行って部屋焼肉を楽しんで下さいね。

部屋での焼肉はプレートの他の周辺グッズにもこだわりたい

部屋で焼肉をする場合にはプレートにこだわることも大切ですが、トングやお皿など「サブとなる物」にも一工夫すると、より充実した部屋焼肉をすることができます。

例えば「お皿」ですが、焼肉店で用意されているお皿には、複数種類のタレが入れられるようになっている場合が殆どですよね。
自宅でもそうしたお皿を用意することができれば、タレごとにお皿を使い分ける必要もなく、1枚のお皿で様々なタレで焼肉を楽しむことができます。
後片付けが大変な焼肉だからこそ、洗い物を少なくできるのは奥さんにとって嬉しいこととなるのではないでしょうか。

また、こうしたお皿は100均でも手に入れることができますので、一度足を運んでみると良いかもしれません。

部屋で焼肉をする前と後にやっておくこと

部屋で焼肉をする場合の気になるニオイと飛び散った脂は、焼肉前の「準備」と焼肉後の「ひと手間」で対処することができます。

「焼肉前」の準備

部屋で焼肉を行う前には、換気扇を回したり窓を開けて、空気の入れ換えができる状態を作っておくことが大切です。
また焼肉には「脂」が付き物です。そのため、家具等には脂が飛び散ることを考え、チラシやタオル等で家具を覆っておくようにしましょう。

「焼肉後」のひと手間

焼肉後は、壁や床についたニオイや脂を拭き取り、ニオイの原因となっているものを取り除きましょう。
また、焼肉によって出るニオイは、水で吸収しやすいと言われています。
そのため、焼肉後は濡らしたタオルを部屋の中で振り回すのも効果的ですので、ぜひ試してみて下さいね。