部屋で焼く焼肉。プレートの選び方と焼き肉の時の準備や対策

焼き肉が大好きという人は、家でも焼肉が食べたいと思いますね。家で焼肉をしようと思った時に気になるのが煙とニオイではないでしょうか。

今回は、部屋で焼肉をプレートで焼く場合におすすめなやり方を紹介します。

まずは気になる煙対策には無煙ロースターがおすすめです。

無煙ロースターには色々なタイプのものがありますが、使う場所に合わせる、味にこだわりたいなど選び方のポイントをご覧ください。

煙の他にニオイも気になりますね。マンションで焼肉をしている人はどのくらいいろのでしょう?その割合や焼肉をしない理由についてもみてみましょう。

焼肉を始める前にはやっておきたいことがあります。食べている時や食べ終わった時の対策も紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

本棚のDIYにすのこが便利!DIY初心者向けすのこ本棚の作り方

すのこはDIYに欠かせない道具のひとつです。手軽に材料が揃い、さまざまなものにリメイクすることができ...

一人暮らしのダンボール処理方法とは?捨て方を紹介します

一人暮らしの引っ越しで使ったダンボールの処理はどのように行えばいいのでしょうか?ダンボール処理に...

落ち葉の掃除、砂利の上の場合のおすすめな道具と掃除のポイント

庭に木がある場合は、秋頃になると落ち葉が気になってきます。隣の敷地に飛んでいってしまわないうちに...

高校の卒業証明書はいつもらえる?卒業証明書の入手方法

高校の卒業証明書はいつから発行してもらえるのでしょうか?また、発行してもらうまでの日数や請求の方法と...

電車で弁当を食べるのはマナー違反?電車内での飲食の是非を問う

電車の中で弁当を食べている人もいますが、その行為がマナー違反になるのでは?という声も聞かれます。...

窓の結露防止に効果的な100均グッズと日常生活で心がけること

冬になるとどうしても窓にできてしまう結露。結露が発生するたびに拭き掃除をしても、永遠に終わらないかも...

警察の取り締まりから逃げると後でどうなるか理解しよう

警察のスピード違反の取り締まりで捕まっている車を見ると「自分も気をつけよう。」と改めて思いますが、逃...

【標本の作り方】夏休みに採ったカブトムシを思い出として残そう

子供と一緒に昆虫採集に出かけてゲットしたカブトムシ。大切な夏休みの思い出として標本にしておきたいです...

一人暮らしの料理を安い値段で済ませる方法を知って上手に節約

一人暮らしをしている人の中には、料理をするときの食材をなるべく安い価格で購入したいと考えている人もい...

弁当箱をレンジで加熱したら蓋が開かない!開け方と開かない理由

弁当箱を電子レンジで温めたら、弁当箱の蓋が開かない!という経験をした事がある人もいますよね。せっかく...

革の手袋の手入れの手順と必要な物。長く使う為の手入れや使い方

革の手袋をお使いになっていて、汚れが気になってきたり雨や汗で濡れてしまったなどお手入れをしたいと思っ...

庭木の手入れに必要な初心者が揃えるべき道具リスト

庭木の手入れをするにはいろいろな道具が必要になります。しかし、庭木のお手入れ初心者にとっては、どんな...

【アイロンのかけ方】ズボンの正しいアイロン掛けの手順と注意点

一人暮らしの男性が苦手な家事の一つにアイロン掛けがあります。自分でアイロンをかけるという時には、どの...

革財布のクリーニング方法!長く愛用して味のある革財布にしよう

革製品のお財布を使用している人の中には、財布の黒ずみ汚れが気になっている人もいますよね。汚れを綺麗に...

ガソリンスタンドが閉店する理由とは?その実態を解説します

自分の住んでいる街の中を車で走っていると、ガソリンスタンドの数が減っていることに気づかされますよね。...

スポンサーリンク

部屋で焼く焼肉のプレートは無煙ロースターがおすすめ

部屋で焼肉をする場合に必ず問題になるニオイと煙。
そんなニオイと煙は焼肉をする上では付き物だし「仕方ない」と諦めていないでしょうか。

焼肉の際に発生するニオイや煙は使用するプレートによって大きく変わります

中でも特にそうした問題を防ぐことができるのが「無煙ロースター」です。

無煙ロースター

その名の通り煙が出ないのが大きな特徴で、肉を焼くことによって出る煙を吸収する部品を内部に設置することで、煙が出ないようになっています。
ただ、ひとつに無煙ロースターと言っても無煙ロースターには様々な種類があり、「味」を重視するか、「煙の量」を重視するかによって、選ぶ無煙ロースターが変わってきます。

味を重視するのであれば「赤外線タイプ」のプレートがオススメ

赤外線タイプは、炭火で焼いたような味を感じることができ、通常のプレートでは味わえない本格的な焼肉を楽しむことができます。
ただ、赤外線タイプにはじっくり時間をかけて温める特徴がありますので、すぐにでも焼肉を楽しみたい!という方には、合わないかもしれません。

一方で、焼肉によって出る煙の量を極力抑えたい場合には、「ファン内臓タイプ」がオススメです。

無煙ロースターの中でも、特に煙の量を抑えることのできるファン内蔵タイプは、煙をとにかく抑えたいという場合選ぶと良いでしょう。
また、ファン内蔵タイプは焼肉によって出る煙を内蔵されているファンが吸い取ってくれますので、気になる服へのニオイ移りも軽減してくれます。

焼肉を焼くプレートやグリルの特徴を紹介

焼肉をするプレートには、前述した煙を抑えることができる無煙ロースターのほかにも、様々な種類があります。
プレートは、肉の美味しさを左右する大きなポイントにもなりますので、一緒に見ていきましょう。

焼肉のプレートの種類と特徴について

穴あき型タイプ

プレートに一定の大きさで複数の穴が空いている「穴あき型タイプ」は、肉を焼くことによって出る脂を下にある水が入った受け皿の中へ落とす作りになっています。
そのため、脂がプレート上で高温になって煙になることも少なく、煙の発生を極力抑えることができます。

波型タイプ

プレートに波のようにくぼみが入っている「波型タイプ」は、肉の余計な脂を落としてヘルシーに焼肉を楽しみたい場合にオススメのタイプです。
また、肉から出た余計な脂はその都度キッチンペーパー等で吸い取るようにすることで、気になるニオイも抑えることができます。

山型タイプ

全体が丸く中心が高くなっている「山型タイプ」は、場所によって火の強さが異なるため、肉を焦がしたくないときにオススメのタイプです。
また、山型タイプは頑丈な作りのものも多く、長く使えるものを探しているという場合にもオススメです。

マンションの部屋で焼肉をする人の割合

美味しい反面でニオイや煙が付き物の焼肉ですが、実際に部屋で焼肉をしている人の割合は「約4割」と言われています。焼肉をしていない人の多くは、やっぱり焼肉特有のニオイや煙が気になるようで、控えている人が多いようです。

また、マンションに住んでいる場合にはベランダがついていることが多いですが、ニオイや煙が気になるからといって、このベランダを使って焼肉をするのは厳禁です。
外にニオイが出るということは、左右や上下に住んでいる人の部屋にニオイが行く可能性があるということです。

夏場など、場合によっては窓を開けている可能性もあり、そんな時にニオイのきつい焼肉臭が部屋に入ってくることを不快に感じる人も少なくありませんので、注意が必要です。
ニオイが気になる場合には、外で行うのではなく煙を抑えられるプレートを使うなど、使えるものは上手く活用しニオイ対策を行って部屋焼肉を楽しんで下さいね。

部屋での焼肉はプレートの他の周辺グッズにもこだわりたい

部屋で焼肉をする場合にはプレートにこだわることも大切ですが、トングやお皿など「サブとなる物」にも一工夫すると、より充実した部屋焼肉をすることができます。

例えば「お皿」ですが、焼肉店で用意されているお皿には、複数種類のタレが入れられるようになっている場合が殆どですよね。
自宅でもそうしたお皿を用意することができれば、タレごとにお皿を使い分ける必要もなく、1枚のお皿で様々なタレで焼肉を楽しむことができます。
後片付けが大変な焼肉だからこそ、洗い物を少なくできるのは奥さんにとって嬉しいこととなるのではないでしょうか。

また、こうしたお皿は100均でも手に入れることができますので、一度足を運んでみると良いかもしれません。

部屋で焼肉をする前と後にやっておくこと

部屋で焼肉をする場合の気になるニオイと飛び散った脂は、焼肉前の「準備」と焼肉後の「ひと手間」で対処することができます。

「焼肉前」の準備

部屋で焼肉を行う前には、換気扇を回したり窓を開けて、空気の入れ換えができる状態を作っておくことが大切です。
また焼肉には「脂」が付き物です。そのため、家具等には脂が飛び散ることを考え、チラシやタオル等で家具を覆っておくようにしましょう。

「焼肉後」のひと手間

焼肉後は、壁や床についたニオイや脂を拭き取り、ニオイの原因となっているものを取り除きましょう。
また、焼肉によって出るニオイは、水で吸収しやすいと言われています。
そのため、焼肉後は濡らしたタオルを部屋の中で振り回すのも効果的ですので、ぜひ試してみて下さいね。