犬は飼い主を忘れない!理由と犬の記憶について簡単に解説

犬は飼い主のことを忘れない動物です。これは、犬が飼い主と共に過ごした時間においての飼い主の匂いや姿、そして愛情が記憶されているからです。
しばらく会わないでいたり、また事情により犬を飼うことができなくなった後でも、自分のことを覚えてくれているのかと気になる飼い主もいるでしょう。

そこで、犬の記憶について、飼い主のことを忘れない理由や犬の記憶力、犬の実記憶と連想記憶や犬のためにも飼い主が気をつけたいことなどお伝えしていきましょう。

これで、犬の記憶について理解することができ、飼い主に対してどのような記憶が残るのかもわかります。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

水槽のエアーポンプには掃除が必要?掃除の必要性と方法

金魚などを飼育している方は水槽にエアーポンプを設置していますよね。ちなみにエアーポンプの掃除はどうし...

ヤモリが脱皮する頻度は?ヤモリの脱皮は健康のバロメーター

ヤモリはよく脱皮をする生き物ですが、どのくらいの頻度で脱皮をするのでしょうか。ヤモリの脱皮は...

ウサギのケージの掃除の仕方と道具を紹介。頻度や選ぶポイントも

見ているだけで癒されるウサギはペットとしても人気です。ウサギは自然界では穴で暮らす生き物なので、...

アロワナの水槽の立ち上げ方法・飼育に必要なものと水槽の大きさ

アロワナの飼育を始めようと思っている人は水槽の立ち上げについて知りたいですよね!アロワナを飼育する時...

チンチラの回し車の音が気になる、改善方法や対策方法とは

夜中に響くチンチラの回し車の音、毎晩毎晩のことでさすがに何か対策をしたいと思っているのなら、こちらの...

エビに優しい水槽の水換え方法!負担の少ない注水が基本

レッドビーシュリンプは赤と白のコントラストが美しく、ペットしても人気のエビです。お世話で欠かせない水...

金魚の水槽に白い浮遊物があるのはどうして?理由と対処方法

金魚の水槽に白い浮遊物がでたときにはどんな対処をしたらいいのでしょうか?とくに水槽を立ち上げ...

メダカの水槽の濁りとる方法!原因を知って濁りを綺麗にしよう

メダカを飼育している人の中には、水槽が濁ってしまいその濁りとる方法を知りたいという人もいるのではない...

レオパは脱皮を食べるの?レオパの脱皮方法とその注意点

レオパは脱皮をした皮を食べるって知っていますか?レオパは脱皮を繰り返しながら成長していくのですが...

ベタのヒーターはいつから入れたらいい?ベタの飼育の方法

ベタのヒーターはいつから必要でいつからいらなくなる?暖かくなるときや寒くなるとき、いくくらいからヒー...

コオロギを飼育するときに水は必要?コオロギの飼い方

コオロギを飼育するときに水はどのように与えたらいいのでしょうか?霧吹きで水を与えてしまうとコオロギの...

コリドラスの水槽に水草は入れない?おすすめの水草と入れ方解説

コリドラスを飼育するときは、水槽の中に水草を入れずに飼育することが多いです。まだコリドラスの...

メダカの水槽に拾った貝殻を入れる時の注意点と入れてはNGな物

メダカは小学校の教室や家庭のペッとして一度は飼ったり、飼育しているのを見かけたことがあるのではないで...

水槽の地震対策はフランジが一番?そのメリット・デメリットとは

いつ大きな地震が起こってもおかしくない現代…。そんな時のために大切な水槽の地震対策をしっかりと行って...

グッピーのメスの妊娠はお腹でわかる?見た目でわかる妊娠の兆候

グッピーのメスが妊娠していると、見た目でわかるくらいお腹に変化が見られます。特に出産間近のメスは...

スポンサーリンク

犬が飼い主のことを忘れない理由

犬は人気ペットランキングの中でもトップにランクインする程、人々から愛されている動物です。
人気な理由は犬は人と意思疎通がしやすい動物であり、とても賢い動物です。
人間のように感情が豊かで分かりあえるというのが最も大きい理由なのではないでしょうか。

様々な事情で飼い主と犬が別々になってしまうケースはあります。
犬を飼っていたけど飼い主が先に亡くなってしまったり、事情により飼えなくなってしまったなどという場合、残された犬の感情はどうなのでしょうか。

結論から言いますと、犬は飼い主のことを忘れることはありません。

なぜなら、犬の能力には長期記憶があり長期記憶は一生記憶しておくことができるほどです。
信頼している飼い主であれば犬にとって飼い主は長期記憶に残ります。
飼い主の顔を長期見ることがないのに「本当に覚えているのかな~」と疑問を持つ方もいるとおもいますが、長期記憶と共に連想記憶というものにも長けています。
連想記憶とは、出来事、飼い主の特徴(容姿、匂い、声)などの情報を飼い主と結びつけることで記憶として残せます。

病院が嫌いな犬の場合

移動するための車→車から降りると病院→病院に行くと注射→痛い
これも連想記憶です。
このトラウマによって車すら嫌いになる犬もいます。

犬は飼い主のことを忘れないのは、長期記憶そして連想記憶に優れているからと言えます。

犬は例え捨てられても飼い主を忘れない

飼い主との思い出が良くも悪くも犬の中には一生残ります。

犬は愛情を十分に注いでくれた飼い主のことはもちろん忘れることはなく、あまり良い思い出がない飼い主も忘れることはありません。

しかし、飼い主と悪い思い出があるケースではトラウマとして一生残りづつけてしまうのです。
本来、人懐っこい動物の犬であっても捨てられたり虐待を受けてしまった犬はトラウマとなり人間と関わるのを怖がったり、威嚇したりするようになります。
この行動も長期記憶、連想記憶に優れているからと言えます。

しかし、新しい飼い主との信頼関係を築くことができれば、そのトラウマや元の飼い主との思い出を記憶から薄れることはあります。

もし、なんらかの理由で飼い主と離れ離れになってしまい、新しい優しく愛情を注いでくれる飼い主の元へ行けたなら良い思い出でも薄れているかもしれませんね。

しかし、記憶が薄れていても悲しいことではありませんよ。
大事なペットが愛情を十分に注がれ幸せな暮らしをしていることはこの上ない喜びでしょう。

犬は愛情を持った飼い主のことを忘れない動物

犬は愛情を持った飼い主のことは忘れない動物です。

犬や馬は社会性ある動物なので、記憶力が良く、感情がとても豊かな上、人間の考えている事もよく理解します。

逆に、猫もペットとして愛されている動物ですが、あまり人間と関わろうとはしませんね。
ゆえに人間にそこまでの強い感情は持っていないと言えます。
構ってほしい時に近づいてきて、放っといてほしい時は近づいてこない、この「つっけんどん」な態度が猫愛好家にとっては病みつきなんですよね。

また愛犬家に関しては、社会性を持って犬だからこそ持つ繊細な心や人間と意思疎通出来る部分が癒やしでもあります。
基本的に構ってもらいたい犬なので人間の赤ちゃんのように飼っている人が多いですよね。
そこもまた犬の魅力の1つです。

どんな理由にせよ、犬と離れ離れになってしまっても犬は愛情を注いでくれた飼い主の事は忘れることがありません。

新しい飼い主の元で愛情注がれ幸せに暮らしていて、思い出が少し薄れてしまっても、連想記憶としてあなたのことは記憶に残っているはずです。

可愛がっていた犬と離れてしまったことは悲しいですが、幸せに暮らしているなら安心ですね。

犬の実記憶と連想記憶について

犬には実記憶と連想記憶があります。

  • 実記憶
    10分程度の間の記憶でそれ以上立つと忘れてしまいます。
    例えば、犬がいたずらすると、しつけとして叱りますよね。
    この記憶は実記憶に入るでしょう。
  • 連想記憶
    犬にしつけをする時に、「お座り」「お手」を教えますね。
    おやつがあるからこそお座りやお手がすぐに覚えられます。
    お座る=おやつ
    お手=おやつ
    このよに情報を結びつけることが連想記憶です。

あまり会うことのない人は実記憶に入ります。
しかし、あまり会ったことがない人でもおやつをもらったり、優しくしたりされると連想記憶として残すことができるのです。

長年一緒にいる飼い主は一生忘れることはありません。

犬のためにも飼い主が気をつけたいこと

犬のためにも飼い主が気を付けたいこと。それは1つです。
犬はこのように飼い主を一生忘れることがありません。

犬を飼う時は一生犬と生活する覚悟を持って飼いましょう。

犬の寿命は平均で15年です。
一人暮らしのお年寄りが寂しさを紛らわすために犬を飼ったりしますが、人間の平均寿命と犬の寿命を考えた上で責任持って飼うということを忘れないでほしいです。
また急な病気や、引っ越し、ライフスタイルの変更により犬を手放さなければいけない状況がいつ起こるかわかりません。
このような場合に対策を事前に考えておくことも大切です。

どんな理由にせよ犬を捨てることはありえません。
無責任な行動です。
世の中には悲しい思いをする犬がたくさんいます。
このような犬たちが増えないことを願います。

どんな事情があっても幸せに暮らしていければ良いですね。