駄菓子屋を経営する時は許可が必要?駄菓子屋の始め方とポイント

定年を迎え、これからまだまだ続く人生を考えた時、そうだ!駄菓子屋を経営しよう!と考える方もいるでしょう。その場合、どんな許可が必要になるのか知りたいものです。

やはり許可を出さないと何か問題があるのでしょうか。

一つ100円以下が多い駄菓子屋で儲けはあるのかも気になるところ。駄菓子屋経営が成功する秘訣などもご紹介します!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

花束は花屋さんに当日注文でもOK?おすすめの注文方法について

花束を花屋さんに注文する時、意外とどうしたら良いのか悩んでしまう方も、少なくはありません。当...

雑誌の付録でメンズ向けのものは何があるのか

雑誌の付録と言えば、子供向けのものから、大人の女性向けのものまでありますが、メンズ向けのものはないと...

重曹を使うと嫌な足の臭いに効果が?重曹を使った足湯方法

汗をかく季節になると、足の臭いが気になりませんか?特に一日中、靴を履きっぱなしの方は足が蒸れてしまい...

音を使った名前やその由来。人気がある男の子・女の子の名前

待望の赤ちゃんに名前を付ける場面で音楽が好き、音楽に関わっているという人なら「音」という漢字を使いた...

車椅子で電車に乗る場合はまずは駅員さんへ!伝える事や注意点

車椅子の方が電車に乗る場合は、まずは乗る駅の駅員さんに伝えましょう。その際に介助者の有無・降...

庭をタイル張りにする手順。DIY初心者でもできるタイル張り

庭の一部におしゃれなタイルがあると、お庭の雰囲気も大きく変わります。庭のタイル張りと言うと業者に頼む...

同棲をするのに良いタイミングって?新社会人ならいつが良いのか

お付き合いをしているカップルが同棲をするのは珍しいことではありませんが、それを始めるのに良いタイミン...

花屋で花束を作るのにかかる時間と花屋のおすすめな使い方

今あなたが花束を贈りたいと思っている方は大切な方でしょう。誕生日やイベントなどで花束を渡した...

【一人暮らしのダイエット】男は食事を自炊することから始めよう

一人暮らしの男性は、ダイエットしたいと思っても食事内容をどう減らせばいいのかわからない人の方が多いの...

一人暮らしの楽しみ方。独身男性に提案する気ままに生きる方法

一人暮らしの楽しみ方はいろいろ。男性の一人暮らしにも、さまざまなメリットがあります。そこで、独身...

本を保管するときは防虫剤?大切な本を守る保管術

本の保管に防虫剤は必要?本についてしまう虫の特徴とは?本につく虫を発見したときには、どのような対処を...

在家と出家の違いについて。在家と出家では同じ修行はできません

在家と出家の違いについては、一言で説明することが難しいのですが、俗世から離れないとある意味本当に『捨...

セラミックヒーターは火事の心配が少なくても使い方には注意

セラミックヒーターは火を使わないので他の暖房器具と比べると、火事の危険度は低いでしょう。ですがまった...

ヤカンの掃除には重曹と水で沸騰させて落とす方法がおすすめ

最初はピカピカしていたヤカンも数年使いこんでいくと、お湯を沸かすだけなのにいつの間にか汚れていますし...

ビオトープの水草の種類や分類。初心者や冬におすすめな種類

水に浮いている水草、水中に沈んでいる水草などビオトープの水草には、様々な種類があります。今回はビ...

スポンサーリンク

駄菓子屋を経営する場合どこにどんな許可を取るべきなの?

昔は、近所に必ず何件かはあった駄菓子屋ですが、最近ではお店自体の数もだいぶ減少傾向にあります。

駄菓子屋さんと言えば、子どもがお小遣いを握りしめて、好きなお菓子を選んで買ったり、くじを引いて一喜一憂したりと、子どもにとっては夢のようなお店と言えるでしょう。
また、昔駄菓子屋さんによく足を運んでいた大人にとっても、駄菓子屋さんは未だにその時の思い出や夢が詰まった憧れのお店ということも。

子ども達の笑顔がみたい、町を元気にしたいという考えから、定年後に駄菓子屋さんを始める人も少なくありません。

でも、店を経営した経験がないと難しいのではないかとか、店を始めるにあたり手続き等に自信がないというケースもあります。

まず、駄菓子屋を始めるという場合、お菓子を仕入れて、それを売るということが基本になるため、売り物であるお菓子を仕入れさえすれば、すぐにでも駄菓子屋の営業を始めることが出来ます。

売るものが自分で作った食品であったり、古本の買い取りを目的としていれば、それぞれに申請や許可が必要になりますが、駄菓子を売るという点ではこのような申請は必要いらないのです。

駄菓子屋経営に特別な許可が必要ないなら経営するのは簡単?

駄菓子屋を始めるのに特に許可が要らないなら、店を始めるのは簡単じゃないかと思う人もいるでしょう。

店は確かに特に許可なくはじめることができますが、店の経営を持続させるとなると話は変わってきます。

駄菓子屋は減ってきているとは言え、ほとんどの駄菓子類は大型スーパーやコンビニエンスストアでも置いているほどメジャーな商品です。

そんなライバル店がそこら中に点在する中、駄菓子屋店として生き残るためには、ある程度の戦略は必要です。

店の雰囲気を昭和風でレトロな雰囲気にしたり、駄菓子の並べ方を凝ったりするなど。

このように、お客のニーズを見極め、お店を始めることが重要です

そして、これを実現させるためには、商品を置くためのディスプレイ用品や商品什器、レジなど、ある程度の設備は必須なので、それに関わる資金が必要です。

初期投資としては、駄菓子の仕入れ代金も含んで100~200万円くらいは見ておいた方が良いでしょう。

ライバル店にはない、自分の店だけの特色を出すことで、地元の人達に愛される人気店にしたいですね。

駄菓子屋経営の許可も通りいざ開業!駄菓子屋開業で成功するには?

近所の子どもにたくさん来てほしいという理由から駄菓子屋を決意するという人もいるでしょう。

ただ、子どもが買うことだけを見込んで駄菓子屋を始めるのは難しいと言えます。

自分が子どもの頃、駄菓子屋に行った時はどのくらいお金を使っていたか思い出してみましょう。

きっと、親や祖父母からもらったお小遣いの何百円だったという人が多いのではないでしょうか。

1人当たり数百円の単価で、1日あたりに訪れる人数を計算して、充分な利益が見込めることは少ないと言えます。

そこで、子どもだけではなく、大人にも来てもらえる駄菓子屋にコンセプトを変えてみるのです。

最近では、昭和レトロな雰囲気が、子どもの頃を思い出して懐かしいと大人にも人気があります。

お店を成功させるためには、たくさんの人が「入ってみたい」と思う要素も必要です。

自分が通っていた駄菓子屋さんを思い出し、再現してみるというのもおすすめです。

駄菓子屋経営の魅力と難しいところ

数あるお店の中でも、仕入れたものを売るというシンプルな駄菓子屋は、開業にあたり初期投資が他の店よりも抑えられることや、開業しやすいということが魅力でもあります。
自分で制作したものを売るのではないため、特に技術も必要要りませんし、制作にかかる時間もありません。

そして何より、自己所有の店舗を使ったり、自宅をリフォームしたりすることによって、開業するためにかかる店舗代がそれほどかからないこともあります。

大掛かりな機械も必要ないということから、最低でも初期投資50万円くらいから駄菓子屋を開業することも可能です。

それなら、私もやってみたいと思う方もいるかもしれません。

でも、ちょっとした小遣い程度の利益があればいいとか利益はなくても良いという場合を除き、駄菓子屋経営は大きな利益を出すのは難しいものです。

駄菓子の仕入れ値は、実際の販売価格の8割程度なので、10円の駄菓子であれば、利益は2円です。

駄菓子のほとんどがこのような低価格なので、たくさん売れても利益はわずかで、その中から人件費や光熱費などの費用を差し引くと、よっぽど特色のある駄菓子屋でなければ大きな利益は見込めないでしょう。

駄菓子屋を経営して売り上げをアップさせるには?

世の中には、意表を突いた駄菓子屋で成功した例も多くあります。

駄菓子屋というと、ただ仕入れた駄菓子を売るという考えが一般的ですが、その店独自のオリジナルな商品を作って売るという方法です。

そのオリジナル商品の人気に火が付くと、「この商品といえば、あの駄菓子屋」というようにイメージが固まります。

「その店でしか買えないもの」という特別感を植え付けることによって、来客数が増加したというお店もあります。

駄菓子屋で売っている駄菓子は、他のお店にも置いているので、消費者の立場で考えると、同じものを買うのなら価格がより安いことや、他に付加価値があることで選ぶことが多いですよね。

お店のオリジナル性を高めてイメージを確立することで、特別な駄菓子屋として成功するのも夢ではないのです。