金魚に塩浴をさせるときのフィルターとは?塩浴のポイント

金魚に塩浴をするときにはフィルターはつけたままでいいのでしょうか?弱っている金魚を塩浴させるとき、初めましての金魚を入れるときにする塩浴はどのように行えばいいのでしょう。

塩浴をするときに気をつけなければいけない事とは?個体差があるので、始めから濃い濃度では行わないようにしましょう。

金魚を塩浴させるときのコツやポイントを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

象VSライオン、一対一で闘わせるとどっちが強いのか徹底調査

草食動物である象と肉食動物であるライオン、もし闘わせたらどっちが強いのか結果が気になるところですよね...

ウーパールーパーが水草を食べる理由とその必要性について

ウーパールーパーの水槽に水草を入れていると、その水草をウーパールーパーが食べることもあるため驚いてし...

ミナミヌマエビとメダカの稚魚の混泳と混泳のメリットを解説

ミナミヌマエビとメダカを混泳させようと思っているとき、メダカの稚魚がミナミヌマエビに食べられてしまう...

コオロギの飼育方法とは?冬に気をつけたいのは温度や湿度

冬にコオロギの飼育をするときには、どのようなことに注意したらいいのでしょうか?飼育の方法を間...

メダカの越冬の準備・屋外飼育の稚魚の越冬のポイントと注意点

メダカを飼育している人の中には、はじめて稚魚を越冬させようと思っている人もいることだと思います。...

金魚がパクパクするのはナゼ?底でパクパクする理由とは

金魚が底でパクパクするのはどうして?寝ている?それとも元気がないため?金魚が底でパクパクするときに考...

【ヒョウモントカゲモドキの飼育方法】冬の温度管理について

レオパとも呼ばれる人気の爬虫類「ヒョウモントカゲモドキ」。飼育しやすいと言われていますが、冬の間の温...

カナヘビの卵にカビが生えた原因と対処法!飼育方法を紹介

飼育しているカナヘビが卵を産み、その卵にカビが生えてしまったら、一体なぜそのような状況になるのか知識...

金魚にヒーターが必要なメリットや正しい使い方について紹介

金魚にヒーターが必要かどうかは、金魚を育てる環境にもよります。基本的には金魚はヒーターがなくても飼育...

子猫のケージは手作り。ワイヤーネットやすのこを使った方法

子猫を飼う場合には子猫を入れるケージが必要になります。ケージはペットショプやホームセンターで...

ナマズの稚魚の飼育の際に注意したい事。水槽や餌や飼育のこと

ナマズを稚魚から育てたいという人の為に、ナマズの飼育に関する情報をまとめてみました。まずは飼...

セキセイインコのオスとメスの性格の違いや判別方法を紹介

セキセイインコは人懐っこいの性格なのでペットとしても人気がありますね。また好奇心が強い性格でもあ...

メダカは発泡スチロールで越冬を!外で過ごすメダカの越冬方法

外でメダカを飼育していると、冬の寒さをどんなふうに乗り越えたら良いか悩んでしまうこともあります。そん...

グッピーの稚魚は親や成魚に食べられる!稚魚を増やす方法

グッピーの稚魚は自分の親や成魚に食べられるという話を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。「...

メダカのアクアリウムの道具が100均にある。おすすめアイテム

水の中を自由に泳ぐメダカは見ていて飽きないですね。アクアリウムが人気を集めていますが、始める...

スポンサーリンク

フィルターは外す?そのまま?金魚に塩浴をするとき

金魚を塩浴させる時に、水に酸素を取り込むエアレーションが必要です。

エアレーションはフィルターをつけ外しできますが塩浴させる時はフィルターは必要ありません。

水草があればエアレーションがなくても良いのかという疑問に関しては水草は塩によって枯れてしまうため水草を使用することはできません。

本題のエアレーションのフィルターですが、フィルター部分に繁殖するバクテリアが水槽内の水質をキレイに保つ役割をします。
しかし、塩浴はある一定の期間しか行わないのでなくても構わないのです。

その代わり水質を保つ方法として「エサを与えない」ということが挙げられます。
エサの食べ残しは水質を悪化させる原因です。
その原因となる項目を除去することで水質を保ちます。

愛着あるペットにエサを与えない行為は時に残虐でもありますが、この塩浴に関しては金魚の回復を第一に考えなければなりません。

金魚は魚の中でもかなり順応能力のある魚です。
適温温度の幅もかなり広く、エサに関しては1ヶ月食べなくても生き延びられます。

なので、まずは金魚を回復させてあげることを考えてくださいね。

金魚の塩浴はフィルターのある水槽ではなくバケツが正解

金魚はフィルターのある水槽で飼育しますので、塩浴用の容器にもフィルターがある水槽でなくてはならないと思っている方がいますが、そんなことはありません。

塩浴に使用する容器はバケツで代用できます。
バケツに、元の水槽と同じ温度の水、そして塩、エアレーションだけで十分です。

塩浴は最低でも1週間、そしてエサを与えないので水質が極端に悪化する恐れがないからです。

金魚の弱っている状態によってはフィルター付きのエアレーションを水中に投入した方がよい場合もあります。
(その場合の関しては下記をご覧ください。)

金魚の塩浴をするときは様子を見ながら

金魚の病気治療や体力回復のために塩浴をしますが、ただ塩浴をさせてれば良いということでありません。

塩浴させるということは、なんらかの原因があるということですね。
病気や弱っているなど、金魚の様子を見て塩浴が必要と感じたのでしょう。

塩浴前の金魚の様子を覚えておいてください。
実際に塩浴をすると順調に回復するものとそうでないものがいます。
後者には塩浴期間を伸ばす、または薬浴に変更した方が良い場合があります。

金魚を回復させるためにも様子を見ながら塩浴をさせることが大切です。

また塩浴をして数日または塩浴期間が終了しても金魚が回復しない場合には水質をチェックしてください。
水質が悪いと症状が良くならなかったり、更に悪化させてしまうことになります。

塩浴中の水の交換は3日以上はやらない方が良いと言えますが、水質が悪い時に限っては水の交換をすることをオススメします。

また水質が悪くなるのはエサが原因だったりしませんか。
塩浴中はエサを与える必要はありません。
エサの食べ残しにより水質を左右させてしまうからです。

基本的に金魚は1ヶ月をエサを食べなくても生き延びられる魚です。
エサを与えないのは可哀想と感じてしまいますが、まず金魚を回復させてあげましょう。

金魚の塩浴の塩の量や日数について

金魚を塩浴させる場合には塩の量と塩浴の日数に注意しましょう。

塩浴の塩の量と日程について

塩浴の時の塩の量

水槽内の塩分濃度を0.5%にします。
水1リットルに対して塩が5gです。

使用している水槽の大きさに合わせて塩を計算しましょう。

適切な塩浴期間

1週間程度です。
金魚の状態を観察して判断しましょう。
中には2~3日で回復傾向を見せる金魚もいますが、体の中の細菌が取り除けていないことがありますので、1週間は塩浴をさせて様子をみることをオススメします、

金魚が弱っているときはフィルターがあるほうが良い場合も

金魚の塩浴用のバケツにエアレーションがないと金魚が酸欠状態になって命を落としてしまいます。

金魚が酸素不足の時に表れる様子として挙げられるのが口を頻繁にパクパクしていることです。
水の交換後、数時間立つと水中の酸素が減りだします。
なので、最初は変わった様子がなくても、後になって塩浴させたのにもかかわらず金魚が弱っているなら酸欠状態なのかもしれないということを頭に入れといてください。

すぐに対応できますね。

エアレーションは水中に酸素を取り込むためにぶくぶくしているのです。

エアレーションのフィルターは基本的に必要はありませんが、あった方が良い場合もあります。
それは金魚が弱っている時です。

フィルターはフィルター付近、バクテリアを繁殖させ、そのバクテリアが水質を綺麗に保ってくれる役目を果たします。
ある一定の期間内だけする塩浴中はこのフィルターがなくても大丈夫なのですが、あまりにも弱っている場合には投げ込み式のフィルター付きエアレーションを水に投入してあげると良いでしょう。